スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤優のオバマ演説解説 - 政治思想史的視角と復古反動の立場

佐藤優_1昨日(1/25)のサンデープロジェクトに佐藤優がテレビ初出演して、オバマ新大統領就任演説の解説をやっていた。冒頭にはクルーグマンが米国から生出演する企画も組まれていて、昨日の番組の視聴率は相当に上がったことだろう。佐藤優の解説について3点ほど。まず、R.ベラーの名前が飛び出てきたのに驚かされた。よく考えれば、佐藤優は同志社の神学部卒で宗教を勉強した学歴の持ち主であり、ベラーの市民宗教論の話が出てきても何の不思議もないが、そこからオバマ演説を新しい米国の国家神話の創設として意味づける視点は、多少の飛躍はありながらも議論としての面白さはある。岩波文庫になっている『徳川時代の宗教』の著者であるR.ベラーは、T.パーソンズの弟子であり、M.ウェーバーの方法的系譜を引く宗教社会学者である。私にとってのベラーの強烈な印象は、丸山真男への追悼文の素晴らしさであり、この機会にそのことを触れておきたい。現在、みすず書房の『丸山真男の世界』に所収されている研究者たちの追悼文の中で、最も感動的な文章がベラーの追悼文だった。  

佐藤優_2あの本に纏められた追悼文集は、最初は月刊の冊子「みすず」で出されたものだったが、読んで本当に不思議だったのが、日本の研究者たちの上っ面だけの浮薄な礼辞の数々であり、欧米の研究者たちの熱くて心のこもった言葉の数々だった。日本の研究者の心の中にはすでに丸山真男は生きていない。欧米の碩学たちの胸の中に丸山真男は生きている。その発見に驚かされた。C.グラックを始めとして、彼らの故人への回想はどれも興味深く印象深いもので、故人と対峙しながら時間をかけて練り上げた文章だったが、その中でもとりわけ心を打つ感動的な一編が、宗教社会学の権威であるR.ベラーの丸山真男論だった。丸山真男をよく読んで学んでいる。その死を心から惜しみ悲しんでいる。ベラーにとって丸山真男は大きな存在だったのだ。日本の研究者たちの中で、その死を悲しみ惜しんでいると感じられた文章は一つも無かった。脱構築に染まった日本の学界では、丸山真男はとっくの昔に死んでいて、後は肉体の死と共に、石を投げ唾を吐いてやればいいだけの「悪しき国民主義」の象徴に過ぎなかったのである。

佐藤優_3佐藤優が指摘した第2点、オバマ演説の最後の部分で独立革命の歴史に言及しているが、そこで英国を敵として表現している点に注目している。歴代の米国大統領の演説の中で、英国を敵として取り扱った発言はなく、きわめて象徴的な意味があり、すなわちメイフラワー号以来の建国神話の意義を崩し、WASP中心の米国像、白人市民宗教中心の米国像を転換し、インド人などアジア系を含む新しい米国人像を措定して米国神話を鋳直したと言うのである。果たしてそう言えるかどうか、あるいは米国がそのように動き変わるかどうかは、今後の大統領の政策の決定や判断を見ないと分からない。ただ、実際にアフリカ系の人種の人間が大統領になったのだから、WASP中心主義や市民宗教的な米国人像の言説は存在そのものと矛盾するし、そのような言葉は吐きようもないのであり、言葉の前に顔(皮膚の色)が米国の現実を変えている。ただ、この英国との緊張、あるいは英国との決別の暗示という論点は面白く、ネットの言論世界を泳ぎながら生きている者であれば、直ちに田中宇の持論である「多極化論」の論調を思い起こすに違いない。

佐藤優_4佐藤優は、おそらく田中宇を読んでいるはずで、その影響が出たのではないかと私は疑っている。この問題(英米関係論)も、今年の世界政治を分析する視角の一つとして注目され、論壇で話題を提供する論点となるかも知れない。現在、ポンドが危機であり、ドルが破綻する前にポンドが破綻する可能性がある。米国における英米関係の捉え直しもあるが、英国自身が、自己を英米関係上に位置づけるか、欧州の一部と位置づけるかの宿命的選択を迫られる事態に直面している。英国という存在は不思議で、現実の社会政策は非新自由主義的で福祉国家的でありながら、新自由主義世界を方向づける隠然たる存在感を視覚外で示していて、その不気味な存在を無視して新自由主義を了解することはできない。田中宇の英米論(多極化論)の認識が、奇妙で奇抜に感じられながらもどこか説得力を持って響くのは、この新自由主義世界のシステムを成り立たせている根本的なところで、米国資本を遠隔操作する英国資本の存在や動向が窺われるからあり、歴史的表象を引き摺り、両者渾然一体となりながら、米国の資本と権力を巧みにコントロールしている気配が漂うからである。

佐藤優_5佐藤優についての第3点、これは田原総一朗との連携プレーであり、また非常に危険なところだが、田母神論文の取扱いと日米関係の問題である。要するに、佐藤優と田原総一朗の立場は、田母神論文の村山談話批判を正論と看做していて、歴史認識において日本の当然の立場だと言っている。村山談話は東京裁判を肯定する歴史認識であり、これは米国追従で、日本の自尊自立を損なう誤った思想だという認識を前提にしている。これは明らかに右翼反動の立場と言えるが、論壇で売れっ子の佐藤優がすまし顔でそれを言いのけ、田原総一朗が佐藤優の議論に対して何の抵抗感を示さず、圧倒的な世論に支えられた常識のように自然に取り扱うため、テレビの視聴者は田母神俊雄の主張が正しく、村山談話が不当で間違った主張であるような感覚を持つのである。現在、岩波の「世界」編集部では、これまでの佐藤優に対する姿勢を再検討する動きが出始めているらしいが、「世界」を足場にして論壇に踏み上がった佐藤優の影響力は小さくなく、左右のイデオロギー色を曖昧にした印象で読者を掴むことに成功している。佐藤優の勢いで、田母神論文はさらに「一般性」と「常識性」が演出され、村山談話は「異端性」が脚色され、不当だと貼札が貼られて貶損される。

佐藤優_6番組のインタビューの中でも出ていたが、今後、オバマ政権が従軍慰安婦問題などで日本の歴史認識を問う事態になったとき、あるいは日中戦争の侵略行為や朝鮮半島の植民地支配の事実を問う局面になったとき、佐藤優が米国政府に対して反論する先鋒に立つことになるのだろうか。右翼側は新しい論者が欲しいところであり、佐藤優の登場は大歓迎だろう。国務長官がヒラリーである点やオバマ政権の性格を考えれば、歴史認識で日米の間に問題が起きる可能性は容易に想像できる。東アジアの歴史認識の問題では、オバマ政権と中国・韓国の立場がすれ違うという想定は考えにくく、米政権にとっての地域の不安定要因として日本の右翼反動の台頭という問題が視野に入らざるを得ないだろう。着任するナイがこの問題にどう対処するか。ナイは知識人であり、単なる政治屋ではない。格から考えて、誰が中国大使に就任してもナイ以上の立場を持つとは思えず、日本大使でありながら、アジア・パシフィック全域の総大使とでも言うべき総括的な地位を持つはずだ。中国・朝鮮半島・日本の東アジア全体を見る立場になるだろう。したがって、ナイの発言は、単に日本に対するリップサービスやゼニカネ要求の政治に止まらず、それは青瓦台と釣魚台が耳を欹てるべき重大な外交ディシプリンとなる。

佐藤優_7これから、日本の政治は不安定さを増し、政界再編という名の混乱に次ぐ混乱が延々と続くことになるだろう。日本の外交は、政治家でもなく政府でもなく、岡本行夫や佐藤優や岡崎久彦が田原朗一朗と一緒になってテレビや雑誌上でやることになる。その本筋は右翼反動の復古的な扇動である。奇妙な日米関係になるだろう。ハーバード?国務省の米国の伝統的なインテリジェンスを持ったナイが、アーミテージやシーファーや森本敏の思想的方向性の轍の上を歩くとは思えず、「諸君」や「正論」的な日本の右翼反動の空気と迎合し癒着できるとは思えない。理性的な対話の外交の観点で東アジアを見据えたとき、中国や韓国の主張は内在的に入るだろうし、右翼の青バッジを胸に光らせた日本の政治家、例えば中山成彬や安倍晋三の非常識で復古的な言説群は、ナイにとっては非理性的で理解を超えたヒステリックなものに映るだろうことは想像に難くない。ライス長官の部下だったヒルの場合と同じで、理性的で合理的なスタンスに就こうとすればするほど、東アジア世界のトラブルの中では中国や韓国の立場が正論に見えてくるはずだ。産経新聞や文藝春秋が今後どのように対米関係の議論を形作っていくか注目される。最後に、佐藤優は、アフガニスタン情勢に注目し、オバマ政権による兵力増派が、インド・ロシア・中国の「好意的中立」によって支持され、成功裏に進むだろうと予想した。

私は逆の見方をしている。ロシアは中央アジアにおけるイスラム原理主義の台頭を警戒しているが、それ以上にロシアのテリトリーである中央アジアへの米国の進出を歓迎しておらず、米国の影響力の後退を歓迎している。少なくともロシアは「好意的中立」ではない。アフガニスタンとパキスタンの反米世論は動かしようがなく、民衆の意思が政治に反映される場合は「反米」が主流となり、「反米」を掲げる政治勢力でなければ公正な選挙で多数を取ることはできないだろう。早ければ1年、遅くとも2年以内に、確実にアフガンからの撤退を余儀なくされるはずだ。オバマ大統領のアフガン政策は失敗する。

佐藤優_Z

佐藤優_Z2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

moreの先が

トップページからタイトルをクリックして単一エントリを表示するとmoreから先が読めないのは仕様ですか?
RSSから開いても読めません。
全エントリの表示は端末によってはメモリ的に苦しくなるので個別エントリで最後まで読めるようにお願いします。

いつもながら鋭い分析ですね

私もこの番組を見ました。最初、仕事しながらなのできちんと視ていませんでした。しかしクルーグマンの出演にもかかわらず、田原氏や岡本氏の話が長く、質問内容も表面的だったので仕事をしながらの視聴になってしまいました。私が特に聞きたかったのはオバマがイスラエルよりの姿勢をとりさらにアフガンへの介入を強めると述べていますが、それで経済再生など可能なのだろうかということです。そんな話はなかったように思えます。ついでに言えば彼は大型公共事業を行うと言っていますが、その原資は日本の金融資産を宛にしていると疑っています。事実、それはバラエティーニュースでも語られいます。それとも事実上の徳政令のような政策が打ち出され友噂されています。こういった点を質問してほしかったと思います。
佐藤氏については分析力の鋭さは認めますが、売文業の限界か右にも左にもリップサービスを心がけているのではないかと感じています。最近は右へのリップサービスが強くなったと印象づけられますが、佐藤氏についてはビデオに撮ったので時間ができたらゆっくり視聴しようと思っています。

No title

最後の部分、賛成です。アフガン増派を含めて、オバマ政権の広義の中東・対イスラーム政策の失敗はもうpredetermined、すなわち運命予定的と言えます。なぜなら、これまでアメリカの中東政策の失敗を招いて来た二つの基本的態度をそっくりそのまま継承しているからです。つまり第一に何がなんでもの親イスラエル政策、第二にイスラーム主義を含めたイスラームへの無理解、否傲慢な無視です。これらに戦争を欲する軍産複合体の隠然たる存在が絡んでくるのですから、見通しはほぼ絶望的かもしれません。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。