スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春や昔 ? ドラマ「坂の上の雲」を見ながら侍の革命政権の夢を見る

坂の上の雲_1私は松山の町が大好きで、行くと必ず道後温泉と子規記念博物館に立ち寄る。博物館は道後温泉のすぐ近くにあり、いい感じで観光客を誘っている。観光地の真ん中に立地する博物館だが、観光気分で入ると館内で蒼然とさせられる。まさに俳句王国の中枢の聖なる神殿なのだ。展示の文学的水準が高度で驚かされるのである。生半可な俳句の知識ではついていけない。入館すると、すぐに愛媛県の名前の由来となった古事記の記述(伊予国は愛比売と謂ひ)と出会う。それから、額田王の歌(新田津に船乗りせむと月待てば)の紹介へと続く。伊予国は文の国で、武の国である隣の土佐国と際立った対照を示している。愛媛県は手弱女、高知県は益荒男。文弱の伊予人と武骨の土佐人。四国はこの二国で保っているところがあり、讃岐と阿波はサブセットの観がある。「坂の上の雲」と「竜馬がゆく」。司馬遼太郎の代表作である二作は、四国の二県を舞台にするものとなった。愛媛と高知、この二県は隣接しながら極端に個性が異なる。そして互いに一目を置き合っている。ライバルなのだ。まるで、日本と韓国が互いに無理やり国民文化の性格の相違性を際立たせているような、そんなところがある。松山があるから、日本の地方都市は格好いい存在でいられる。松山の存在感と価値は、日本の地方都市の中でも群を抜いて見事だ。私はそう確信している。その文学の都の松山が、ノーベル文学賞の愛媛が、近代日本に武人の天才を献げて国を守った。その歴史の逆説と言うか、ドラマに、私は特別な感動を覚えさせられる。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

坂の上の雲_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

双璧

『坂の上の雲』。私も熱く拝見しております。同じ日本人のはずなのに、私が生まれる100年前に生まれ合わせた彼の方々は、なぜ私たちとここまで素性が違うのか。そのことを思いあぐねながら毎回観賞を続けていたところです。私の中のこの空白感を、本日の記事に埋め合わせていただいたような感激。文士ここにあり。

政治貴族に舵を執らせている現日本。当時のロシア海軍の貴族高官たちは、20年後に資本主義が破綻の革命が国内に起きる運命を知らずに真之と会話している姿が、なんとも不憫でなりませんでした。

火の手は既に上がっていた。だが、誰も認めようとしなかった。ただ異文化に生きる当時の留学日本軍人には、そのきな臭さが嗅げていた。民衆の萌芽から、革命が達成できるまでに要した20年。この事実と歴史の時間軸の長さに、昨晩はいささか倦怠の一瞬が。

女優の管野さんへの評論は全く同意です。昨晩のオンエアに、映画「剣岳」に見る、宮崎あおいさんの演技の至極の一瞬と全く同質の光を私は感じました。第二部が全く待ち遠しい限りです。知らなかった明治が、私の中で憧れの時代へと静かに変質しています。

世襲議員と官僚

戦争の大義については、確かに賛否両論あるかと思いますが、本ブログで述べているように、私も明治国家への羨望を隠せません。無能な世襲議員と横暴な官僚が支配する今の日本を、明治の方々が見たら何というか。想像に難くないですね。
前回、旅順攻撃のシークエンスで秋山好古について述べていた渡辺謙のナレーションが印象的でした。
「好古は、同時代のあらゆる人々から“最後の古武士”とか“戦国の豪傑の再来”などと言われた。しかし、本来はどうなのであろう。彼が松山で送った少年の頃や、大阪で暮らした教員時代。人々は彼からおよそ豪傑を想像しなかった。穏やかで親切な少年であり、青年であったに過ぎない。勇気は、あるいは固有のものではなく、彼の自己教育の所産であったように思われる。」
ここに「明治の人」の本質が見て取れるように思います。そして、世襲議員と自力で這い上がってきた政治家の違いも、ここにあるのではないのでしょうか。強い覚悟と揺るぎない矜持を獲得するには、自己練磨と自己研鑽が不可欠であることを、この大河ドラマから感じます。

太平洋戦争の舞台裏に迫ったNHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」が、今年注目を浴びましたが、そこでも官僚の堕落と腐敗が見てとれました。そして、実権を握っていたのは“宮さま”こと伏見宮博恭王。まさに世襲のボンボン。皇族批判をするつもりはありませんが、私は伏見宮に戦争責任があると思っています。
以前、本ブログで現況を「大日本帝国憲法」の日本と称されていましたが、まさにその通りだと思います。三国同盟を結び、日本の議会をファシズムに追いやり、東条英機を首相にしたのも貴族の近衛文麿でしたね。海軍だけを例に取るのは酷ですが、宮さまが世襲議員に変わり、軍令部が財務省に変わっただけではありませんか。
かつて司馬遼太郎は、昭和日本を「魔法の森」と称しました。そして、愛国主義者を自称したものが、一度でも本当に愛国主義者であったことがあるのかと批判されていました。特攻で若者を無駄死にさせ、アジアの人々を迫害し、市民たちに多大なる犠牲を強いたのは誰だったのか。それは国を思う人間がやることなのか。そう強く批判していたのを記憶しています。

ファシズムと貴族のナルシズムが覆う狂騒国家・日本。明治国家への羨望の眼差しを批判する人たちには、是非とも説明を願いたいものです。イデオロギーの側面しか見ずに、時代背景の描写と歴史認識をただ混同させるだけでは、左派の成れの果てというものでしょう。左派が無責任だったからこそ、現在の日本があるのではありませんか。対抗思想を掲示せず、やれ扇動的だの狂気に満ちていると現状を嘆き悲しむのは、小泉劇場のときと変わりありません。新自由主義が態度を軟化しないのと同じく、左派勢力も何も学んでいない証左ではありませんか。
私は「明治」という国家に強く共鳴します。あの当時の戦争が所与であるのと同じく、現代では物理的攻撃に限定しない「テロ」が横行しています。この闘いを生き抜くために必要なことは何なのか。ナショナリズムを刺激する作品と分かってはいても、この国の行く末を考える材料として、この叙事詩の映像化には考えさせられるものがあります。

明治の戦さ

 明治国家と甲子園球場という実におもしろい比喩に感銘しました。久しぶりに「世に倦む日日」節が復活の感あり、こうこなくっちゃ。当方タイガースファンではありませんが、あの恥も外聞もない熱狂ぶりにはついつい微笑んでしまいます。まぁ敵チームのサポーターにとってはやり切れない球場の雰囲気でしょうね。

 当地NYCの2週間遅れのDVDでは「坂の上の雲」第一部はまだ終わっていませんが、国内の方より少し遅れた興奮を楽しんでいます。
伊予松山にはいまだ足をおろしたことはありませんが、明治期に大阪に奉公に出てきてそれなりに成功した僕の祖父の故郷です。司馬先生がこれほど熱を入れて書かれている上昇気流に乗った明治という国家に、いまだに熱い思いがたぎります。

 アメリカに上陸して、ここで頑張るしかないと思ってから読みふけったのは、やはり「竜馬がゆく」と「坂の上の雲」でした。自分の船でアメリカ上陸を夢みて果たせなかった竜馬と、国家をヨーロッパ列強と並ぶまでの坂の上に登りつめた秋山兄弟の物語は、当時なんら頼る同郷人の意見を聴けなかった僕の身には、まさに宝物のようでした。喰いいるように何度も読みふけりました。(先日から何度目かの竜馬に入っています。)
日本にいたとしても同じだと思いますが、特に海外で生き抜くためには、個人の意識のなかでは、他者との戦争の繰り返しでまさに戦国時代です、なんて書くとカッコよすぎてちょっとチガウな。まぁ現代人の生活意識のなかで、命のやりとりなどほとんど皆無なわけですが、30年経ってもいまだに違和感の多い外国の社会はそれと似た感情でしか捉えられなくなるわけです。
いくら平和ボケ国家でも、意識は他国との経済戦争状態がつづいているわけですから、戦国です。国家戦略局という名称もそれなりに妥当だと思います。名前はよくても秋山、東郷と言った名参謀の不在は如何ともしがたいですね、まったく同感。

 世に倦む日日さんの別サイト「『坂の上の雲』 と日露戦争―歴史認識」にもくわしいように、このドラマは第二部以降、その急な上り坂の過程で、さまざまなドラマが生んでいきます。無能な指導者による多くの人命の無駄遣い、などという問題も含めて、当方ブログ「NY金魚」でも来年から僕なりの関連記事を書くつもりです。

 11月から当方ブログで「戦争夢特集」をはじめてから、少しアクセス数が落ちてきました。すべて大上段に振りかぶりすぎた僕のせいなのですが、「モノのなかの『サムライの魂』」 http://nyckingyo.exblog.jp/10573874/
は、日本人のたましいを論じて、今日の世に倦む日日さんの記事との関連も多いと思っています。まだの方はぜひお目通しくだされたく候。 金魚

世襲および明治人

鳩山、小沢、安倍、福田、麻生。
このへんの人は全員、政界から永久追放してよろしいかと。

が、たまには「ノブレス・オブリージュ」ということもありえますんで、世襲が全部ダメだとは思いません。
チャーチルは世襲でした。ヒトラーはたたき上げでした。

小泉進次郎は一度演説を聞きましたが、政治家としての覚悟が感じられたんで、ちょっとイイです。
おやじさんより全然イイんで、も少し様子をみてもらえませんかね。

また、明治人がエラく見えるのは、彼等を育てた江戸時代の親がエラかったからだとも言われてます。
東條さんはどうだったんでしょう。

余談ですが、15年ほど前に、原田美枝子を渋谷パルコの書店で見かけたことがあります。当時のメディアでは、奔放な女、というイメージがあったんですが、小柄で初々しい印象だったんで意外でした。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。