スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代と政治理念 ? 住沢博紀、ルジャンドル、山口二郎

政権交代と政治理念_1本日(8/27)の朝日新聞には、民主党が320議席を獲得するという選挙情勢が一面に出ているが、それ以外に、非常に注目すべき選挙関連の特集記事が国際面(11面)に載っている。3人の内外の国際政治の専門家による衆院選に対する論評が紹介され、その中の、特に住沢博紀(日本女子大・政治学)とジョエル・ルジャンドル(仏RTL日本特派員)の二人の議論が素晴らしい。久しぶりに朝日新聞紙上で納得できる政治評論を読むことができた。住沢博紀の名前は初めて見たが、日本の現実政治に対する基本視角は私と殆ど同じで、こういう政治学者がいたことに率直に驚きを感じる。もうアカデミーから絶滅していなくなったと思っていた。引用しよう。「欧米の主要政党には固有のプリンシプル(基本理念)とプログラム(基本政策)がある。米国では日常的に人々の価値観と各政党が結びついている。欧州でも伝統的に各政党の理念は国民にとって自明なものだ。これを土台に選挙前に示されるのがマニフェストである。かたや日本は、郵政民営化が争点だった05年選挙で大政党が自由主義に近い立場で戦い、今回はその反動で『社会的な問題に配慮する』と口をそろえる」。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

少し付け加えますと、日本の政治が保守包括政党の一党支配になるのは、日本の社会が英国や米国と異なって、国民全体の文化的階層的な均質性同質性があるからで、一昔前で言えば、一億総中流の黄金の中産階級があったからです。戦後日本はそうした社会が目的的に構築されたし、その下敷きは明治国家の四民平等と国民皆兵と国民教育に遡るし、さらにその土台は、身分制社会においても有能な百姓町人に名字帯刀を許してガバナンスやエニジアリングに参加させていた江戸期の幕藩制の(差別的平等の)実態があります。労働党と保守党の二つに自然に分解する隔絶的な階級社会の歴史的前提がありません。

日本はヨーロッパとは違う。近代国家の成り立ちが違い、民主主義政治の条件が違う。英米の二大政党制はイデーのレベルから出発したのではなく、歴史がそれを作り上げているのです。他国が歴史的に作り上げたシステムを世界標準のモデルとして崇めて導入を図ったのが「政治改革」で、それは、戦前戦後の日本の左翼がソ連の政治体制を絶対的なモデルとして賛美し導入しようとしたのと同じでした。今でも、日本の政治学者は、何かあると「英国では」と言い、英国政治の経験と制度の知識を日本の「政治改革」を正当化する説得力にしています。なぜ日本が英国の政治システムを採用しなくてはいけないのですか。ソ連は論外としても。

私は、前の記事で、真の政権交代はテレビの政権(田原・古館・岸井・三宅・たけし)を交代させないかぎり実現しないと言いましたが、テレビの政権以上に、アカデミーの政権交代が必要なのでしょう。現在の政治学のアカデミーは、20年前から15年前の「政治改革」を絶対善とする集団が支配し、言わば「政治改革」の永久革命を続けています。この永久革命が続くかぎり、国民の権利(特に生存権)は削り取られ、国の主権者ではなくなってゆき、経団連の奴隷にされてゆくのです。現在はモデルどおりに定着しない二大政党制が、日本で英米的にスムーズに実現し機能する条件があります。それは、外国から1千万人の移民労働力を輸入することです。そうすれば、新自由主義のレジームは完成し、日本は英米型の社会になります。「共和党」的な政党が出現し成立する基盤ができます。


政権交代と政治理念_z


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

日本で二大政党制は可能でしょうか。

はじめまして。
有料化以前に愛読していた一読者です。
本日、失礼ながら無料で全文を読ませていただきました。

私は日本で二大政党制が可能なのか、ずっと疑問に思ってきました。日本の二大政党制は理念対立の二大政党制ではなく、二大派閥に過ぎないとの趣旨に大いに賛同、喝破していただいた思いです。自分で自分のブログに書きながら上手く言い表せない表現であったものを的確に指摘していただき、ありがとうございます。

また、もうひとつ。思うに二大政党制は基本的に英米二国の文化的背景(必然)あっての政治制度であり、世界の主流とまでは云えないと思う点において、ブログ主さんが書かれている後段の文章にも共感を強く覚えます。

ただ、朽ちる権力亡者の自民党に私どもは散散にされ、その後に変わる政権の選択肢がいまの現状であれば、とりあえずいま予想される結果に落ち着かざるを得ないのが今回の選挙なのでしょう。

今後、まず私たちは生活者視点から新しい政権政党を監視し、その上で何らか日本人に見合った権力、それは私は基本的に連立政治だと思っていますが、日本人の間尺に合う選挙制度も検討していかねばならないのではないでしょうか。

いまの選挙では死票が多すぎて、かつ政党の選択の幅が無さ過ぎます。オセロゲームのような、バンドワゴン現象が選挙で起こり続けるさまは不健全だと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。