スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山代表は8/30夜に勝利演説を - 投票率が70%を超える根拠

勝利演説_1本日(8/20)の朝日新聞の1面に選挙情勢記事が出て、「民主、300議席うかがう勢い、自民苦戦、半減か」とある。同じ記事はネット上でも配信されているが、掲示されているグラフが実際の新聞紙面と微妙に違っている。ネットの棒グラフでは民主党は310議席ほどのラインを示しているが、新聞の棒グラフは320議席の近辺がグラデーションの堺界になっていて、媒体で数値を操作している可能性が窺われる。この予想は、週刊文春の最新号で宮川隆義が最終版として出した291議席より多く、週刊現代の驚愕予想の方に接近している。新しい予想ほど民主党の議席が多くなる。通常、朝日新聞の世論調査は民主に高い数字を出し、自民に低い数字を出すことが多い。8/15・8/16の世論調査でも、比例代表の投票先が民主40%自民20%となっていて、同時期の共同通信の世論調査の民主33%自民17%と比較しても、朝日の民主優位予想は際立っていた。だが、情勢はここからさらに動く。新聞とテレビの議席予測は朝日を皮切りに始まり、各社が同じ傾向を報道して、ここから勝ち馬に乗る動きが加速されるのである。現在の日本の選挙では、古典概念的な「アナウンス効果」の反作用はなく、逆に勝利を予告された側に突風と雪崩の現象が起きる。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

中森明菜は詩人ですね。詩人はいつまでも若い。NHK「SONGS」後編を見ましたが、圧倒されました。いま44歳。年を重ねてもどんどん美しくなり、かわいい女になって行く。まるで十代の少女のように、目がきれいに輝いて、言葉もていねいで素直で、笑顔がシャイで蠱惑的で、心の純粋さがあらわれている。彼女は自分の限界をよく知っていて、同時に自分の才能を信じていて、一日一日をひたむきに生きている姿勢が伝わります。歌声に全盛期のボリュームやエネルギーはなくなりましたが、歌への真剣な取り組みが説得力になって、聞く者を彼女の内面世界に引き込み感動させます。絵になる魅力的な歌手ですね。「SONGS‐中森明菜」の前後編は傑作です。

記事では、今度の投票率が70%を超えると予想する根拠を三点上げました。?投票率67%を記録した4年前の郵政選挙時よりも、景気も生活の状況も深刻に悪化し、国民が政治の変革と救済を強く求めていること。特に小泉改革に裏切られた怨嗟と悔恨が投票の動機づけになっていること。?昨年の米国の大統領選において米国民が戦後最高の投票率でオバマ政権を誕生させた瞬間を目撃、日本国民も世界の潮流が変わったことを確信したこと。CHANGEの動きに続こうとしていること。?昨年9月の福田辞任の政局以降、延々と1年間もロングランの選挙戦が続き、「政権交代」への関心がひたすら圧縮されていて、それが爆発的に噴出して投票率を押し上げること。以上です。


勝利演説_z1勝利演説_z2勝利演説_z3



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

相変わらず頓珍漢なご意見ですね。

NHKの大河ドラマのパクリで、「友愛」「愛のある政治」を連発する鳩山さんのスピーチが、有能なスピーチライターの仕事なんですか。

細川政権の芝生での乾杯なんて、そらぞらしいだけ。あれこそ政治のダッジロールの幕開けを象徴する、中身のない演出でしたね。

刺客オバさんを「ギャル」なんて呼ぶ、墓場に片足つっこんでいるかのようなジョークのセンスといい、筆者は相当のおじいさんのようですね。管理画面に出てくる白人の美男子の写真を見ると、哀しくて涙が出そうです。

ご本人とは似ても似つかない、なんの関係もない有名人の写真をはるところに、コンプレックスの強さが出ていますね。

私のような否定的な意見を決して公開せず、「お申し込みありがとうございました」なんて、さも読者がたくさんいるかのような、むなしい「演出」されるのも、筆者の度量の狭さと自信のなさを象徴してると思います。

反貧困を象徴する地へ

屋外で演説を行うのであれば、反貧困の聖地「日比谷公園」が最適ではないでしょうか。可能であれば事前予告を行い、多くの人で溢れかえるようにして欲しいです。

民主党でいいのですか

 政権交代がなった瞬間に、オバマ大統領のように国民全員に勝利宣言をするのは、党首の人物が同等程度であれば、たいへん結構だと思います。
しかしながら、つい先日まで、民主党のマニフェスト批判や、その前まで延々民主党の批判をされていたのを読んでいたこのブログの一愛読者としては、この記事は、肩すかしどころか、大きな疑問符の出現です。この記事のなかでもマニフェストの中途半端なことに再度言及されていますが、その政党が、膨大な得票率でそのまま政権を握ったとき、党内幹部の顔ぶれを見ても、最大限に自信過剰な、傲慢な政党になることも危惧します。
これから本当に国をまかせていい政党になれる可能性があるならば、文句を言う筋合いはありませんが、世に倦む日日様はその辺りをどうお考えなのでしょうか?やはり、とりあえず政権交代がなったから、それでよくて、そのあとグラジュアリーに変わるだろうということでは、なんとも納得できないのですが。 NY金魚
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。