スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組合動員の6千人集会と久野収的市民主義の理想 - 1・30日比谷

1・30集会_1昨日(1/30)、日比谷公園の野外音楽堂で開かれた「普天間基地はいらない1・30全国集会」に参加してきた。日中は暖かかったが、会場はちょうどステージの屋根が陽射しを遮って影になる角度になり、コンクリートの座席の腰が冷え込んで寒かった。開始時刻である午後2時の5分前に野音の門をくぐったが、門の周辺には、いわゆる左翼系の市民団体や政治組織がビラ配りにびっしりで、まるで大学の新勧運動の賑わいのようであり、掻き分けて中に入るのに一苦労させられた。会場に入ると、すでにほとんどの席が埋まり、側面や後方に立ち見客が溢れている状態だったが、よく見ればポツポツと空席はあり、私は会場の中央前方まで踏み込んで座れる席を見つけた。参加者は主催者発表で6千人になっている。だが、実際は4千人ほどだろうか。主催者の事務局が最後にこう言った。「プラカードを座席分の3700枚用意したが、それが全部捌けて、これほど大勢の立ち見がいるから、参加6千人を主催者発表にします」。都内の集会としては「久々の大規模」と主催関係者が語っている記事がある。それは本当かもしれない。が、どの報道も書いていないことがある。それは、この集会が社民党系の労組が全国から動員をかけて開催した集会だったという事実だ。ネットで書かれているイメージとは違う。一般市民の参加はきわめて少なく、組合の運動員が中心の集会だった。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

1・30集会_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

眼目

提灯コメントのようで申し訳ないのですが、本日の筆者さまの視点に強く共感致します。

30日の集会の案内は、辺野古の別ブログでも告知され、人生初のデモ参加の好機と感じてはいました。しかし、どうも足を運べません。それは一種のきな臭さと言うか、団体アピールの場になり、私のようにネットに浮遊している個にはその受け皿としてふさわしくなく、集団の中での「個」が、なおさら寒風の中につまされながら一人帰路につかねばならない、運動の正しさとは全く真逆の個の心象が、なんとなく予感できたからかもしれません。

二の足の踏んだ私の先に、自主言論を貫く筆者さまの当日の焦躁の目があったことに、妙なシンクロ感と共に安堵する私がいます。このブログは、個に浮遊する多くの視点の眼目として、充分にその機能を発揮されていると感じています。希望です。

団体戦の中では、私のような個の人間の居場所を見つけるのは容易ではないのです。

悪は容易に野合できても、善はなぜ連帯しづらいのか。

日本ではなぜ、ハイチの救済のためにウィアー・ザ・ワールドやクリスマスエイドが起らないのか。また起こせないのか。なんでジョージ・クルー二ーが出ないのか。渡辺謙は何をしてい

つづき

(前項につづきです)

日本ではなぜ、ハイチの救済のためにウィアー・ザ・ワールドやクリスマスエイドが起らないのか。また起こせないのか。なんでジョージ・クルー二ーが出ないのか。渡辺謙は何をしているのか。

60年安保の時の、あの老若男女を問わない民衆の爽やかな団結の笑顔と連帯感は、もう過去の遺物として民衆の手には取り戻せないものなのか。

夕闇の部屋でニュースを見ながら、意思を素直に運動の形にできない個の逡巡に身を包まれています。

主権在民、9条と25条に結集、を

本ブログを読んでおもわず、そのとおりと口に出していました。運動に入って50年、ただただ、ため息をついています。少なくとも憲法9条と25条を主軸とした革新統一の大きな運動が求められているのに、何故出来ないのか。結局は私たち古い活動家が世を去ってから湯浅誠的なリーダーの時代になるのかな、と。

それとブログ主様にお願い。ブログをテキスト保存していますが最後の写真が連結されていて保存しにくい、できれば写真を一枚、一枚バラしてアップしてもらえば助かります。

主催者の事務局

 1・30全国集会に関するサイトを検索していて、こちらのページにたどり着きました。初めて訪れたページにコメントする非礼をお許しください。
 私は記事中にある「プラカードを座席分の3700枚用意したが、それが全部捌けて、これほど大勢の立ち見がいるから、参加6千人を主催者発表にします」と言った主催者事務局の当事者です。
 この記述に関して訂正をお願いしたくコメントしました。
 当日の私の発言は、「この会場の定員は2700席です。いま椅子席は満員です。さきほど、立っている人を数えました。2500人まで数えることができました。混雑していて数えられない人もいましたので、主催者発表は6000人とさせていただきます」です。
 記事中にあるプラカードは、全部で6000枚印刷しました。これも全て配りました。デモ行進に出発した人数は、6000人を少し下回っていましたが、それでも集会参加者が約6000人であることにそう大きな「ウソ」はないと思っています。
 またデモをご覧になっていただければわかりますが、個人参加者や市民団体のグループは1000人を超えていました。記述にあるとおりに、参加する意思がありながら、参加できなかったかたがたもいると思います。
 しかし東京圏で、1000人以上の市民が参加する集会は、ここ数年開かれてはいません。そうした市民の意思表示を、十分にくみ取るべきではないでしょうか。
 最後に、ご承知と思いますが、労働組合の参加者も業務命令のようにやってくるわけではありません。多くの組合では、事前の学習などを行ったうえで参加しています。そうした組合員の参加者が、組合の動員であるというだけで、否定的に取られることは残念です。
 最初に記載しました通り、こちらのサイトは初めての閲覧であり、私のコメントに不適格なものがあるかもしれませんが、集会を準備したものとして発言させていただきました。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。