スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正体が見え始めた鳩山政権-福島瑞穂の日和見とTBSのキャバ不問

鳩山政権_1一昨日(9/30)、労働者派遣法の改正を求める集会が国会内で開かれ、毎日新聞が記事にしている。野党になった公明党の参加もあり、会は盛況だったようだ。この集会に、これまで欠かさず顔を出していた福島瑞穂が出ていない。その福島瑞穂が、同じ9/30の記者会見で、次のような気になる発言をしていた。「遅くとも通常国会に(改正案)を提出したい」。このニュースが衝撃的なのは、2週間前の9/13に、同じ福島瑞穂が大阪市内で開かれた労働組合の大会で、こう発言していたからだ。「3党で力を合わせて、臨時国会で抜本改正を実現したい」。9/13には派遣法改正を臨時国会で実現すると強調しながら、9/30には通常国会に改正案提出へとトーンダウンしている。この変化は見逃せない。派遣法改正の法案を準備する実務責任者は、厚生労働省の副大臣になった細川律夫である。この人選はよい。だが、鳩山政権の中で、この政策に最も重い責任を負っている閣僚が福島瑞穂であることは言うまでもない。派遣法改正は、社民党が連立政権に入ってめざす最重要政策課題であり、特に福島瑞穂はそれを選挙の前から一貫して言い続けてきた。福島瑞穂は消費者・少子化担当相だが、派遣法改正について内閣を代表して国民に説明する立場にある。この問題については、誰もがキーパーソンと目する福島瑞穂の発言に注目する。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。


鳩山政権_z1
鳩山政権_z1
鳩山政権_z3


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

社民党

福島さんもマスコミ公認議員であり、「選挙で勝つためには」という理由で党首に選ばれた人ですね。
どうせ、擦り寄っても連立から外されるのは目に見えているのだから、連立に入っている間くらいは妥協せずに自己主張してもらいたいものです。
それとも、いっそこのまま民主党に入党してしまうのでしょうか。
そういう説も聞きます。

少子化担当は?

福島氏は、少子化担当相ですが、こちらの方はどうなのでしょうか。保育園に入ることができない子供さんが沢山いるというのに、こちらに対する施策は見えてきません。子ども手当についても、そもそも「少子化対策」なのか、「景気浮揚策」なのかがはっきりしません。このあたりの基本的な考え方を明確に示してもらいたいものです。

福島氏は、国民にとって必ずしも喫緊の課題ではない夫婦別姓の法案など、自分の担当ではない政策の推進に熱心なような気がします。

反貧困の代表者を国会へ

連立協議のときから社民党の欺瞞を薄々感じていましたが、政権与党となってしまうとこんなものなのですね。公明党が政権与党となってから変節したのと同じ末路を辿らないか憂慮します。
「視点・論点」で湯浅誠氏が鳩山政権へ提言を行っていましたが、どうも弱いというか説得性に欠ける内容でした。労働者側からの発信が少なく、以前より本ブログでも指摘していた通り、広報を含めて戦略性に乏しい感が否めません。

最近、ガス・ヴァン・サント監督の映画「ミルク」を早稲田松竹で見ました。ゲイとして全米で初めて公職に就いたハーヴィー・ミルクの伝記を描いた作品で、ゲイへの差別撤廃を求めて戦う彼の姿が熱情をもって描かれていました。作品を見て感じたのは権利を主張するということは戦うことと同義なのだということです。最終的にハーヴィー・ミルクは銃弾に倒れてしまうのですが、彼の啓蒙活動が無ければ、今日以上の差別が蔓延していたかのしれません。

反貧困の立場からも公職(国会議員)を出さなくてはならないと切に感じます。私の友人の間では、国会議員を馬鹿にする風潮があります。社会を変えるのは、政治より財界であるという思想が蔓延しており、まさに戦後民主主義の否定を旨として物事を論じる様が、至る所で目に付きます。しかし、法律を変えることほど効力を発揮するものはなく、これ以上にない影響力をもたらします。労働者派遣法を抜本的に改正し、憲法25条の厳守を掲げる為政者が何故出てこないのか。数百万円の参加費を課す現行の選挙制度は、明らかに民意を妨害する装置となっています。

最高裁が選挙制度を問題視したのは当然の流れでしょう。「わが党の候補者であれば、たとえ豚が立候補しても投票する」というのは、英国の小選挙区制度を揶揄した冗談として有名ですが、確かに言い得て妙ですね。豚という比喩が適切か分かりませんが、必ずしも相応しい人物が国会議員になっているとは言えない現状を見るに、最早冗談では済まされません。しかし、衆院比例削減と豪語している民主党が選挙制度を変えるとは到底思えず、この国の行く末を案じるばかりです。

No title

もうひとつ、原口に期待しているのはマスコミへの諸々の援助(電波使用料引き下げ、公的資金投入、地上波新規参入締め出しなど)でしょう。
TBSというのは、私にとっては地上波では最も退場してもらいたい放送局です。
カルデロン騒動でそう確信しました。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。