スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星浩の倒錯発言 - 「自民党は『小さな政府』で対立軸を作るべき」

福田衣里子_1昨夜(8/31)の報道ステーションで、湯浅誠と宇都宮健児が民主党本部を訪れ、新政権に対して労働者派遣法改正の要求を念押ししている場面が放送されていた。編集された短い一瞬の映像だったため、内容の詳細は頭に残ってないが、党本部の会議室で応対した民主党の小沢鋭仁に一枚の紙を見せて会談をしている様子が映っていた。反貧困のサイトに「090830声明」と題した文書の掲載があり、おそらくそのコピーを見せていたものと思われる。民主党の「政権交代」の翌日に党本部を訪問することを準備した計画性は悪くなく、それをテレビ局に連絡して撮影させたのもさらによい。だが、できればテレ朝だけでなく、他の報道機関の記者も同行させて取材させるべきだった。ネットで調べても、マスコミのサイトで記事が一件も上がっていない。それから、民主党に対して申し入れをしたのなら、民主党の担当者の回答も含めて反貧困のサイトで事実経緯を紹介するべきだった。以前から苦情を言っているが、反貧困ネットはあまりにネットの情報発信を軽視しすぎていて、全てをマスコミの取材任せにしてしまっている。広報の機能や意義について本格的に考え直す時期ではないか。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

福田衣里子_z1福田衣里子_z3


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

管理人さん。はじめまして。

日経ビジネス・オンラインに掲載された、
河野太郎の選挙活動に関するレポートを
ご覧頂ければと思います。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090830/203767/

☆ 河野太郎は、中傷ビラの類は、事務所に届いても、
  それを配布することはなかったようです。
☆ 河野太郎は、今後の自民党の方向として、「小さな政府」で
  成長を目指す。という考えを持っているようです。

おそらく自民党内部でも、「小さな政府」と「大きな政府」の間で
今後の方向性をめぐってのせめぎ合いがあるのでしょう。
(さらなる分裂が起こりえるのかもしれません。)
民主党政権への観察と共に、自民党の今後についても、
冷静に観測する必要があるのだと思います。

No title

福田衣里子さんには、 日本のジャンヌ・ダルクになっていただきたいと思います。
2年前の都知事選の折、浅野史郎さんの応援で選挙カーに載っていた蓮舫さんは、長妻さんや菅さんなど、ほかの方が演説している時は、聴衆を見ず、携帯ばかり気にしていた姿が印象に残っています。福田さんなら、全身で国民の声を聴いてくれるような気がします。

民主党とマスメディア

今後、民主党が政策であり、そして現行行っている通り、記者クラブを解放し、外国メディアやフリーランスジャーナリストに対しても記者会見をオープンにすること。
そして、日本版FCCを創設して総務省が握っている放送許認可権を取り上げるとしたら?

現今のマスメディアはその既得権を大幅に奪われることになるわけで、彼らがその点に気づき始めているのだとしたら、すでに民主党に対して警戒心が顕わになっているということなのかもしれません。

傍観者的な物言いで申し訳ないですが、ここにも官僚以外にも既得権闘争があったと分かるわけで、今後マスコミはどうやってその意味合いを隠しつつ、権力を握った民主党と対峙することでしょう。
それが外部にも見えてくることを願いながら。この綱引きに民主が勝てるか、懐柔されてしまうのか。今から手に汗を握っております。

資料:大手メディアがけして報じない「メディア改革」という重要政策の中身。神保哲生
http://diamond.jp/series/admin_change/10005/

報道姿勢が、財界や富裕層の意向に左右されないようにするためには、どうすればよいのだろうか。

>年収数億円の古館伊知郎や数千万円の星浩

テレビが新自由主義路線を賞賛するのは、
テレビキャスターたちやテレビに出てくる識者たち、そしてテレビ局幹部は、
累進税率を強められたりすると困る高額所得者の人たちばかりだからかもしれません。
もちろん、法人税率を引き上げられたら困る、
労働規制を強化されたら困る、
最低賃金を引き上げられたら困るスポンサーの人たちの意向も反映しているのかもしれません。
テレビ報道や彼らの発言はそのへんを割り引いて考える必要がありそうです。

ただ、現実は、多くの視聴者は、そのへんを割り引いて視聴しているわけでなく、
新自由主義宣伝のシャワーを連日無自覚に浴びている。

テレビが、「いろいろ批判されたりするけど、『小泉改革』は間違っていない」
というスタンスで持論・反論を展開するディベートの達人、竹中平蔵氏を重宝するのも、
彼が、新自由主義を宣伝するには打ってつけの人物だからでしょう。
彼の滑らかな弁舌に思わず頷いてしまう視聴者も多いのだろう。
(8月31日の開票速報番組でも、同氏はテレビ東京系の番組に出演していました。)

つまり、自民党が新自由主義路線を取れば、
自民党は、これらテレビと富裕層と大企業、そして「竹中氏の滑らかな弁舌に思わず頷いてしまう視聴者」
から支持を調達できるのです。

国民の支持を調達するもうひとつの方法は、
排外主義的ナショナリズムや人種・民族差別主義(レイシズム)の扇動です。
日教組や「在日(朝鮮人・韓国人)」などを「反日勢力」と決め付け叩くという手法。
ネット右翼のひとたちが日夜、やっている手法です。
「反日勢力」に対して、毅然たる姿勢を取り、国民としての誇りを喚起することによって、
支持を調達する「負の統合」路線です。

財界・富裕層・テレビの支持を調達する新自由主義路線+保守・右派層の支持を調達するナショナリズム扇動路線=ネオコン路線。
安倍元首相ら自民党右派が推進しようとしている路線です。

>首相は「自民党支持率が低下する原因は保守の魅力を十分に発揮できなかったことだ」と断じ、
>保守政党としての出直しを表明した。
>社民党を組み入れた新政権はリベラル色を強める公算が大きく、
>保守色を強めることが政権奪回の近道だと考えているからだ。
>首相の盟友である安倍晋三元首相も「外交・安全保障、教育などの政策で民主党との違いを鮮明にさせるべきだ」
>と同調するが、リベラル勢力からは「安倍-麻生路線はまっぴら」(党中堅)との声も上がり、足並みはそろいそうもない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090831/stt0908312042011-n3.htm

もちろん、上記記事のとおり、党内に異論もあり、はたして自民党がいかなる路線を採るか、まだ不明。


さて、大マスコミ、とくにテレビをどのように改革すべきであろうか。
報道姿勢が、財界や富裕層の意向に左右されないようにするためには、どうすればよいのだろうか。

そのためには、テレビの大スポンサーである大企業の影響力を相対的に低下させる必要があると思います。
なにかよい方法はないでしょうか・・・

以下、ご参考に。

“奥田発言”に早くも腰が引けているテレビ局(ゲンダイ)
http://yuubetsuyo.exblog.jp/8998067/

竹中、パソナ会長就任で手に入る巨額報酬
http://news.livedoor.com/article/detail/4323693/

「行動する保守」と称する極右グループが民主党を攻撃しています。
いわば“街頭”に飛び出したネット右翼のひとたちでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=GnleraW5QO4
若い人たちが参加している点が気になります。
やっぱり、若者の極右化がすすんでいるのでしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=suN-OifISOY

No title

福田衣里子さんの演説は、庶民の声を自らの声とする者が発する、本物の力に溢れています。彼女の本心とその言葉が一体であることを感じさせます。素晴らしい。
本心とは別に上辺の言葉を操って人を煽る、詐欺師まがい人たちにとっては彼女のような存在は脅威でしょう。本物の言葉を発する政治家にふれた人々は、偽者を容易に見抜くことができるようになるからです。
彼女のような人を、市場原理主義によってばらばらに分断された人と社会をつなぎ、共同体を再興させることができる言葉を持った本物の政治家を、私たちは大切にしなければなりません。

福田さんは

まだまだこれからだと思います。

彼女の言葉が素晴らしいのは、まだ色んなものに毒されておらず
純粋に自分の根っこから紡いでいるからでしょう。
しかし、その資質がこれからどのように花開いていくかというとまだ解りません。

福田衣里子さんの演説に感動しました

 福田衣里子さんの決起集会の演説をYouTubeで見てきました。感動的な演説ですね。同じ内容は他の民主党員でも話せるでしょうが、彼女の決意がひしひしと伝わってきます。私も、彼女のような人が首相になって日本をリードしていってくれることを期待します。
 福田衣里子さんの考えは、民主党よりも社民党により近いですが、もしも社民党から立候補していたら当選できなかった可能性が高いと思います。その意味では、小沢一郎に感謝です。今回当選した民主党の若い人たちには、彼女のように考え方が社民党に近い人たち(ブログ主の言うところのBブロック)が少なからずいます。今回の選挙結果をみても、今後は社民党や共産党に期待するよりも、民主党の中で考え方がBブロックに近い人たちを応援していくことの方が現実的な方向性だと思います。

No title

 似た様なURLを見付けました。
http://agora-web.jp/archives/734522.html
結局、「言わせて放って置く」しか無いですね・・・。

福田氏を「現在のマスコミに取り込まれない」様にするしか無いでしょう。「金曜日のスマたちへ」に出演して「付け上がった」、姫井由美子氏の例もあります。政策の勉強に徹して、地道に国会議員活動をすれば良かったのに、TVに出る事を優先して「有名芸能人」と勘違いして自滅してしまいました。

福田氏と姫井氏は違いますが、先日の「TVタックル」に出演した原口氏・山井氏・長島氏・松原氏の様に安易に出演せず、もしくは小沢氏の様に「場を選んで」TVに出演する様にし、地道に国会議員の活動をして頂きたいと思います。

山井氏が妙にニヤついていたのが気に成っていましたが、翌日の「クローズアップ現代」に出演していたのには仰天しました。

NHKの取材の後、生放送の「TVタックル」に出演したのだと考えられますが、「失業・自殺」問題に言及したのを聞いて、「こんな番組に出ている場合か!」と思いました。大衆の生活が逼迫しているのですから、もうTV番組に出るのは一切止め、国会議員活動に専念して欲しいと思います。こんな番組は、「野党の愚痴」だけで良いと思います。

最も、三宅氏が自由民主党議員に「首班指名で鳩山由紀夫に投票しろ」と呼び掛けていたのにも、開いた口が塞がりませんでした。

でも、三宅氏は福田氏についてかつて「民主党はいい人材を見付けた」と言っていたのは、意外でした。

そう言えば、鳩山氏は野田佳彦氏に7年前に「突き上げられ」、民主党代表を一度辞めた事がありました。鳩山氏は「改憲派」でしょうが、野田氏等の「新自由・新保守主義者」とは割りと、「合わない」
のかも知れません。報道は当時何故か、野田氏等の肩を持っていました。後年、野田氏が「偽メール騒動」で痛い目に遭うj事は想像していなかったでしょうが・・・。

「新自由・新保守主義」が駄目になったのが明らかに成ったので、鳩山氏にとっては「やり易く」成ったのかも知れません。

 鳩山氏は麻生氏とは違うと思いたいですが・・・。

以下のURL参照;

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/27/news014.html

国会中継を全委員会で公開し、「全議員が何をしているか」解るようにすれば良いと思います。そうすれば、「議員定数の削減」と言う安易な発想は出ないと思います。多くの国会議員で取り組まなければ、官僚を制御出来ません。「少ない『人気』国会議員」だけでは「良い政治」は無理だと思いますが・・・。

No title

小泉以降、いや中曽根以降の小さな政府=新自由主義改革が現在の自民党の凋落を招いたのは明らかでしょうに。
特に小泉以降は、支持基盤や国民生活の切り捨てを大胆にやりましたから。
自民をぶっ壊すと言ったのは伊達や酔狂じゃあ無かったんですよ。
改革をやればこうなる事は始めっから分かってたんですね。
星氏も分かってて言ってるんでしょう。
その裏では小さな政府を掲げるならマスメディアが再び自民を持ち上げてやろうと言う含みがあるんじゃないでしょうか。
一方で盛んに鳩山バッシングをやっていますね。
おそらくバックにいるであろう米国の意図でしょう。

福祉ヤクザを提訴した

これもカミングアウトですが ホームレスを喰いものにする貧困ビジネスの最大手・SSSを二度も提訴しました 被告の代理人は六本木ヒルズの弁護士 これも二度共に「追って認否」でした。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/snotoubensyo001.jpg.html
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/32088toubensho001.jpg.html

愉しいのはこの組織(4千人のホームレスを収容)と行政の間の裏金作りの証拠を突き止めたようです 秋口にこの虚偽公文書行使を東京地検特捜部直告班に刑事告訴します。
入所日は5月1日とあります。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/otu1005.jpg.html

受給開始日は・・・
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/29814gjunbi3009.jpg.html

SSS訴訟総集編
SSSには、年間に38億円近くもの金が流れ込んでいます
生活保護費は、勿論、税金によるものです 全てが明らかにされない実態と行政の対応は?
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/sss-soushuhen001.jpg.html

プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。