スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹『1Q84』と生きた2009年 ? 「永遠の愛」の三類型

1Q84_1.jpg昨日(12/4)、村上春樹の『1Q84』が今年のベストセラーになったニュースが紹介された。上下2巻の発行部数は223万部で、文芸部門の作品が総合1位になるのは、トーハンでは集計を始めた90年以来初の快挙だと言う。今年は『1Q84』の一年だった。私にとっての2009年は、政権交代の年ではなくて『1Q84』の年であり、そのように記憶に刻まれるだろう。今回、洋泉社編集部から好意を得てMOOK本に書評を寄せる機会に恵まれ、『1Q84』のカルチャームーブメントの一端に参加できた。このことは私にとって大きな喜びであり、ささやかながら人生の記念碑になるものである。この本を読み、物語の意味を考え、ドラマの世界に耽りながら、私の今年一年の時間が過ぎた。最初に読んだときの感想を率直に言えば、ストーリーが散漫かつ不全で、骨格で構成された身体全体の中で筋肉よりも脂肪が多く、ふくらし粉のようにページ数が嵩張っている印象を受けた。作品の完成度や感動の盛り上げの点では、明らかに『海辺のカフカ』の方が上だと思ったし、その評価は現在でも変わらない。だが、『1Q84』は余韻が残るのである。後を引くのだ。読書時の感動よりも、読後の余韻が意識を捉え、その世界に碇づけられて容易に関心が離れないのである。『海辺のカフカ』はそうではなかった。これほど長く余韻が続かなかった。大きな感動のうねりと村上春樹の文学的天才への敬服で終わりだった。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。


1Q84_z.jpg
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

村上春樹『1Q84』をどう読むか |

村上春樹『1Q84』をどう読むか河出書房新社 刊発売日 2009-07-22 リ...

コメント

非公開コメント

ふたたび春樹讃

「春樹」という文字を見ただけで、条件反射の実験用の犬のように、何かコメントを書かなきゃ、となっちゃいます、ワン。
空前のベストセラーということから、この時代に、モニターやケータイのなかの文字ではなく、この分厚い本に書かれた文字を200万以上の人が深く読み込んでいる図を想像して、ある種の感慨を覚えます。自分でもよく気づくことですが、モニターのなかにフワフワ浮いた文字を、ひょいと掴んで食べようとしても、それにさわったとたんシャボン玉のようにパチンと消えてしまう感じのことが多いのです。それはこのブログのように内容が深いものでもなぜか同じ印象があり、長年本の活字だけに慣れ親しんだ者の習性ということだけかも知れません。いずれにせよ、出版界の衰退が叫ばれているなかで「1Q84」に書かれた同じ文字を、他国語に書かれたものを含めて、これから世界中の何百万の読者がアタマのなかで共有することは、実に壮快感があり、それ以上になにかかれの大きなメッセージで、世界が変わって行く予感すらあります。

 「永遠の愛」の第一例に天皇皇后陛下の関係がでてきたのは、実にユニークで度肝をぬかれましたが、特に美智子妃殿下の「平和」に対する継続された態度を観るにつけ、ふたりの愛の物語が、全国民に浸透していく物語と、どこかでイメージが重複します。
私事になりますが、ロシアのソクーロフ監督が昭和天皇を描いた映画「太陽」The Sun がアメリカでも公開され、先日SOHOの映画館へ観に行ったのですが、列のすぐ前のアメリカ人の御夫婦が声をかけてこられて、なんとかれは「いま、『1Q84』の英語版を翻訳しています」という方だったのです。なんという偶然。映画が終わったあと、New Yorkerなどに投稿している文芸評論家の女性を含めてみんなでわいわいガヤガヤ、春樹氏とソクーロフ監督の話に花が咲きました。「『1Q84』英語版の出版は、これから出るBook3を含めて、あと3 年ぐらいはかかるんじゃないかなぁ」ということでしたが、英語圏の国でもまちがいなくブームになるでしょう。僕が唯一英語版を読んだ短編人気作「象の消滅」も、かれの翻訳によるということでした。

 たまたま比較することになったわけですが、ソクーロフ監督の昭和天皇像も、実に人間的で、ひとつの原理主義から超越した捉え方だと思いましたが、春樹文学も、かれのエルサレム演説のあとの「正論原理主義批判」ということばに現れているように、一極に集約される思考をとても嫌われている感じがします。小説のなかでは、さまざまな激しい表現、深くて暗い表現がつづきますが、それらの結論として、実に茫漠とした砂漠のように、アメリカ大陸のように広い思考が伝わってきます。このことはいずれ僕のブログでも煮つめていくつもりです。
今日も、世に倦む日日さんの結論は「村上春樹は神である」で終わりましたが、春樹氏に対する強い思い入れが伝わってはくるものの、上のような理由で、このことばには少しだけ違和感を感じました。

 現代日本の社会の複雑な状況を、深い洞察とともに世界に発信するのは、春樹の小説しかないと思います。このあたりはまったく同感です。フィクションにしてあることで、その暗い一種の閉鎖社会、格差社会、そして社会構造が遠因の発作的暴力などが、日本だけでなく現代世界全体の問題であることに、みんなが気づくことになるのです。

 このコメントは、世に倦む日日さんへの私信のつもりで書きはじめましたが、公開した方が、みんなでわいわいガヤガヤできますね。
また、金魚のフンになるので(もうなっているか)とりあえずこのあたりで。

 ps: ご存知かも知れませんが、「建築系ラジオ」というサイトで、仲俣暁生氏などが、「1Q84」を分析する放送をしています(5回連載)。
http://tenplusone.inax.co.jp/radio/2009/07/1q84.php
60年代生まれの、ちょうど天吾や青豆の世代の方々の話で、とてもおもしろかったので、お時間があれば聴いてみてください。 NY金魚

■ユーザーや消費者は物語を求めている(2)?!

こんにちは。私は、小説「1Q84」自体を批評するこなどできませんが、この本が売れる背景などは理解できるような気がします。最近ずっと前から使われてきている既存のもので、まさか、もう新しいものなど出てこないだろうという分野にイノベーションが目立つようになってきました。既存のネットブックでは、考えられなかった方法で、画面を大きくしたパソコン、グーグル日本語入力ソフト、ガムのFit's、キリンのフリー、東大生ノート、ポメラなどなど事例はたくさんあります。また、テレビのCMでも、ソフトバンクの「犬のお父さん」、アフラックの「招き猫ダック」、車の「子供店長」など、「物語性」溢れるCMが多くなってきました。私は、こうした既存の枠を破ること、そうして、それを物語にまで高めていくこと、さらには伝説にまで昇華していくことが、現代日本の営利企業に与えられた使命であり、デフレ傾向を打破する糸口になると思います。村上春樹氏の小説「1Q84」のヒットは、まさにこうした世相を反映していると思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。