スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌疑不十分の不起訴では幹事長辞任は不要 ? 安田好弘の反撃

嫌疑不十分_1一夜明けると、「嫌疑不十分」での不起訴が大々的に報道されていた。朝日新聞も1面トップで出ていて、朝のテレビ各局のワイドショーも同じ情報を一斉に伝えている。昨夜(2/2)、検察幹部からマスコミにリークがあったということだ。しかも、このリークの発信元は最高幹部で、おそらく検事総長の樋渡利秋だろう。こんな情報を下っ端が流せるはずがない。TBSの報道では、検察内部に不起訴に対して異論も出ているとあり、これは特捜部長の佐久間達哉を指すのだろう。本当のところは蓋を開けてみないと分からない。嫌疑不十分の不起訴が最終結論であれば、事実上、これは検察の敗北に近く、小沢一郎は幹事長辞任の必要はなくなる。あれだけ検察の総力を上げた空前の強制捜査をやりながら、証拠を固められず、裁量による起訴猶予にさえ持ち込めなかったということで、検察の捜査失敗の誹りは免れない。同じ不起訴処分でも、嫌疑不十分はシロに近いグレーであり、起訴猶予はクロに近いグレーである。グレーでもシロに近い不起訴なら、小沢一郎に幹事長辞任を迫る刑事責任が生じたとは言えず、すなわち「司法当局の厳正な捜査の結果、刑事責任なしの結論を得た」と開き直って憚ることはない。裏を読めば、報道のとおり嫌疑不十分の不起訴なら、1/31の検察との二度目の事情聴取の席で取引されたのは、幹事長辞任ではなく、可視化法案の提出延期と検察人事への不干渉の二つだったということになる。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

嫌疑不十分_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

はじめてコメントいたします。最近鈴木宗男氏や江副氏の本などの噂から察するに、「本当は証拠も証言も揃っているのだろうが、その説明ができないのである。」のではなく、何もなかったのではないかという疑いが生じてやみません。

マスコミは何も無いのに検察が捕まえるはずが無い、と騒ぎ立てますが、そういうことはこれまで何度もあったのではないでしょうか。

捕まえるために捕まえる、という役所仕事の弊害のように思えてならないのです。

週刊朝日VS検察

早くも検察に呼ばれた週刊朝日編集長は「出頭拒否」。
「打倒検察ファッショ!」の流れは止まらない?

特捜部の解体を

早く官僚の人事権を握る公務員制度改革や記者クラブの廃止など民主党がこれまで主張してきたことを実行しないと、官僚によるサボタージュやメディアの足の引っぱりは続くでしょう。

東京地検特捜部などは単なる税金の無駄遣いで、国のリーダーが変わった先から政治の足を引っ張るなどは言語道断。大阪地検特捜部の裏金問題も明るみに出し、解体される事が望まれます。

石川議員の幼子を抱えた女性秘書を10時間以上拘束し、人質の如く石川議員を脅すなどもう映画の世界でしかお目にかかれないような悪行です。

週刊朝日を筆頭に検察批判がヒートアップし、これまで小沢氏たたきを行なってきた週刊誌も発行部数を伸ばすために方向性を変えてきています。

ネットではこのブログのように高い見識で鋭く動向が解説され、新聞やTVの既存メディアがどれだけ劣悪なものであるか再認識する絶好の機会になりました。やっぱり記者クラブを解体し、フリーのジャーナリストを入れて自由な議論がされないとだめだと思います。

え?実話?出頭?&組織再編うんぬん

何かのドラマでヤメ検弁護士が(主人公の)弁護士を呼び出すって
話しが有りましたが。(勿論、辞めてないけど、)そんな展開ってホントに有る(汗)んですね・・・。

呼び出す暇があるなら、4日辺り、そろそろいい加減に検察側こそ記者会見をやって全容を説明し
「説明責任」を果たして欲しい所です。
(これは反小沢&反民主側の人でも求める人が多少ならずとも居る筈ですが。)
そうすれば、「呼ばれた方々」もその会場に出向く(笑)でしょうし。

話し飛んで。
終戦直後の裁判所と検察(検事?)局の分離は正しかったと思いますが、やっぱし更に法務省と検察庁を完全分離させないとだめかな、検察庁を文字通り「行政機関(事実上の政治警察)」から「司法機関」に移行させるべきかも知れません。

「検察官同一体の原則」も「独任官庁(の原則)」と矛盾しそうなので不要だと考えます。
どうしても「同一体」を残すならば、上部庁が下部庁への干渉を排す為に、各検察庁単位だけに限定するとか。

分離したとして法務大臣の指揮権の様なチェック機能の代替はどうするべきか?迷ってます。
検事総長を国会同意任命か選挙制にしてそれに近いものを担保するか?或いは検察審査会に「起訴不当」を出させる規定を追加するとか?

以上、毎度取り止めありませんでしたが・・・。。

不都合な話題

思うに、途中で、検察裏金問題告発者の三井氏の出所や、足利事件の話題が混じってしまったことも痛手だったでしょう。
特に、足利事件の方はマスコミも報道しないわけにはいかず、多くの人が、単に検察も間違えることもあるというだけでなく、ウソの自白を強要したり、にもかかわらず、いまだに謝罪しないことを知ってしまい、「正義の検察」のイメージが崩れてしまいましたからね。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。