スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗像紀夫の二枚舌とロールプレイング - 小林信彦の文春エッセイ

秘書保釈_1本日(2/7)のサンデープロジェクトに出演した宗像紀夫は、2/5の朝日新聞に発表した見解とは全く逆の主張に転じ、検察批判から検察擁護の立場に回っていた。宗像紀夫は新聞とテレビを使い分けている。宗像紀夫の二枚舌については、高野孟もネットの記事で触れていて、今日の番組の中でもその片鱗が窺える場面が一瞬あった。CM時間中に宗像紀夫が郷原信郎に対して、今度の捜査で小沢一郎の共犯の立証は最初から無理だったと漏らしたハプニングがあり、オンエアされない幕間の会話では、宗像紀夫は朝日に書いた検察批判の主張に戻っている。宗像紀夫の二枚舌の矛盾を具体的に指摘しておくと、論点は次の二点になるだろう。第一に、秘書の逮捕について、新聞紙上では、決定的な証拠も得ないままの見込み逮捕であり、捜査手法に問題があったと検察を批判しながら、テレビでは、検察は十分に裏金の証拠を握っているはずで、冒頭陳述で必ず明らかにするだろうと言い、秘書3人の逮捕は当然だと認識を翻していた。第二に、新聞紙上では、政治家の逮捕は贈収賄や賄賂など実質犯を問うべきで、政治資金規正法の形式犯を代替で適用するのは不適切であると論じつつ、テレビでは、4億円の虚偽記載は重罪だと言い、検察の立場をそのまま代弁する議論に終始していた。主張が完全に矛盾している。老獪で巧妙と言えばそうだろうが、卑劣で狡猾だと非難されても仕方がない。法曹家は政治家ではないのであり、われわれ国民が司法の専門家に期待するのは政治家の立ち回りではないのだから。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

秘書保釈_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

今日のサンプロを見ていて、私も不思議に思い、改めて二日前の朝日新聞(5ページ)≪検察阻んだ3人の壁≫を読み直し、唖然としたところです。

まことに【世に倦む日日】さまが、早速、ご指摘のように、今朝のサンプロには、朝日新聞の星宏記者も出演してすます。
ご指摘のように、元特捜部長【宗像紀夫】が僅か2日で論旨を変えた矛盾を,主宰の田原総一朗も含め、出演している彼らは【朝日新聞】を読んでいないのでしょうか。

No title

テレビ・新聞はあいかわらずで、「検察にまかせておいてよいのでしょうか」(TBS)「検察から人民裁判」(夕刊フジ)要するに、メディアが裁くつもりなのでしょうが、実際民主党のダメージは小沢氏が辞めても変わりないのではないかというほどです。
小泉選挙を思い出しますが、ネットはまだまだ選挙には無力なのではないでしょうか。

No title

いつも貴ブログ興味深く拝見しています。
今日のサンプロですが、宗像紀夫の検察擁護の動機は一種のバランス取りに見えます。元福島県知事の汚職裁判で検察のでっち上げを追究した宗像が、同様の状況に見える今回の小沢の件で、検察擁護に走るのは、一種の保身とも取れますし、あるいは検察不信があまりに過大とならないように、との配慮でもあると思います。元福島県知事の裁判で宗像は検察の嘘を見破ったわけですが、そのことによって検察不信の一つの契機を作ったわけです。前回はさほど世間の耳目を集めなかったが、今度の小沢不起訴で下手をすれば検察=悪という大きな世論が出来上がってしまいます。検察の暴走は断固批判されるべきですが、検察不信があまりにも大きくなり、検察が大幅に弱体化してしまうのも、それはそれで大きな問題だと思います。宗像は、そのような事態が起こることを考え、このままでは自分が検察批判を続けると、大きな検察不信の芽を作ったのが、宗像ということになってしまい、それを宗像は大いに恐れているのでしょう。まずなにより、彼は検察を敵に回したくないのだと思います。だから、自分の主張の論理がめちゃくちゃになっても検察を擁護するのでしょう。ただ、検察不信があまりにも大きいと検察の本来の役割が困難となり、国家の暴走も抑えることができません。そういう意味では宗像の態度は、単に保身というだけではなく、正しい?国家を作るために理がある態度の取り方とも思えます。しかし、動機はともかく、あまりにも彼の主張は無理があるので、そのようなバランス取りがうまくいくとは思えません。世論においてはこのまま検察不信、そしてマスコミ不信はどんどん大きくなると思います。

検察VS小沢ではなく官僚VS国民でしょう

検察の目的は小沢氏逮捕なんでしょうが、つまるところは次期参議院選挙で民主党を大敗させ、過半数割れに追い込み、また、ねじれで法案が通らないことによる衆院解散で自民党が返り咲くというストーリーではないでしょうか。

そうすれば人事にも手をつけられず、司法改革も頓挫する。それらの掘りを埋めるためにマスコミは民主党の景気対策、子育て支援、高速道路無料化、JALの破綻処理、普天間基地移設など次々に批判を行なっています。

民主党の政策もいま一つですが、どの政党が与党になとろうとも、官僚がこの国を支配するのでは無く、国民が選んだ政治家がこの国を納める本当の民主主義国家にだけは変えてもらいたいと思います。

小沢さんもうさん臭いのですが、この人を除いてこの夢を実現できる政治家を見つける事ができません。これだけ官僚やマスコミから狙われて、私利私欲でできるものでは無いと思います。奥さんの和子さんもそれなりの資産家ですし、蓄財も必要ないでしょうし、彼の健康から考えると頑張れるのも後数年でしょう。それまでに140年以上続く官僚国家から脱却し、そして江戸時代以前から続くお上意識を国民から取り去ることはできるでしょうか。

かつて、本多勝一が立花隆を

「日本共産党の研究はするが、田中角栄のみで自由民主党の研究をしない(と言った文脈)」と批判しているのを「貧困なる精神」収録分で見たことがあって、私自身がまだその頃は自民各派閥の歴史・背景・構図諸々が分からず、ホンカツさんってやっぱ親共なんだなー程度にしか意味を汲み取る事しか出来ず、当時は今一つピンと来なかった所がありました。

立花氏の昨今の未だに軸足が変わらない所を見ると、奴の背景が余計、気になります。体調からして、
あんな程度にしか言えないのだろうか、って、逆にだからこそって期待もしたくなるのですけど。

それと、宗像紀夫の論点の定まらなさは何だか、二二六事件前後の真崎甚三郎の日和見的な態度に重なる感じがしています。どっちの勝ち馬に乗ろうかという処世術的いやらしさもチラホラ。だったら、なんでライブドアの弁護なんか引き受けたのだろう、どうせならO沢弁護士みたいにマルチ企業の弁護とか位にしておけば(笑)。

夏の参院選

小沢問題と鳩山さんの「故人」献金問題で民主党が夏の参院選に負けたらどうなるんだろと、思いました。

・ 敗戦の責任を取って鳩山さん代表辞任。その前に辞めてなかっ  たら、もちろん小沢大幹事長も。
・ 代表が菅さんに替わる。幹事長は枝野さん。
・ で、公明党と連立協議成立。
・ 信を問うため総選挙。
・ その結果‥‥。

ちょっと見てみたい気がします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

この宗像紀夫氏は、以前、「噂の真相」で裏社会の人間との付き合いなどのスキャンダルを書かれていた人物だと記憶しています。
二枚舌といえば、佐藤優氏が産経系の講演で「民主党の中にはファシズムの傾向がある。いま、検察が民主党とぶつかっていることでファシズムの傾向は阻止されている」と喋ったそうです。
まあ、政治的なる人物の言動というのは、それぞれ何かの思惑があるのでしょう。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。