スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』 ? 司馬遼太郎に依拠しつつ『竜馬がゆく』から脱皮する

龍馬伝_1大河ドラマ『龍馬伝』の第1回は、予想以上に面白い内容に仕上がっていた。年末からの前宣伝が洪水のように夥しかったため、多くの人が見ただろうと思っていたら、視聴率は意外に低い結果となった。『坂の上の雲』と『紅白歌合戦』と『龍馬伝』、この三つの番組の前宣伝は怒濤のように凄まじかったが、私はそれを鬱陶しいとも感じることなく、チャンネルを民放に替えないままテレビの前に座っていた。最近のNHKの視聴率対策は実に戦略的で、民放など足下も及ばないほど視聴率(シェア=市場占有率)に拘った編成に徹している。大型番組を告知案内するプレ企画がそれなりに視聴率を取れる事実を知っていて、同時に、そうやって期待と関心を高めて本番の放送の視聴率を稼ごうとする。昨夜(1/3)の数字はNHKにとっては不本意なものだっただろう。視聴率は低く止まったが、中身は素晴らしかった。初回放送のテーマは土佐における上士と郷士の対立で、75分間の中でこの問題が執拗なほど十分に描かれていた。視聴者は前宣伝から受けた印象とは全く違う衝撃と感動を第1回で感じたに違いない。明るく溌剌とした龍馬の人格が育まれる家庭や周囲の環境が描かれ、青春ドラマの伸びやかなイントロになるだろうと思っていたら、そこに映し出されたのは土佐の階級社会の過酷で壮絶な現実だった。第1回の映像の断片は前宣伝で何度も使われていたが、誰もこのような深刻な中身だとは想像できなかっただろう。NHKの見事な演出と言える。  

龍馬伝_275分間の放送の中で、上士と郷士の対立と緊張の場面は、記憶しているだけで四度にわたって描き込まれていた。無礼討ちされそうになった少年の龍馬を病身の母親が救出する場面、郷士(井上)が上士(山本)に斬殺される場面、仲間の祝言の席の帰りに龍馬ら一団が上士から屈辱を受ける場面、上士と諍いになった弥太郎を龍馬が助ける場面。どれも歴史上の事実ではなくドラマの上での創作だが、これでもかと言うほど監督は問題のテーマを叩きつけていて、強烈な歴史のメッセージが視聴者に届けられていた。これでいい。成功している。龍馬をイントロでどう描くかは作者の構想と判断に拠るだろうが、このドラマの作者は苛烈な土佐の身分制と階級対立を最初に提示してきた。この問題は重要だ。龍馬を理解する上でも、幕末史を理解する上でも、近代日本を理解する上でも、決定的に重要なイシューである。土佐藩では上士による郷士への無礼討ちは合法化されていた。番組で繰り返し紹介されたとおり、事件は常に上士が郷士に不当な言いがかりをつける経緯から始まる。一方的に難癖と侮辱を言い、上士が郷士を斬り捨てる。上士は特権を持っている。郷士の方に不服申立の権利はなく、損害賠償の請求もできない。上士は山内家が土佐に入るときに連れてきた東海や上方の侍の子孫で、領国支配の占領軍の末裔である。長宗我部侍である郷士とは血統が違う。山内家が支配する土佐藩は、内部に上士と郷士の激烈な対立を抱えていて、その問題が幕末史の行方に大きな影響を及ぼす。

龍馬伝_3龍馬もそうだが、土佐の場合、幕末から明治にかけて強烈な自由と平等の志向がある。それは、天保庄屋同盟の一君万民思想から始まって、明治の自由民権運動まで一貫している。その思想的伝統は現在も続いているだろう。土佐は権利においてフラットな社会を激しく希求するのであり、その情熱とエネルギーが近代日本を前へ前へ押し進め、日本史に最良の近代を与えるエンジンになるのである。土佐の平等主義の秘密を考えるとき、その内部の凄絶な身分制と階級対立の実情に思いを馳せないわけにはいかない。目の前に激しい差別があり、理不尽な不平等があり、悲劇や憤激や屈辱の数々が身近にあったがゆえに、土佐の郷士たちは平等社会を志向し、国民が選挙で大統領を選ぶ米国の民主主義政治に憧れたのである。この対立の問題は龍馬の物語の全編に基調として流れ、ドラマの骨格を形作る重要な要素となる。そして、容堂による土佐勤王党への弾圧と半平太の切腹死でクライマックスを迎える。被差別側であった長宗我部侍の郷士たちは仲がよく、無邪気に一致団結していた。そこには、本当に偶然だと思うが、傑出したリーダーが揃っていた。中央には半平太と龍馬がいて、辺境には寅太郎と慎太郎がいた。あんな辺鄙な田舎でなぜ一度にあれほどと驚くほど、英雄である優秀な指導者が群れ出て、土佐を幕末維新史の主要な舞台にする。そして四人とも非業に死ぬ。四人とも上士と郷士の問題を背負っていた。特に半平太と龍馬の二人はそうだった。

龍馬伝_4西郷の下で結束する薩摩には内部対立はなく、最強の一藩が丸ごと倒幕の革命に突き進んで行く。恭順派をクーデターで打倒して革命政権を樹立した長州も、全国の中では孤立したが、藩は一つで纏まって最後まで革命勢力として行動できた。薩長の志士には藩の庇護があった。藩が志士の命を保障した。土佐の場合は、革命派たる勤王党が弾圧され、首領であった半平太を失った後は、志士は領内では藩権力から追われ、京にあっては幕府権力(新撰組・見廻組)から追われ、生きる場がないのである。喩えて言えば、タシケントから国外に追放されて欧州から新大陸を逃れ歩いたトロツキーと同じ。どこへ行ってもお尋ね者で権力に捕縛される身だ。生きる場を失った土佐の郷士仲間たちに、生きる場を提供すべく懸命に奔走したのが龍馬の事業であり、龍馬の生涯や実績はその観点から見なければならない。神戸の海軍操練所もそうだった。長崎の亀山社中もそうである。半平太亡き後、龍馬は土佐革命派(郷士集団)のリーダーであり、脱藩して追捕される身になった仲間を保護する使命を負い、仲間たちは才能があり人間的魅力に溢れる龍馬を慕い頼って集まった。龍馬の生涯の事業は、冒険的な国事奔走(革命行動)の連続であり、世界に羽ばたく海運事業の夢への挑戦であり、薩長同盟の締結と戦中八策の発案であり、描けばどこまでも華麗な絵になるけれど、その一面において、土佐の仲間たちのいのちとくらしを守る場を必死になって探し続けた一生であり、その重責を背負い続けた人生だった。

龍馬伝_5弥太郎の視点から見た龍馬像という描き方も面白い。『竜馬がゆく』の中でも弥太郎は登場するが、今回のドラマのように幼少期からの友人という設定ではないし、そうした史実は全くない。高知(城下)と安芸では地理的に距離がありすぎ、あの年齢で川遊びを一緒にする設定には無理がある。弥太郎の家がそれほど赤貧だったという根拠もなく、地下浪人の身分とはいえ江戸に遊学している史実を見れば、その設定にも疑問と当惑を覚える。だが、龍馬の実像を浮かび上がらす上で、弥太郎からの視点という方法の導入は画期的で、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の世界を脱出する切り口が見出されている。着想がいい。また、弥太郎役の香川照之が原作者や監督の思いどおりに好演している。香川照之は『坂の上の雲』の子規役も見事に演じていたが、どんな歴史上の配役も一瞬で自分のものにしてしまう。香川照之の個性的でプロフェッショナルな弥太郎役の演技が、俳優の経験のないアマチュアの福山雅治が演ずる無色透明な龍馬像を引き立たせている。福山雅治の龍馬役の存在感は、脇役の香川照之の弥太郎役の活動によって陰影がつけられ、くっきりとした立体感を得るのである。おそらく、香川照之の弥太郎は毎回出るだろうし、プレーンな龍馬の場面が出た次に、そこからアクの強い弥太郎の場面に展開してドラマのリズムを作るだろう。子規になりきり、弥太郎になりきる。子規も弥太郎も同じキャラクターにしてしまう。性格俳優としての香川照之の底知れぬ力を感じさせられる。こういうバイプレイヤーが必要なのであり、映画やドラマを作る監督や脚本家にとっては重宝な存在だ。

龍馬伝_6福山雅治が、前宣伝の番組の中で土佐弁に苦労した話を吐露していた。この国の方言は独特で、NHKは言葉の指導係を付けているが、俳優陣が発音法を習得するのは簡単ではあるまい。どこの地方の方言も同じだが、その方言について、中央(東京)を発信源としてパターン化されてきた擬似的な発音や表現の固定観念というものがある。高知の方言の場合は、80年代に人気を博した宮尾登美子原作の映画だとか、そうした歴代の映像群の中で実際とは異なる発音形式が捏造され、一般の耳に馴染み、曲解されたまま定着してしまっている。それは、高知だけでなく、名古屋とか広島とか鹿児島についても同じだろう。『坂の上の雲』の愛媛もそうかもしれない。愛媛の人々は、俳優たちの発音に首を傾げているのではないか。だから、方言指導の担当者は、正確な発音を出演俳優に教育しようとすればするほど、すでに定着してしまっている捏造形式の発音や表現の壁にぶつかることになり、俳優たちは混乱してうまく台詞を発せられないのである。言葉の問題というのは大変で、どれほど立派な熟練の名優であっても、英語で芝居をしろと言われれば、途端に演劇部の学生と同じ素人になって居竦んでしまう。台本のテキストを丸暗記して棒読みで音読することしかできない。昨夜の『龍馬伝』では、父親八平役の児玉清がそうだった。逆に、高知出身の島崎和歌子とか広末涼子は、全ての事情を承知しているから、自由に伸び伸びと演技ができるのである。窮屈にならずに自分の演技ができる。番組の中で最もネイティブな発音をしていたのは、弥太郎と喧嘩をする端役の百姓を演じた無名の男優だった。 

龍馬伝_5a『龍馬伝』には特定の原作者がなく、その代わり、演出家(大友啓史)と脚本家(福田靖流)の二人が原作者のようにNHKに紹介されている。私の感想は、この二人は司馬遼太郎に忠実に即しながら、司馬遼太郎とは異なる龍馬像を創出するべく挑戦を試みていて、初回分を見たかぎりはそれに成功している。そのような高度な歴史作品の課題に挑戦して成功を収められる知性と能力を持っていると思われる。司馬遼太郎に即している点は、最初に述べたとおり、上士と郷士の対立という問題を強烈に初回に打ち込んだ点だ。この方法は司馬遼太郎の歴史認識に直截に依拠したものである。いわゆる司馬史観の重要な一部であり、基本をなす一般論の紹介。しかし、例えば、郷士を「郷士」とは呼ばず「下士」と呼んでいる。これは最新の研究が歴史考証に入ったのだろうか。この点、今後の番組の進行が興味深い。歴史は最新の研究によって姿を変える。坂本龍馬の歴史の真実について、最新で正確な研究成果を整理しているアカデミーは、おそらく桂浜の坂本龍馬記念館であり、その成果や動向を著作で紹介しているのは歴史家(郷土史家)の平尾道夫だろう。この辺りが司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の世界をどう壊していくか、NHKの制作者(大友啓史・福田靖流)がどのように使っていくかが見どころだと思われる。それと、もう一つ、『龍馬伝』は従来の大河ドラマと映像が少し違う。撮影の仕方が異なっている。印象として、カットの一本一本を丁寧に撮影していて、テレビドラマより映画の映像に近い。従来の大河ドラマにあったホームドラマ的なのんびりした感じがない。もっと迫力がある。映像に緊張感があって、気が抜けない映像に仕上がっている。 

それと、『坂の上の雲』では菅野美穂の好演が際立っていたが、同じ役割をこの番組では広末涼子が受け持っている。広末涼子が香川照之と二人で番組の見せ場を作っている。この番組が今年に回ってきたことは、女優の広末涼子にとって実に幸運なことだった。 

龍馬伝_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは

龍馬伝始まりましたね
これからじっくり見守っていきたいです

No title

ニューヨークのDVD屋に「龍馬伝」第1回はまだ届いておりませんが、NHKの宣伝はこの地までいきとどいていて、フクヤマ・ファンの娘は、僕が見終わったDVDを必ず郵送するように、と釘をさして、休暇のあと大学のある町に帰りました。僕としては「トウキョウソナタ」以来ハマっている弥太郎役の香川照之が目当てです。
坂の上の雲のコメントにも書きましたが、渡米以来、龍馬はまさに気分がめげたときのこころの故郷で、暮れから何度目かの「竜馬がゆく」を読みはじめました。第一巻にすでに悪太郎=弥太郎が出てきますね。ふたりとも郷士の出ですが、実に対称的なキャラクターで、のちの日本を動かしていくわけですね。
そういえば当地の日本語新聞には、ことしが幕末の「遣米使節団」がニューヨーク・ブロードウエイを行進して150周年にあたる、という記事が出ていました。
ところで司馬遼太郎氏は「竜馬」という表記で、それ以外の方は「龍馬」を使われていますが、これについてどなたかくわしい方、教えてください。

番宣番組も含め、龍馬伝の第一回を丁寧に2回拝見しました。予想外の展開と予想外の番宣スポットの引用。さすが「ハゲタカ組」の演出。

さて、龍馬が淡く予見した「上士・下士の隔てなき社会の現出」とは、私達の2010年ではいったい何なのでしょうか。家族内でしばし激論と相成りました。

私の見解では、すべての人間のカテゴライズが矮小な価値としてしか映らず、人間主義、生命絶対尊重の社会規範が確定に機能する社会の現出こそ、龍馬が夢見、私たちの見果てぬ夢に値する唯一のそれではないのかとの解釈に至りました。

すべての組織主義、官僚主義の宿唖の間に生き、自身の人生を組織の歯車として浪費される倦怠に囚われている社会人の皆々様には、このドラマを通し、2010年の世界に生きる私たちの未来への舵取りに、しばし黙思沈考の一瞬を共感できればと思っています。

篤姫、天地人に龍馬伝。時代が呼び出したかのような脚本の数々。この作品が、同じ時代に生きているシンクロニシティへの一助にでもなれば、制作者の目的は、ほぼ達せられるのではないでしょうか。

【功名が辻】の後日談

力と差別で始まった土佐山内藩を描いた
「功名が辻」とちゃんと繋がった演出でしたね。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。