スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金のなる木」から「負け犬」の途上の日本 ? 日米首脳会談の憂鬱

オバマ訪日_1オバマ訪日の日程の異常な窮屈について、報道では、当初の計画は1日前の11/12に日本に到着の予定だったとされている。本当だろうか。天皇陛下の在位20年の記念式典が開かれて、国民もマスコミもそれに注目している最中に、米国の大統領が専用機で羽田に降り立って都内で訪日日程の行事をこなす図などというのが果たしてあるだろうか。考えられない。11/12の夕刻から夜間にかけては、二重橋前の皇居前広場で国民祭典が開かれた。鳩山首相も出席して祝辞を述べている。オバマ訪日と重なっていたら、一体どうなっていただろう。マスコミ報道では、例のテキサス州の陸軍基地での銃乱射事件が尾を引いて、その影響で米国政府の日程にズレが生じ、オバマ訪日が一日短縮されて11/13の到着になったと説明されている。この説明は俄に信じがたい。オバマは、訪日前(日本時間で11/13午前)、わざわざアラスカに立ち寄っている。ワシントンから東京に直行していない。何でこんな日程を入れたのか。11/13午前、東京では皇居の宮殿で天皇陛下の即位20年を祝う宮中茶会が開催されていた。鳩山首相も出席している。それを避けたのだ。つまり、オバマ訪日が11/12であった場合、天皇陛下の即位20年祝賀行事と完全に重なる。すなわち、11/12の訪日は最初からあり得なかった。実に不思議な話だが、それなら、なぜ11/12訪日という政治日程が企画されていたのだろう。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

オバマ訪日_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

青年リーダーの不在

筆者さまがおっしゃる通り、沖縄に次代の青年リーダーが見えてこないのは兼々より感じているところです。福田衣里子さんのようなジャンヌ・ダルクでもいい。

少女暴行事件の際の県民大会で、あの素晴らしいスピーチをされた彼女たちは、今どこで何をしているのでしょうか。あれだけの清廉なスピーチをした彼女たちを中心にした青年の連帯像が、なぜ見えてこないのか。

AP記者の不躾な質問には、私もいささか度肝を抜かれました。ある意味タイムリーとも言える米兵による轢き逃げ事件が勃発したのにも関わらず、その事には一切触れない厚顔な言動風景は、まるでここが日本ではなく、アメリカ民主党の党大会と錯覚するような政治家を始めとする参加者面々の盛大な拍手と共に、核の傘に魂を売ったこの国の卑しき属国主義の歴史が一瞬で象徴表現されたような気が致しました。自分たちが事を成す責任者の自覚など皆無で、ただオバマの来日を賛嘆し、そのアルファ波な声質と人格を生で拝聴できた事に酔い痴れているだけのような全体風景。オバマが平和を語るソフトなヒトラーのように見えたのは私だけでしょうか。

仮に韓国で、在韓米軍が同じような事件を起こした場合、日本と同じようなオバマ

前掲のつづき

(切れてしまったので続きです)

仮に韓国で、在韓米軍が同じような事件を起こした場合、日本と同じようなオバマの演説風景になるとはどうも考えにくい。

国境なき医師団のCMでの主張のように、国境が人一人の命の重さの格差壁と映るような言論セレモニーには、ただただ沈鬱するばかりです。

No title

   ◎ 友愛、博愛、人類愛、隣人愛、~~愛、  なんでもいいが、その懐に鋭い爪を忍ばせていなければ何事も成就しない。                                                                                                                    ◎ 信念、戦略、力、は革命的なことを成功させる為の三本柱である。これらのどれ一つ欠いても維新は実現できぬ。    彼の政党はこの三つどころか一つさえ無い。                
                                                                   ◎「金や物を与え、その企画を思い止まらせることができると考えるのは愚かである。それは年貢をおさめれば、それが刺激になって益々多く納めろということになる。」   軍事史家 リデルハート

訪問日程に疑問

確かにブログ主さまが記述されているように、今回のオバマ大統領の訪日日程は疑問だらけですね。

調整役と思われる外務省は何をやっていたのでしょうか。仮に、予定通り、11月12日に来日されたら、それこそ大変な混乱になったと思います。

また、鳩山総理もオバマ大統領が来日中に、さっさとAPECに出かけてしまうなど、不自然さが目立ちます。

私もAPECへ参加後、来日した方が自然だと感じていました。また、鳩山総理も、会談後に、普天間問題を持ち出すのは、正直、卑怯だと思います。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。