スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇を私物化し侮辱する小沢一郎の専横と中国外交の理性の衰退

習近平_1今日(12/15)の朝日新聞は、全部で3面(1、2、4)を使って習近平の天皇特例会見の問題を記事にしている。このニュースについて最初に考えなくてはならないのは、新聞もテレビも誰も指摘してないが、天皇陛下ご自身の内意が明瞭に発信されている点である。小沢一郎がいみじくも言うとおり、政府の一部局の一役人に過ぎない宮内庁長官が、政府トップである官房長官の要請と指示を二度にわたってまで拒絶し、しかもその理由を正式に記者会見で外に発表するのは異例中の異例の事態だ。宮内庁長官が本人単独の意思で敢行できるものではない。さらに、辞表を書けという小沢一郎の恫喝に対して、羽毛田信吾はその夜のうちにマスコミの前で堂々と正面から反論、辞任の意思のない旨を公表するに及んでいる。宮内庁長官の立場でここまで強硬に突っ張れるのは、当然ながら天皇陛下の強力なバックアップがあるからで、その事実を国民に知らせているのである。天皇陛下ご自身が「1か月ルール」を守るように政府に求め、国民に訴えているのだ。小沢一郎の昨日(12/14)の記者会見の暴言と詭弁は、軽薄と勘違いが甚だしいとしか言いようがなく、天皇と皇室の尊厳を著しく貶める行為であり、国益を侵害するものである。この問題の影響は大きく、鳩山政権の今後の運営に重大な支障を及ぼすだろう。それと、中国政府の勘違いと対日外交の失策についても厳しく問題視しなければならない。小沢一郎を買いかぶり過ぎだ。緊張感が欠如している。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

習近平_zz
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

民主党小沢一郎幹事長にも、問題がありますが、私は羽毛田長官の【鳩山内閣批判】の記者会見に対しても、民主主義を守る観点から、重大な危惧を覚えます。

宮内庁長官といえども、内閣の一部局であります。内閣の方針に反対なら、意見を述べる自由がありましょうが、組織の一員として記者会見まで行って≪異論≫を唱え、さらに再度も、記者会見で鳩山内閣を批判する行為は、越権そのものと思います。

たとえば、前原国交大臣の≪ダム建設の中止≫の意向に対し、国交省の担当局長が反対意見を内部で具申することがあっても、いったん、大臣の指示で≪建設中止≫が国交省の方針として決定されれば、担当局長が決定に従いながら、記者会見まで開いて≪自分は反対なんだ≫と二度まで≪局長個人の意見≫を披歴したのでは、国交省の組織が瓦解します。
申すまでもなく、組織というものは、そういうものと考えます。会社の方針として役員会で様々な議論が行われても、会社の方針が社長の方針として決定されたとき、一役員が≪この方針には従うが、自分は反対なんだ≫と外部に発表したとき、会社の存在が成り立ちません。

まして今回の宮内庁長官の、二度に及ぶ記者会見で≪鳩山内閣に対する批判≫は、表面的には≪天皇陛下擁護≫の姿勢を示しながら、長官自身の思い上がりを感じれらてなりません。
天皇陛下を守るのは自分だけなんだ、なんて……。私はかかる独善的な態度こそ、極めて危ないものを感じます。
二・二六事件など、戦前・戦中の軍部が≪天皇陛下のおおみごころは、こうである≫と、天皇陛下と全く違う独善的な考えを国民に押し付け、あの戦争の惨禍を招いたことを思うとき、長官自身の思いこみこそ、危険ではないでしょうか。
羽毛田長官には、昨年二月、記者会見で異例とも言える≪皇太子批判≫を行っています。あの記者会見を是とする意見もあるでしょうが、少なからず≪雅子妃殿下批判≫がまきおこり、妃殿下を精神的に傷つけたのは周知の事実であります。

宮内庁長官というのは、戦前の参謀本部統帥権のように≪内閣とは違う独立した組織の長官≫と錯覚しているのでしょうか。

No title

どうも小沢さんは、中国の力を背景に権力基盤の強化を図るつもりのようですね。
結局は私利私欲の為だったのかと非常に落胆しております。
またその手法が独善的で傲慢なのも気になりますね。
彼の地が出て来たと言うべきなんでしょう。
その点、小泉氏と変わりは無いと思います。
アメリカにすり寄って権力を維持するか、中国にすり寄って権力を維持するかの違いでしょう。
ハッキリ言って失望しましたね。
師匠の田中角栄とはかなり違うようです。
生活第一はどこへ行ったんでしょうね?
8月以降の株価は主要国で唯一マイナスですし、先進国で唯一のデフレでもあります。
ハッキリ言って失望しましたね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。