スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田正喜による「拷問・虐待」の取り調べ ? 青年将校の中心人物

吉田正喜_1週刊文春の今週号の記事の中に、石川知裕の取り調べを行った検事の名前が出てくる。吉田正喜(52歳)、特捜部の副部長である。一昨夜(2/3)の報道ステーションで伝えられた、石川知裕に向かって「そろそろ小沢の呪縛から離れたらどうだ」と威嚇していた「特捜のエース」は、この男だった。記事によると、拘置所で弁護士と面会した石川知裕は、吉田正喜による苛烈で悍ましい取り調べを振り返って、「検事は、まるでヘビのような男だった」と語っている(P.32)。週刊文春の記者と報道ステーションの取材に情報を提供しているのは、間違いなく弁護士の安田好弘だ。この取材は、今週の初めに行われている。安田好弘と弁護団は、秘書起訴に対する公訴棄却申し立てを含めた法廷闘争の反撃において、この捜査の指揮者である吉田正喜を照準に据えることだろう。この男は、昨年の西松事件の捜査も副部長として担当していて、小沢資金問題の捜査の中核で、さらに鈴木宗男の事件でも捜査に関わっていた。鈴木宗男と佐藤優を逮捕して取り調べ、公判を担当した検事が吉田正喜である。鈴木宗男と佐藤優の二人が、「青年将校」と呼んでいたのは、具体的にはこの人物を指していた。吉田正喜に関するプロフィール情報はネットにないが、調べれば、あるいは大林宏のような、過去を知るほどに吐き気を催すようなグロテスクな履歴が明らかになるかも知れない。果たして吉田正喜は、本件の公判に担当検事として出廷して冒頭陳述をするだろうか。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

吉田正喜_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

佐藤氏の説では官僚と政治の主導権争い、他の諸説では記者クラブやメディアの既得権益とクロスオーナーシップ改革等のやはり政治主導との闘いというのがありますが、知事抹殺という本の話やその事件での無罪、自殺者を出す追い込みなどの噂からすると検察がどうみてもクロであり、誰でもどんな理由でも社会的抹殺ができるぞという示威行動が自己目的化して政治利用化している危険な団体にしか見えません。民衆はまたもや騙されて敗北したような無力感におそわれます。芸能スキャンダルと同じノリで政治も消費する悪癖が刷り込まれてしまっているように思いました。

No title

小沢問題をめぐる【世に倦む日日】さまの、きめ細かい連日のご考察に感動しております。

初めて【世に倦む日日】さまのプログを拝読した一昨年の春、
私は(パソコンのプリンターがありませんので)、勝手ながらプログの一日分を、手持ちのワープロにコピーして、友人たちに送付したことがありますが、一日分がA4用紙で約4枚(原稿用紙12枚)もあり、それが単なる書き飛ばしの文章でなく、まことに哲学的な示唆と考察に富んだ論文だけに、真実、私の送った旧友たちも、驚きの叫びを挙げたものであります。

また時事問題などで、年老いた私にとって極めて勉強になりますのは、ここで書かれている片仮名の横文字です。
知らない言葉がありますと、私は必ず辞書を引き、スペルと共に意味をノートに写します。50年前に覚えた単語でも、当然、年月を経るに及んで忘れていて、50年ぶりに確かめる喜びを覚えます。
手持ちの辞書にない場合は、悪戦苦闘の末、なんとか、書かれたカタカナ語の意味に到達します。そんなとき、誰にも言えない喜びを覚えます。

駄弁を弄しましたが、今日の論文はまことに素晴らしい。
これを手持ちのワープロに転写して、東京検察庁の幹部(佐久間達哉・吉田正喜ほか)に送付したい思いに駆られます。
昨年春、小沢一郎代表の土地を巡る問題は【世に倦む日日】さまが、厳しく指摘なさっていたことを覚えていますが、それと、今回の東京手地検の捜査のあり方を別にして、連日、地検の捜査を厳しく批判なさっていることに、心からの敬意と、ご尊敬を申し上げます。

ひとつのパロディ

 ◎`国、滅ぶとも(検察の)正義は貫徹すべし`ーー宗像紀夫                           ◎日本国は、検察を頂点とする四権分立主義であるーー検察庁                        ◎政治的問題を個人のスキャンダルに矮小化させるのが政争の常だ。従って醜聞の背景には大      きな政策的対立がある。                                              ◎私の経験から言えば、自白調書や供述調書はその題目を<誘導調書>と呼称変更すべきだと思    う。                                                            ◎国家権力の凄さは公正と正義を維持することにあるのではなく、それを突破して無茶を厚化粧させ   て、そう見させる力をを持っていることである。

最初から証拠が無いので

逮捕などできるわけが無い。

谷川恒太氏の過去
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50968454.html

巨悪小沢という国民的迷信
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/11841701.html

No title

この国の権力構造がよくわかりますね。
今回は以前の金丸のときのように、世論が反発することを狙っているんでしょうか?
また、やらなくてもいい個人狙いを仕掛けてくるでしょうね。
【田中角栄の遺伝子をつぶせ】が至上命令でしょうか?

しかし今、検察ファッショの芽を摘んでつんでおかないと、
今一生懸命「小沢の説明責任・道義的責任」とか、
いつものように、パターン化された行動様式しか示さず、
予測・コントロールされ易い政党も、
明日は何の理由もなく捕まることに
なるかも知れないです。政党だけだと思っていたら、次は
市民活動家、学校の先生、平和主義者、環境保護活動家と、
どんどん進んで、またいつかの道に行くことになりそうでした。
まだ、油断できません。

小沢さんがどうかわかりませんが、軍とか検察とかメディアが突出するのは、我慢できません。しかも表面に出てこないで。

おっしゃるとおり、BC級の人に押し付けて上は安泰なら、
汚れ役もやりきれませんよね。この組織ファッショのようなものも、
日本の病理かもしれません。会社でも。普通の組織でも。
いい部分もあるけど、トップの考え一つっていうのは危険かも。
同じように流行とか、風土とかも一度おかしくないか考えないと。

苦労

検察による摘発、いかにもタイミングがよすぎるんで、総選挙前の西松のときと同様、今回の捜査も政治的であり恣意的であると感じてます。

が、世論調査では、今回のケースでも小沢さんに対しては厳しい反応が多いようです。

前回代表を辞任せざるをえなくなったように、今回も、参院選を考えると、幹事長を辞任せざるを得なくなるのでは。

小沢さんて、態度デカすぎなんですよね。

かつてジャイアンツの江川投手が、空白の一日のときの記者会見で「そんなに興奮しないで下さい」と言ってしまってから、引退会見のときにこれを謝罪するまで、メディアにはさんざん、たたかれっぱなしでした。

態度がデカすぎたからです。

同様に、小沢さんの態度があらたまらぬうちは好意的な記事はメディアに載りにくい。
となると、新聞や週刊誌の読者である我々もその影響をうけることになります。
世論が厳しくなるゆえんです。

ま、朝青龍と同じで、このへんの性質が直せないとどうにもならんのでは。

中曽根さんだったかの後継を決める自民党の総裁選のときに、田中派(金丸さんと小沢さん)が各候補を呼びつけて面接試験をしたことがありました。
そのとき宮沢さんのことを金丸さんが「苦労が足りない」とか言って切り捨てた故事が、いま思い出されます。

小沢さん、苦労が足りないのでは(笑)。

検察統帥権の独立?

連想です。
先週の「週刊金曜日」誌に、伊藤真氏の論説がありました。
一部マスコミや政治家は、司法と政治権力とのたたかいと書くが、
検察自体は法務省管轄で行政権に属すること、法相による
指揮権発動は、決して権力の乱用ではなく事態を明らかにする
役割がある、そうした趣旨が書かれていました。

ただ、知人に聞くと、検察が行政権に属するのかは議論の余地が
あるとのこと。大陸法系では行政権、英米法系では司法権に
属する性格が強い、日本は(戦後は英米法が入ってきたとはいえ)
ドイツ中心の大陸法が骨格ですから、検察の行政権的性格が強く
てもおかしくありません。しかしときの行政権力に左右されては
ならないから、独立した判断が尊重されています。ただ日本
では、長らく自民党政権でしたし、捜査や起訴の手法、考えも
政権の影響を受けてもおかしくありません。いわゆる国策捜査も
おこりうるでしょう。

もしそれまでの検察の手法や考えに反する政権が誕生したら、
検察がその政権の方針を阻止するために、全力を尽くすかも
しれません。検察は独立した判断が尊重されるし、建前として
公平公正な捜査がなされていると思われており、捜査に介入する
ことは正義に反するとされています。います。しかし実際は
検察組織を守るような何らかの意図をもって、捜査対象を選択
することは、十分ありえます。

民主党は政権公約として、捜査の可視化や検事総長の国会同意
を掲げていました。これは検察を縛るものですから、ブログ主が
折々に書かれているように、捜査の可視化法案提出見送りと
小沢氏起訴をはかりにかけるよう、示唆した可能性もありえます。
すると、米国では公認された、いわゆる司法取引に類することが
日本でも行われたことになります。

戦前の軍部は、統帥権の独立を盾に、どんどん暴走していった
ことは知られています。今の検察が、公平公正な捜査をしている
として、その独立性の尊重だけがいわれていると、とんでもない
ことになるかもしれません。

最初に戻って、検察が行政権に属するなら、検察に弱みを握られ
(?)、法務の公約を実現できていない民主党に、もっとしっかり
権力を掌握してほしいということになります。以上、想像や仮定を
多く含むコメントでした。







プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。