スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党を再生する方法 - 鈴木宗男を総裁に、亀井久興を幹事長に

鈴木宗男_1お盆を過ぎ、陽射しの厳しさに衰えはないが、乾いた空気が入って蒸し暑さが和らぎ、外を出歩いて酷暑を感じない気候になった。今年は秋が早いのかもしれない。4年前は、9月に入ってからも真夏の暑い日が続いていた。そして、「小泉劇場」の熱気と興奮が9月末まで続いていた。週刊現代ほど過激で極端ではないが、新聞や雑誌の選挙予想は概ね民主党の圧倒的優勢を伝えている。私自身は、週刊現代の驚愕予想についても必ずしも根拠のないものだとは決めつけず、4年前の自民党がそうだったように、今回も民主党の選対が予測を誤るほどの大差が開く可能性は十分あると考えている。共同通信の電話世論調査(8/10)では、比例の投票先の回答が民主34.1%/自民13.3%となって3倍近い差が開き、小選挙区の投票先でも民主候補35・2%/自民候補14・8%と倍以上開いている。共同通信の世論調査をそのまま小選挙区と比例ブロックに適用すれば、週刊現代の当落予想と議席数になる。共同通信の調査では、比例の投票先を「まだ決めてない」と回答した割合が38%残っている。問題はこの態度未定の票の行方だが、彼らが自民党に向かう可能性はあり得ず、投票日が近づけば近づくほど民主党へ流れ込んで行く。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

明日は公示日ですが、選挙の関心はすでに政権獲得後の民主党の政権運営と野党に転落した自民党の行く末になってきました。マスコミは、財界の意を受けてでしょうが、必死になって民主党に消費税増税をさせようとしています。このところ、「国民は消費税増税を求めている」という「世論調査」をマスコミが活発に流すようになりました。4年前の「郵政民営化の賛否」を問うた「世論調査」と同じですね。

鈴木宗男_z2


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

-基本的に、政治家は声が大きくなければいけない。言葉が鋭く力

が籠ってなくてはいけない。そういう政治家が今はいないのである。

官僚が書き上げた文章を棒読みする、ハードディスクに何も情報が

入っていない、フロッピー議員のどれだけ多いことか。そんなことだ

から、とんでもな漢字の読み間違いを繰り返してばかりいるのです

ね。

『言葉に力が籠る』とは、世に倦む日日様が繰り返し、繰り返しおっ

しゃられている言葉の質量のことですね。辺見庸の言葉で言えば、

『マチエール』。魂が揺さぶられ、心の奥底を突き動かすような言

葉。痛みを知らないもしくは知ろうともしない(imagineもできない)官

僚上がりとか、タレント、世襲議員には、そんな言葉を操ることなど

到底できないのでしょうね。

No title

良いですね~、鈴木宗男総理に亀井幹事長ですか。
財政担当に亀井静香氏もよろしく。
まあケインズ主義が大嫌いなマスコミや財界から総攻撃受けそうですがw
ところで民主党ですが、期待してたほどは景気対策をやらんようですね。
補正にも消極的なようです。
小沢氏が辞任して岡田氏が幹事長になった時点で嫌な予感はあったんですがね。
代わりに日銀に言う事を効かせて金融による景気対策をやりたいようですが。
念願の独立性を勝ち取った今の日銀が政府の言う事を聞くとは思えませんがね。
特に今の白川総裁はそうですね。
新自由主義が服を着て歩いてるような人らしいですからw
新自由主義改革をやるまでは景気の足を引っ張ってやるぞと思ってるでしょうw
彼のこれまでの言動や金融政策からそうとしか思えませんしね。
昨年の金融危機後、暮れごろまで世界中の中銀がジャブジャブに金融緩和してるのとは逆に資金を吸収しまくっていましたからね。
今年の4月のマネタリーベースの伸び率を日米で比較すると
日本が8%、米国が123%ですからね・・・
それでも米国はデフレだそうですが。
日本が戦後最悪のデフレ、そして円高・不況になって当然なんですね。
幾ら財政でどうにかしようとしても、一方の金融政策がこれではどうにもならんですよ。
いっそ政府紙幣発行か日銀法改正しないとどうにもならんでしょう。

自己責任原理主義者の舛添厚労相

>鈴木宗男を総裁に

いいですねえ。賛成です。
しかし、残念ながら、鈴木さんは、刑事被告人ですから、
実現可能性という点では・・・。
しかも、有罪が確定すると失職します。

>2008年2月26日に東京高等裁判所においても、控訴棄却となり、即日最高裁判所に対し上告した。
>2009年3月現在、鈴木は衆議院議員だが、仮に禁錮以上の有罪が確定すると失職する
>(公職選挙法第11条、国会法第109条)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%AE%97%E7%94%B7

しかも、残念なことに、現在、自民党総裁候補人気ナンバーワンは、
パフォーマンスに長けた新自由主義者の舛添厚労相です。
舛添さんが「人気ナンバーワン」になったのは、
テレビが持ち上げたせいもありますが。

テレビが小泉元首相や竹中元総務相など新自由主義政治家を持ち上げるのは、
テレビキャスターたちやテレビに出てくる識者たち、そしてテレビ局幹部は、
累進税率を強められたりすると困る高額所得者の人たちばかりだからかもしれません。
もちろん、法人税率を引き上げられたら困る、
労働規制を強化されたら困る、
最低賃金を引き上げられたら困るスポンサーの人たちの意向も反映しているのかもしれません。
テレビ報道や彼らの発言はそのへんを割り引いて考える必要がありそうです。

>「舛添首相」がトップ、党内に待望論も 産経FNN世論調査
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/269287/

その彼が、以下のような発言をしました。

>怠けている連中に税金払う気なし 厚労相、『派遣村』で言及
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009081902000053.html
案の定、「派遣村」を誹謗中傷していたネットウヨクの人たちは、
舛添発言に拍手喝采です。

それにしても、なぜ、彼らは貧困層が憎いのでしょうか。
そして、自民党を熱烈支持しているのでしょうか。
アメリカの共和党を熱烈支持するプアホワイトの人たちもそうですが、
「貧乏人がさらに貧乏な人たちやマイノリティーを叩き、富裕層優遇の政権を支持する」
という構図が日本でもあるのかもしれません。

>今回は共産が小選挙区から手を引いている

共産党の小選挙区立候補者数は、152名ですね。
前回と比べて、ほぼ半減です。半分強。
http://www.tbs.co.jp/senkyo2009/candidate/
ちなみに、社共競合区は、次の通り。 

         社民   共産
北海道2区 本田 由美  岡 千陽
青森1区  渡辺 英彦  吉俣 洋
岩手1区  伊沢 昌弘  吉田 恭子
岩手4区  小原 宣良  瀬川 貞清
山形3区  吉泉 秀男  長谷川 剛
長野2区  中川 博司  岸野 正明
長野5区  池田 幸代  三沢 好夫
東京8区  保坂 展人  沢田 俊史
神奈川12区 阿部 知子  渡辺 慈子
愛知1区  平山 良平  木村恵美
京都2区  藤田 高景  原俊史
大阪10区  辻元清美  浅沼和仁
兵庫8区  市来 伴子 庄本 悦子
広島1区  上村 好輝  藤本 聡志
香川3区  米田 晴彦  近石 美智子
福岡11区  山口 はるな 山下 登美子
佐賀3区  柳瀬 映二  瀬戸 雄也

ほぼ同じ政策・主張を掲げている弱小政党同士の潰しあい。

総体として反新自由主義ブロックを増加させよう
という意思は両党には微塵もないようです。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。