スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察の司法権力の濫用と政治介入 - 不公正で恣意的な裁量主義

司法権力_1小沢問題を特集した本日(1/17)のサンデープロジェクトで、出演した元東京地検特捜部長の宗像紀夫が、検察は小沢一郎の立件に動くだろうと予想を述べた。私も同じ見方である。容疑は政治資金規正法の虚偽記載に関わる共犯もしくは監督責任。石川知裕が逮捕された翌日(1/16)の朝日社会面の記事の中で、岩井泰信(日体大)もこの見方を示していた。小沢一郎起訴の方針は、検察内部で未だ最終決定には至っていないだろうが、逮捕者の取り調べで得た供述と家宅捜索で押収した証拠が揃い、さらに小沢一郎側の対応と政局を見据えた上で、その決断へ歩を進めるものと思われる。在宅起訴ではなく小沢一郎の逮捕もあるだろう。検察を支持する世論が高まり、内閣支持率が急落する状況になったとき、検察は勝負を詰めやすくなる。カギは石川知裕の自供ではないか。私は石川知裕が落ちるのではないかと疑っている。秘書3人を一斉逮捕したのは、3人に供述させて各自の証言矛盾を導出するためで、逮捕された側はよほど事前に準備して供述を固めておかないと検察の誘導尋問に嵌ってしまう。検察の狙いは小沢一郎の関与の一点で、そこを否認し抜けばいいわけだが、若い石川知裕(36歳)と、もっと若い池田光智(32歳)の二人が、果たして特捜部の尋問に耐えられるかどうか。昨年の西松事件の際は、大久保隆規(48歳)が逮捕されたが、大久保隆規は長い拘留を耐え抜いて遂に口を割らず、小沢一郎をよく守り抜いた。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

司法権力_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

明快な解説ありがとうございます。

ありがとうございます。全くブログ主の解説に感謝します。非常に明解で分りやすく、非常にフェアーな見解であると思います。問題は小沢氏の話しではなくこの国の民主主義の問題です。私も、検察に正義があるなら、小沢氏だけでなく、徹底的に政治献金チェックし、違反議員をとことん逮捕しろといいたいですね。そうなれば現行、どれだけの政治家が残るのでしょうか。

また一方、実質的に今の政治にどれだけお金がかかり、果たしてクリーンなイメージだけで政権が穫れるほど簡単なものなのか考える必要もあるのではないでしょうか。もともと政治献金の額でいうと自民党は、記載のあるものだけで10倍以上の金額を受け取り、領収書等のないお金も多数あると考えられます。

これまででも、この政治資金規制法の件でたびたび政治が頓挫し、その改正が叫ばれてきましたが、一番多額の政治資金を取る万年与党の自民党が変えるはずがありませんでした。結局、この状況を打開するのは、自民党と同じ汚いやり方ではないかといわれても、与党になることが先決であったと思います。

問題は民主党がこれから企業団体からの政治資金を禁止するなど、どんな改革ができるかにかかっていると思います。もし、このままであれば、そのときは小沢氏にも鳩山氏にも多くの自民党議員とともに牢屋に入ってもらえばよろしいかと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ジャイアン

政権交代後、農水次官が新大臣に前言を撤回。平伏し恭順の意を示しました。

あの情けないシーンをみた官僚の反応、というか心情としては、
1 雇い主が変わったんだから仕方ない
2 あんなぶざまな屈服の仕方は我慢できない
の二種に分かれると思います。

後者の反応が宮内庁長官と東京地検の反乱かと。
両者とも誇りだけは高そうですんで。

二つのケースとも、政権政党の最大の実力者たる小沢さんへの攻撃ですので、間接的に首相に対する反乱と解されるおそれがありました。
それでも小沢さんを追い落とそうとしたわけです。

佐藤優さんは今回の騒動を国策捜査ではなく「民主党と官僚の権力闘争」と言っているようです。なるほど。

が、こまかく言えば、「小沢さんと官僚の権力闘争」かと。

連日の新聞報道の中で、小沢さんは、石川知裕が無断で選挙準備をしたときに激怒、衆人環視のなかで土下座をさせ続けた、という話を読みました。

これがほんとなら小沢さんは、ルックスだけでなく中身もジャイアン。
記者の面前で外務官僚をはずかしめた田中眞紀子を思い出しました。

役人が思い上がる社会は勘弁してもらいたい。
が、ジャイアンがやりたい放題の世界に比べたら、前からくる自転車もよけられない間抜けなのび太(←谷垣さん)に任せたほうがましか、ともちょっと思い始めました。

ジャイアンかのび太か、の選択しかないのかと思うと悲しいような気もしますが、デキスギ君が宰相になってもなんだか息苦しそう。

じゃ、スネオはどうか?
危機管理の能力だけは高そう。
悪くないかも(笑)。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。