スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府雇用で150万人 - 世に倦む「大きな政府」国家プロジェクト案

雇用対策_1先週、10/23に政府の緊急雇用対策本部の会合が開かれ、その内容が発表されたが、来年3月までの雇用創出の目標はわずか10万人に止まっていて、その規模の小ささにマスコミからも批判が上がっている。単に目標が小さいだけでなく、どの産業で何万人の雇用が創出するのか中身がスペシファイされておらず、本当に10万人の雇用が創出されるのかどうかも怪しい。驚くべきことに、今回の対策には予算が付けられていなかった。新規の財源が手当された新規のプログラムが何もない。単に、介護分野での資格取得支援やグリーン分野(農林水産・環境エネルギー・観光)での人材育成支援が申し訳程度に謳われているだけである。スローガンだけに止まった拍子抜けの「雇用対策」であり、これなら、補正予算で7千億円を就労支援の基金に積み立てた麻生政権の対策の方がよほど評価できる。先々週の菅直人のテレビ出演での説明を聞いて、本格的な政策構想の発表を期待していただけに、大いに失望させられた。雇用対策が内容のないものになった政治の謎解きは簡単で、藤井裕久と平野博文が潰したのである。この雇用対策の立案と調整は、先週の母子加算復活の悶着とパラレルにリンクして進行している。すなわち、藤井・平野と菅・長妻の二勢力の間の権力闘争が行われ、母子加算復活を認めさせられた財務省側が、それならと雇用対策の方を叩き潰しに出たのだろう。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

まことに恐縮ですが、次回のブログの更新は10/30にさせていただきます。頂戴したコメントの管理も十分に行き届かないと思われますので、なにとぞご容赦をお願いします。政治の方は一向に前に進まず、まるで小泉時代に戻ったのを喜ぶように改革派財務官僚がハシャでいる状況があり、本当に憂鬱な日々が続きます。今日は、10/25にNHKで放送された「自動車革命」第2回のスモール・ハンドレッドについて記事を書きかけたのですが、体調の不具合もあり、途中でやめました。少し気分転換をしてきます。日本の国も、自分自身も、この先どうなるのだろうという不安ばかりが心に重くのしかかります。

憂鬱

雇用対策_z1

雇用対策_z2


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ベーシック・インカムについて、コメントさせていただきます。

「需要に対して供給が過剰である状態を防ぐために需要を下支えする」いわば、憲法25条に立脚する「個人が生存するための無条件のお金への権利を与える」、これがベーシック・インカム(BI)の核心だと、私は理解しています。

キング牧師が公民権運動でBIを訴えたのも、まさにそこに立脚しているのだと思います。BIとは、無条件の選挙権とも共通する所得への権利なのです。

BIが支給されたら働かない人が多くなるという指摘は妥当ではありません。というのも、BIの議論では一般に月5~8万円という支給額が多く想定されていますが、それだけでは、大家族であればまだしも、核家族では十分に食べていけないからです。

さらに、BIと生活保護は思想が異なります。BIをもらっていても、働いて得た上積みの所得は無制限だからです。ですので、BIがもらえれば誰も働かなくなるというのは、妥当性のない類推だと思われます。

ちなみに、回答者が250程度で偏りがありますが、以下のアンケートの結果もあります。
http://research.news.livedoor.com/r/22868
BIのお金だけで暮らすと答える人は全体の2割にもなりません。

No title

フジのジャーナルなる番組が貧困率をネタに大盛り上がりだ、長妻大臣つぶしを仕掛けようとしているのと、バングラデッシュやフィリピンの貧困層と日本の貧困層とは全然違うんだみたいに言っている。しかも‘解任’された野村監督もそこで番組におもねっていた

構想力と知識人の資格

思いつきの試論に留まらない構想力だと受け止めました。どれも試みて欲しい政策です。私個人の稚拙な考えを述べさせていただければ、景観保全と環境対策の一環として、経産省と環境省がタッグを組み、自動販売機の全撤去作業及びその周辺の清掃を行って欲しいと思います。
建築家を志していた学生時代の頃から感じていたのですが、自動販売機は日本の美しい街並みと景観を圧倒的に破壊しています。それにビルやマンションの自動販売機は姑息な節税対策として設置されている場合が殆どで、撤去により税収増、景観向上、地域美化、電力消費の低下、CO2削減が実現可能となります。CO2の25%削減目標は、中国やインドの参加を条件としていることから、政策実現不可を前提としたハッタリだと思いますが、もし本気で取り組む姿勢があるのであれば、これぐらいして欲しいものです。

民放を視聴しないため、寺島実郎氏のコメントを確認する機会がありませんが、構想を示さず抽象論を述べる姿勢は支持できません。イラク侵略時の寺島氏は、一環して「テロ」である以上警察力で解決すべき問題であり、非対称な戦争に持ち込むべきではない、と表明し反戦の論陣を張っていました。そのときの彼は、知識人としての役割を最低限果たしていたし、それ以来彼の発言に注目するようになりました。
しかし今回は、鳩山政権のアドバイザーに留まる一方で、構想を示さず抽象論を述べているだけです。それでは誰も納得せず、知識人としての役割を果たしているとは言えません。文藝春秋の先月号で論文を発表していましたが、冷戦思考からの脱却と新たなる日米同盟の構築を軸に、G2体制が固まる中でどう戦略を練るべきかを論じていただけで、そこには具体的な構想や提言はありませんでした。政権交代後に発売された文藝春秋だからこそ示せる構想があったはずですが、何も提示されなかったことに失望感を覚えました。
「グリーン・ニューディール」について著書を発表しながら、日本版ニューディールについて構想を述べないのは何故なのか。全く疑問です。

快哉

すばらしいの一言。
一見、画餅のようですが、説得力がありますね。

なんで説得力があるかというのを考えてみましたが、どれも国益に通じているからなんでしょう。

「海岸、河川、道路等の清掃要員として雇用」すれば、まずは富士山を清掃し今まで世界遺産に登録できなかった主な原因が解決できます。

また、「10万人の外国人不法滞在者を摘発」ですが、
全部が全部不法労働者ではないと思いますが、そういう人は東京ではどこでも見かけます。
コンビニで「アリヤトヤンシタ」と働いているヒトや居酒屋で片言のニホンゴをしゃべっているヒトが貧困率を高めていると思うと、国家は非常に怠惰。

世に倦む日日様お一人で考えてこのくらいのアイデアが出るくらいなら政府はもっと知恵を絞らないと。

ごぞんじ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。