スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/31反貧困選挙前集会の参加報告 - 森雅子の暴露と菅直人の約束

反貧困選挙目前_1昨日(7/31)、お茶の水の総評会館で反貧困ネット主催の「選挙目前!私たちが望むこと」の集会があった。午後7時開会で開場が6時半。参加者の出足がよく、6時40分に会場に着いたが、すでにほとんどの席が埋まっている盛況ぶりだった。参加者の数は350名。写真を見ると分かるが、壇上の左手前方に各党の政治家が並び、その奥に主催者の宇都宮健児と河添誠が座っていた。湯浅誠は総合司会役で、マイクのある会場左袖で起立したままだった。雨宮処凜が来てないな思っていたら、集会が終って会場を出たときにロビーで顔を合わせた。雨宮処凜とはよくこういう状況で鉢合わせになる。1/15の派遣法改正集会のときもそうだった。顔を揃えた野党の政治家は、菅直人(民主党)、大門実紀史(共産党)、亀井郁夫(国民新党)、保坂展人(社民党)。この種の集会のレギュラーである私の論争相手の彼女は今回欠席していて、やはりいるべき人間の顔がないと物足りなさを感じる。その代わり、今回は菅直人の隣に別の女性が座っていて、彼女の登壇が昨夜の集会のハイライトだった。自民党の森雅子、44歳。太田光のお笑い政治番組に出演したらしいが、私には記憶がない。反貧困なり派遣法改正の集会で自民党の国会議員を見たのは初めてである。驚かされた。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

当日、開会20分前に総評会館の2階に駆け込んだとき、階段を上がったところでPARCの内田事務局長と鉢合わせになりました。内田さんも集会に出られるのかと思ったら、201号室でPARCの別の会議が開催されていたようです。偶然でした。この総評会館に連合の事務局が入っているんですね。千代田線の駅の改札を出たすぐの出口を上がった真上の便利な場所です。建物の名前はさすがに変えなかったということでしょうか。ついでに、組織の名称も元に戻されたらどうでしょうね。歴史も一回転したことだし。労働組合も選挙制度の昔の方がずっとよかったと言っている私は、異常なアナクロ人間なのでしょうか。

反貧困選挙目前_z1
反貧困選挙目前_z2


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自民党マニフェスト 道州制導入時期明記

(1)橋下大阪府知事と経団連が強く望んでいた道州制を自民党がマニフェストに明記しました。
年限まで明記するなど大きく踏み込みました。
橋下知事らの支持を獲得する狙いが透けて見えます。

民主党も道州制を容認していますが、それは
「州を作りたい府県があれば、知事達で相談して作っても別にいいよ、
でも基本は基礎自治体がすべてをやるから州に大した権限は渡さないよ」という程度のもの。
(なお、民主党マニフェストは、道州制に言及していない)
橋下氏らが夢想しているものとはかなり違うようです。

道州制導入に執念を燃やす橋下知事は、
国並みの強大な権限をもつ「関西州」の「大統領」になる
という野心を抱いているのかもしれませんね。

参考記事
橋下知事「道州制必要」で一致 御手洗経団連会長と対談 09/07/25
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072501000241.html
【橋下知事・経団連会長の道州制対談】(3)
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090725/biz0907251401018-n1.htm
橋下知事、「私は焦りすぎかもしれないが、明日からでも道州制をやりたい」と発言。


(2)
>「政権交代」に全幅の信頼を置けるのか。

私も、政権交代すればバラ色だとはとうてい思えません。。
しかし、自公政権の続投はNOです。

まず第一に、この4年間の失政、いや、2001年小泉政権発足以降の失政の責任をとってもらわなくてはなりません。
重大な失政を犯したら、必ず国民はその与党を下野させる。
そういうメカニズムをこの国に定着させていかなければならないと思いますし、
今回がその最初のチャンスかもしれないのです。
政権交代の意義はそこにあります。
「失敗したら、選手交代させる」ということです。
もちろん、「民主党・社民党・国民新党・新党日本+α」政権が期待を大きく裏切ったら、
次の次の総選挙で厳しい審判を下すことが必要です。

「政権交代のある民主主義」をつくり、
政治家たちに緊張感をもたせ、
政治家たちがもっと人々の生活の実態や声に目を向けるようにする、ということです。

どんな悪いことをしても、どんな失政を犯しても、どんなに国民の期待を裏切っても、
看板が変わるだけで、政権は交代しない。こういう体制がつづくようでは、
政治家は、底辺の国民の暮らしに目を向けることはありません。

第二に、反新自由主義側にとって、政権交代をよりよいものにするためには、
社民党や共産党が党利党略を捨て、国民のための政策を実現することを最優先させる行動を取るべきです。
共産党が「確かな野党路線」から「建設的野党路線」に微修正しましたが、不十分です。
閣外でも閣内でもいいですから、政権入りすることです。
共産党は政権を担うという責任から逃げないで欲しい。
もう何十年間、野党をやっているのでしょうか。
弱小万年野党では、何もできないことが、新自由主義が吹き荒れたこの10年間の歴史が物語っています。

公明党、ネオリベ派の「渡辺グループ」、そして極右の「平沼グループ」にキャスティングヴォートを握られてはなりません。
そのためにも、
・「民主党・社民党・国民新党・新党日本+α」側の圧勝
・民主党左派と社民党の伸張
・共産党の政権入り
を反新自由主義勢力は目指すべきではないでしょうか。

反新自由主義側は、今は同床異夢ですが、
政策実現、つまり、派遣法改正、
セーフティネット拡充(雇用保険法の改正、失業扶助制度の創設、生活保護法改正=“水際作戦”禁止等々)
そして、湯浅氏ら要求の「貧困率の測定をし、削減目標を立てること」などを実現しやすい
政権をつくることで努力するという点で一致できないものでしょうか。

記事とは直接は関係ありませんが

最近衆議院選の予測サイトを見ています。
1つはすべての小選挙区と比例を予測するサイト。
予測者全員の平均も公開しています。

http://f15.aaa.livedoor.jp/~tokuou/senkyo2009/shuuinsen.cgi?mode=ichiran

もう1つは株と同じように各政党の議席数を買ったり空売りしたり
して、資産を増やしていくサイト。

http://shuugi.in/

どれくらい当たるのか最近注目しています。

----------------------------------
記事のほうでびっくりしたのは、やはり自民党の方が
参加していらっしゃったということ。いろんな方が
いらっしゃっるのですね。

個人的には民主党に期待しているのですが、前原さんと
菅さんですと、考えがずいぶん違うのではないかと感じます。
どうして同じ党にいるのでしょうね?小選挙区制の弊害でしょうか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

>この議員連盟の民主党代表が枝野幸男で、東北大学法学部で森雅子と同期である。

その枝野・森と東北大法学部で同窓・同クラスだった者です。当時の彼らの言説を知る立場から一言発言させてもらうと、自民党所属の彼女が、菅直人よりもリベラルな立場から反貧困集会に参加して発言をしているという事実には、まったく違和感を感じません。「反貧困には党派の壁はない」という森さんの発言に裏・表はなく、額面通りに受け取ってもよいでしょう。在学当時は、むしろ政治家志望の枝野のほうがバリバリの保守反動でした(笑)。
ネット上には、とても彼女を信用できない情報ばかりが溢れているというけれど、そもそも自民党に籍を置いているのは、自らの主張を実現するには政権与党に身を置いたほうが有利という方法論の問題に過ぎない。サラ金問題での弁護士としての取り組み実績からも、彼女の言説には信頼が置けると思います。
トップの写真でも明らかなように、アラフォーにしてその美貌はますます健在。次の次の首相候補の大穴としてマークしておきたい特注政治家だと思います。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。