スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

争点は「政権選択」 - 鳩山民主党の選挙テーマは「官僚主導打破」

解散_0解散がされた。今、民主党は比例ブロックの名簿作成に大車輪の最中で、選対本部は不眠不休の突貫作業が続いているだろう。4年前と逆の風が激しく吹き荒れ、今度は民主党が限度いっぱいまで名簿に名前を登録する必要に迫られる。4年前の杉村太蔵のように、その辺をぶらぶら歩いている20代の若者を公募で捕まえてきて、にわか仕立ての候補者にして代議士様にするだろう。「政権交代チルドレン」が大量に誕生する。中国ブロックの名簿と順位はどうなっているだろうか。定員は11名。民主党は確実に5人を押しこむ。名簿に名前が載っていれば、2か月後に衆院議員になって赤い絨毯を踏む人になる。今度の総選挙の争点は「政権選択を問う選挙」で確定した。争点をオーソライズするのはマスコミである。今回、この争点設定を自民党も受け入れざるを得ず(7/21の細田博之の対応)、NHKの7時のニュースで公式に固まった。最早、誰もこの争点を動かせない。言うまでもなく、この争点は民主党が勝利する戦闘の陣形であり、民主党の勝利へと結果がネイティブに導かれる選挙のパターンである。公式に設定された争点は勝敗の行方を大きく左右する。2年前の参院選は年金問題が最大の争点になった。4年前の衆院選は郵政民営化の是非が争点になった。   

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

皆既日食はご覧になりましたでしょうか。夜のニュースで、民主党の比例ブロックの候補上積みの件が報道されていましたね。4年前と同じように、これまで地域で何も活動をしたり貢献をしたことのない人間が、バタバタと候補者に粗製乱造されて当選する姿が、果たして本当に民主主義的な政治のあり方と言えるでしょうか。民主党のことだから、外資系金融機関の20代とか、松下政経塾出身者だとかマスコミ出身者だとかで積み上げるのでしょうが、4年前の杉村太蔵の応募の動機が「料亭に行ってみたかったから」で、それを堂々と言いながら、傲岸不遜にマスコミ記者を睨みつつ小泉チルドレン様をやっていたのを思い出すと、8月末から9月上旬にかけて再び嫌なものを見る予感がして気が滅入ります。

今度の都議選の結果を見ても、古株の自民党議員の支援者に同情する気分が起きないでもありません。告示の数日前に急に20代の新人が出てきて、それが選挙区とは縁もゆかりもない人間で、地域の人々の仕事や暮らしや結びつきを何も知らない人間だったりすると、この選挙結果で本当にいいのかなと思います。4年前の郵政選挙のとき、小泉純一郎が刺客を送り込むのを見ながら、国政選挙なのだから、小選挙区の候補者を地域出身者とか地域関係者から選ぶ必要は全くなく、党本部が自由勝手に候補者を選挙区に送り込めばいいのだと政治評論家たちが言い、それが英国の選挙のやり方だと政治学者たちが正当化していました。私は首を傾げますね。何でも外国をモデルにすればいいというものではないでしょう。

週刊文春が最新の選挙予想を出していますね。自民155議席vs民主261議席。


解散_z01解散_z02


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

世に倦む日日さまの状況分析を、毎回、興味深く拝見しています。

気になるのは自民党の動きが見えないことです。私も当初、世に倦む日日さまが指摘した「総総分離」の線でいくような気がしたのですが、この可能性はなくなってしまったように思います。

マスコミが吹かしている風を考えると、自民党は第二党に転落する可能性が高いにもかかわらず、危機感が伝わってきません。何か秘策があるのでしょうか。

また、昨日、BSフジのニュース番組に共産党の志位委員長が出演していましたが、党名に異様なこだわりを見せていましたね。これでは、とても社民党との統合は無理でしょう。場合によっては、両党とも、さらに議席を減らしそうな気がします。

事実上の争点喪失

前回の衆院選と同じ構図に辟易しております。大概の他人は、「政権交代」に前向きな姿勢を感じ、高揚感を覚えているようですが、全く馬鹿げた話です。無血革命や維新などと言ってる方々の気が知れません。地域に根ざすこともなく、政治も知らない者が国会議員になって、何ができると言うのでしょうか。

若い立候補者は、一部を除き就職先の一つとして、民主党に擦り寄ったようにしか見えません。ただそれを選出してしまう国民も相当に罪深い存在であります。福祉国家の樹立を夢見ながら、批判的想像力を持たず、新自由主義勢力に投票行動を取ってしまう様は、まさに小泉劇場の再現ではありませんか。

常日頃感じるのですが、日本ではメディアが宗教の代わりを果たしているように思えてなりません。テレビ局と新聞社は、さしずめ傀儡廻しいったところでしょうか。支配者にとっての国民とは操り人形であり、観客もその劇の一部に他ならない。今後の日本の行く末に絶望しか見出せず、日々海外移住を夢想してしまう自分を情けなく思います。

どうなるの!

 自民党の断末魔の叫びは、茶番劇レヴェルにも届かず、実に醜悪・愚鈍な芝居で、すでに幕を降ろしたと感じております。特に首相の「泣き」場面など、小学校の学芸会以下の演技で、いままでの傲岸不遜の表情をまったく変えずに、泣きまねで国民がだませると思い込む神経が、すでにかなりオ・カ・シ・イ、と思いませんか。もっとオカシイのはかれの所属する団体の構造的問題で、半世紀以上もこの構造を変えようというアイディアが出て来なかったことです。まだ旧財閥系の企業の方が、いろいろ頑張って刷新に努めている感じがします。4年前の、この政党内部からの「構造改革」は、いったん成功したように見えましたが、実は当時の野党の発想の物まねだったから、まったく掛け声にすぎず、その後の数の部分での成功が、よけい構造の基軸を錆びつかせることになったわけです。

 昨年度の米共和党政権末期の醜態より、群を抜いての醜悪さで、正視できない状態は、全員の気持だったのではありませんか。世に倦む日日さんが言われていた、「総総分離」という発想も、少数の比較的アタマのいいひとが考えたとしても、体質が既に末期的で、まったく無理だったということではないでしょうか。集団自殺とか自爆とかいう言葉さえカッコよく感じるほど、むなしい一国の政権政党の最期でした。

>今回の選挙には、4年前の時のような緊張感や危機感が私の中にない。使命感や悲壮感を湧き立たせるものがない。

 問題は、それだけのチャンスを与えられた、次に政権党となる人びとの考え方ですが、アメリカから見て漠然と感じるイメージは「寄せ集め」ということでしかありません。おっしゃるように「新自由主義」を踏襲するのであれば、断固反対しなければなりませんが、寄せ集めの力関係で、政権を取ってからの方向転換、ということは考えられないのでしょうか。こちらも選挙準備だけには忙しくても、政策がない、という意味で旧政権党といったいなにが変わるの、ですよね。なんともやり切れない蒸し暑い夏ですね。

 大統領の変わったアメリカは、あいかわらずの不景気で、失業率もどんどん上がっていますが、最近の政治は昨年度とうって変わった安定感を感じます。庶民が政治のことを考えなくていい社会が理想の政治形態、とはだれかの言ですが、もしオバマが登場していなくても、ヒラリーが頑張っているはずです。そういったスーパースターを産み落とせない国の体質が、このような状況を生みだしたのかもしれません。

 もうひとつ、マスメディアの暴走を語られていますが、これも当事者たちが、まったく権力暴走だと気づいていない部分で、権力欲しかない政治家と同罪です。
当方のブログにも、マイケル・ジャクソン氏をサブテーマにメディア論をつづけています。お時間があればお立ち寄りください。 NY金魚

まだ諦めない!

共同通信のトレンド調査では「この選挙で、あなたは何を最も重視して投票しますか」という問いに、年金や医療など社会保障40.9%、景気や雇用30.7%のふたつが飛び抜けて多く、次いで消費税など税制8.4%が続き、地方分権や行政改革は6.9%にすぎません。これが新自由主義によって生活を破壊された国民の思いです。

民主党が政権党となったときにはメディアが好きな「現実路線」に舵をきることになると予想されますし現にそうなってきていますが、さりとて自分たちを勝利させた国民のこれほどはっきりした思いをどれほど無視できるものでしょうか。無視すれば、急速に支持を失うことぐらいは彼らにも分かるのではないでしょうか。買い被り過ぎですかね。

共産党の建設的野党路線を民主党に対する媚だと見ることは可能ですが、一方で国民の思いを民主党に言う勢力は必要だと考えます。我々国民もそうした勢力を構築して言うべきです。政権交代がプラスになるかマイナスになるかは、ひとえにこの物言いの強さによると思います。Bブロックの勢力が政権に遠く届かずとも、この物言いに参加してくれる勢力として存在感を示すことは可能です。そうなるかどうかは、すべてBブロックの選挙結果と選挙後の国民にかかっていると思います。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。