スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKドラマ『坂の上の雲』と日露戦争の歴史認識 - 革命の防衛

坂の上の雲_1NHKドラマ『坂の上の雲』が11/29からスタートした。NHKの前宣伝の攻勢が凄まじく、普通の大河ドラマの20倍以上の規模で告知情報が投入されていた。制作発表からすでに3年が過ぎ、キャストの情報も巷に周知され、メイキング映像も幾度となく紹介されていたから、正直なところ、やっと始まったかという感じが強い。キャスティングは実に成功している。秋山真之に本木雅弘、秋山好古に阿部寛、正岡子規に香川照之。考えられる最高で絶妙のキャスティング。10年ほど前、秋山真之は誰がいいだろうと考えを廻らし、真田広之かなと候補が浮かんだことがあったが、今なら本木雅弘がベストで、彼を抜擢するしかない。香川照之の正岡子規もいい。ぴったりと適役を選んでいると誰もが納得する。キャスティングだけでドラマの完成度や説得力を確信できてしまう。それから、制作の着手は理由があって延期され、企画時点の予定よりも大幅に放送開始が遅れたが、時代が変わり、自民党政権ではなく民主党政権の下での放送となった偶然についても、政治的に安堵の念を抱く。これがもし安倍政権の下での放送だったら、一体どうなっていただろう。NHKドラマ『坂の上の雲』は、おそらく憲法改正に合わせた記念番組の意義を持たされ、時代の転換を象徴するモニュメントとされていたに違いないのだ。改憲を祝賀する国民的行事として。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

坂の上の雲_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

待っていました

首を長くして待った甲斐のある素晴らしい出来栄えでした。そして、本ブログで批評してくれるのを待ちわびておりました。
確かにキャスティングが絶妙で、その内容に説得力を与えています。西田敏行の高橋是清もよかったですし、少年期に登場してきた俳優たちも素晴らしい演技でした。渡辺謙の語りも雰囲気があり、物語に活力を漲らせていました。
「歴史認識」ついての考察に感を深くいたしました。同様の認識をもって、今後の展開を楽しみにしようと思います。

No title

初めて投稿させて頂く。
貴殿の考えには賛成できかねる。ロシアは何の為に対馬事件を起こし、三国干渉を為したか。ロシア側の真意をよく調べられるがよろしかろう。

時代を少し遡って江戸時代の日本は、国際法的に申せばアイヌ人が居住する北海道だけでなく樺太、千島列島全島も日本の領土だった。が、精々夏に北前船が寄港する程度とその支配力は極めて希薄であった。為にシベリアを超えて東進してきた帝政ロシア人が力ずくで樺太北部を占領し、明治初期、樺太千島交換条約という理不尽な条約で樺太を失った経緯がある。この時露側は日本の外交姿勢を軟弱と視たに違いない。これが後にロシア南下、即ち日本の領土侵略構想に繋がったと考えられる。
ロシアは拡大戦略上、太平洋に出るための不凍港が必要だった。その為には冬に流氷に覆われてしまう樺太・千島より南の日本の領土(例えば北海道)侵略がどうしても不可欠だったと考えることは至極自然であろう。違うかな?
現に第二次大戦で日本が敗戦した際、スターリンはルーズベルトに北海道割譲を要求している。
よって日露戦争は祖国防衛戦争と考えて然るべきであろう。これを否定することは明治の先人達が命をかけて日本を護り抜いた意志を、心を、否定することになろう。これは彼等の犠牲と努力によって今を生かされている日本人として許されるべきことではない。

No title

本日の主題とは違いますが、昨日から『普天間基地移設問題』で、社民党の主張が通らない場合には≪社民党は連立を離脱する≫と、大きく報道されています。その結果、『普天間問題』が越年化され、報道によれば、決着は、来年7月の参院選挙後にもなると言われます。

この問題で、今朝の朝日新聞は『鳩山首相は、3日、岡田外相と北沢防衛相に、新たな候補地を検討するよう指示した』と、書かれてあります。
なにを今になって、の思いであります。これまで、鳩山内閣は沖縄県以外の、どの地域も探して来なかったことが露呈された思いであります。

私は【世に倦む日日】さまの、『諏訪之瀬島に基地移設』(11・9)のご提案を読み返しております。もし、このご提案を鳩山内閣の首脳が読んでいないなら、【世に倦む日日】さまのお許しを得て、その要旨を郵便(速達)で送付したい、とさえ思っております。

勿論、この『鹿児島県・諏訪之島への移転』が最善とは限りません。それ以外でも、国内で実現できる可能な地域を真剣に調査し、左派プログの主張する≪関西空港・佐賀・静岡・茨城などの空港≫への移転など、荒唐無稽な、実現不能な架空の論理でなく、日米両者にとって容認可能な『県外移転』を真剣に考えるべきであります。

以上、本日のテーマとは違いますが、11月9日のプログを改めて再読し、ブログ主さまのご見識に心から感服し、投稿した次第です。

関空移転は滑稽か?

何ゆえに≪関西空港・佐賀・静岡・茨城などの空港≫が滑稽なのでしょうか。使われていない滑走路があるなら、検討に値する場所です。

関空移転は実現不可能とたかをくくりながらの、橋下知事と下地幹朗のパフォーマンスにすぎませんが、滑稽だと一蹴するのもおかしいです。

NHKってやつは…

どうして湯水の如くお金を遣って創るドラマがこんなものなんでしょう。うんざりする番宣の嵐にも参りました。司馬遼太郎ってどうしてもっと真の庶民を描かなかったのでしょうねえ?

ドラマの感想

ブログ主さんには申し訳ないのですが、阿部寛はともかくとして、もっくんと香川照之の演技がくさいように思いました。
特に、香川照之は見ちゃおれんです。
他の番組での香川照之はこれほどでもなかったように思うので、NHKの演技指導が原因かも知れませんが、とにかく、この正岡子規は場面、場面で気張り過ぎです。
人間、あれだけ気張ると漏らしますよ(^^;。

評価できるのは、方言指導が徹底している点です。
同じ四国を舞台にした朝ドラの「ウェルかめ」はメチャクチャですから、とても同じNHKとは思えません。

革命防衛といえる時期について

他記事で一度コメント投稿させていただいています。

今回の記事での他の方のコメント投稿とは違った意味で、
少しご見解を異にするものです。

本文、それから挿絵であらわされているように、ヨーロッパの
歴史上の革命防衛戦争と日露戦争が、同じ質をもつものと
するのは、少し無理があるように思います。ブログ主は
丸山真男と司馬遼太郎をお好きなようで、どうしてもひきつけて
しまわれがちに感じます。

フランス革命後のナポレオン戦争や、ロシア革命後の赤軍の
ポーランド戦争は、革命後数年以内のことです。もし明治維新
後の革命戦争を位置づけるなら、西郷隆盛の征韓論まで、
せいぜい江華島事件や台湾出兵ぐらいまでではないでしょうか。

日清戦争に賛成した知識人でも、日露戦争に反対した人が
いることは、高校生でも習います。明治維新後40年たった後の
日露戦争を革命防衛戦争と位置付けると、80年たった後の
太平洋戦争(大東亜戦争?)ですら、アジア諸民族を西洋の
植民地支配から解放するという戦争という位置づけをしても、
まったく無理とはいえないと思います。

司馬遼太郎が「坂の上の雲」を書いて、日露戦争までを
進歩の時代、上り坂、そこから後の時代を混迷の時代と
考えるのは、個人の主観的史観ですが、ブログ主も同様と
考えられるなら、それはそれで了解いたしますが。




No title

日本、ロシア主戦派の同盟案黙殺 日露戦争直前、新史料発見

この先、NHKはこの番組の組み立てをどうするのでしょうね。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。