スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「派遣労働はなくさない」 - 民主党マニフェストのポイント解説集

派遣労働はなくさない_1b一昨日(7/19)の「サンデープロジェクト」に出演した岡田克也は、視聴者の前で「小泉改革は基本的に正しかった」と言い放った。新自由主義者としての本性発露の瞬間だったが、自分は「官から民への小泉改革は正しかった」と言いながら、自民党に対しては「小泉改革の総括が必要だ」などと衒いもなく攻撃の鉾先を向けている。マスコミに風を吹かせてもらい、投票前に圧勝を確定させてもらうと、何を言っても正義の味方の発言になり、勝者の凱歌になって許される。今回のマスコミの選挙報道の偏向は、4年前の郵政選挙よりも極端で甚だしい。完全に「政権交代」を既成事実化している。マスコミが仕切ってマスコミのために選挙をしているようなものだ。4年前も驚かされたが、不偏不党の原則は死語になっている。4年前も、そうしたマスコミの異常な偏向と誘導に対して異議を唱える声をネットで上げる者は少なかったが、今回は4年前以上に少なく、ほとんど誰もマスコミに抵抗や反論を試みていない。マスコミと一緒になって民主党の「政権交代」のお祭り騒ぎに興じている。「明治以来の官僚支配の打破」などと、4年前の小泉純一郎が「改革」選挙で唱えていたフレーズと同じではないか。4年前の郵政選挙でやった自民党の官僚攻撃のパターンを民主党がコピーペーストしているだけだ。   

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

長い選挙が始まりました。記事は、問題になっている民主党のマニフェストの「ポイント解説集」を取り上げました。その解説集には、有権者に内容を説明する「想定問答」が用意されていて、何と、「派遣労働はなくさない」「将来的な道州の導入も検討する」「改革は後退させず」と明記されているそうです。まるで、中川秀直か渡辺喜美の改革新党のマニフェストのようですね。経団連に対して(政権を取っても)「派遣労働はなくさない」としっかり約束したわけです。われわれ反新自由主義の立場の人間は、派遣労働を制度的に根絶して、格差社会を地上から消滅させたくて、そのためにネットで発言しているわけですが、この選挙ではどうすることもできなくなりました。ブログ左翼が金切り声で応援してる民主党は、「格差社会を維持する」と堂々と宣言しているのです。

記事本文にも書きましたが、今度の選挙で、共産党と社民党は議席を半減させることが予想されます。無党派の浮動票が右も左も民主党に流れ、二党の比例得票率を減らす結果に導くことを10日前の都議選が教えています。Bブロックの政治などとネットでいくら言っても、結局、落ちるところまで落ちないと、誰も真面目に動かないということでしょうか。テレビを見ていても、共産党も社民党も全くと言っていいほど危機感がないし、この選挙に向けて準備してきた戦略がありません。ある党はテレビ評論の小集団のようであり、ある党は趣味の伝統サークルのように見えます。何を考えているのでしょうね。万年敗者の彼らに危機感がないのは仕方ないとして、それでは、無権利状態のまま政治から放置されている派遣労働者や非正規労働者はどうすればいいのでしょう。


派遣労働はなくさない_z派遣労働はなくさない_z1


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

同床異夢のBブロック(反新自由主義)陣営

“同じ”Bブロック(反新自由主義)側といっても、
政党も個人もバラバラなのが現状。
ただ、共通している点は、衆院選前に新革新勢力の立ち上げに期待している人は、
ほぼ皆無に等しいという現実ではないでしょうか。
つまり、大半のBブロック(反新自由主義)側と思われる個人は、
既成政党を消去法的に選択せざるを得ないと思っているのかもしれません。。
(もちろん、積極的に既成政党を支持する人も)

著名な個人の例を挙げると、
湯浅誠氏「何度も政権交代が行われるべき。民主党には、その先鞭をつける役割を期待」(週刊現代09.7.18号)
森永卓郎氏「期待するのは社民党」(週刊現代09.7.18号)
反新自由主義の元外交官・天木直人氏「私は願う。民主党は来る総選挙でも圧倒的勝利をおさめてもらいたい」(7月13日付け同氏のブログ)
など。

で、私ですが、
私にとってのは、最善は、社共が合併して福祉社会の実現を目指すヨーロッパ型社会民主主義政党を結党し、
キャスティングヴォートを握ることです。
しかし、両党の姿勢・体質を見る限り、それは望み薄です。

そこで、次善の望み。民共社政権の樹立。
社共あわせて基礎票700万票台。
民主党と連立を組み、700万票台の基礎票を圧力に、
庶民が安心して暮らせる社会(福祉社会)実現のための政策をひとつひとつ実現していくのです。
民主党左派と組み、民共社政権を徐々にBブロック側に軸足を置く政権にしていく。
ゆくゆくは、民主党を欧州の社会民主主義政党が加盟している社会主義インターに加盟させる…。

私達の寿命には限りがある以上、この「民共社政権」樹立こそ、
Bブロック(反新自由主義)陣営の総選挙後の目標とすべきではないでしょうか。
今日明日の生活が苦しい庶民にとっては、たとえば
共産党幹部が夢想しているような「100年後」「200年後」の革命なんて悠長に待ってられないのです。
一般国民にとってそんな夢想は、意味がないのです。

「実践としては、社会・政治の問題がいつも最善と最悪の間の選択ではなく、
ヨリましなものの選択である(中略)
僕は少なくとも政治的判断の世界においては高度のプラグマティストでありたい」
(「ある自由主義者への手紙」丸山真男)

「ヨリましなもの」としての「民共社政権」・・・。

次に、投票しようと思っている政党は、社民党です。
政権交代すれば、「民主党・社民党・国民新党・新党日本+α」連立政権が誕生するわけですから、
総選挙前の目標は、反新自由主義の社民党の比重を重くしておく必要があります。
現在、わずか衆院で7議席。これでは、自分達の政策を民主党に呑ますには、なかなか難しい。
理想は、30議席くらい取れればいいのですが、それは無理。
せめて、二桁に乗って欲しいと思っています。
とくに社民党の小選挙区候補が、たくさん当選してほしいと思っています。

もちろん、私は「社民党信者」ではありません。
それどころか、社民党に対しては、じつはあまりいい印象をもっておりません。
私は、社民党は、労組のダラ幹と市民運動活動家の雑居政党であり、
政策実現よりも組織防衛に軸足を置いている腐敗臭漂う政党であるとみています。
世に倦む日日様から、福島党首は、アリバイ政治家だと批判されていますが、
そう批判されても仕方がないでしょう。
しかし、社民党が衆院でわずか7議席しかない弱小政党である、という点もどうか
ご考慮してくださるようお願いします。
また、同党は、腐っても日本唯一の「社会民主主義政党」。

鼻をつまんで同党に投票しようと思っています。
いわゆる「消去法」です。

「民主党・社民党・国民新党・新党日本+α」連立政権発足を想定し、
同連立政権内で、Bブロック陣営(社民党+民主党左派等)の比重を少しでも重くすること。
これを当面のBブロック派の目標としてはいかがでしょうか。総選挙投票日までの。

最後に、共産党。
共産党は、「確かな野党路線」から「建設的野党路線」に微修正したようですが、
さらに踏み込んで、総選挙後、「閣外協力」に踏み切り、
「派遣法の改正」「セーフティネットの拡充」等の政策の実現を積極的に図っていただきたい。
同党には、民衆の生活安定のために、建設的な対応を期待しています。

二つの失望が必要。

小泉路線の実験も、民主党の実験も必要だと思ってた。
小泉路線は予想どおり失望に変った。
そして、次の実験も失望に終わることで間違いない。
第三極の運動には、この二つの失望が必要なのである。
ジロー先生でさえ民主党が失望されることを覚悟しているではないか。

No title

ここまで、「絶望的」に成ると、何処かに「亡命」したい気分に成ります。だからと言って、国際的に「通用」する「技術・知識」を持っている訳でもありませんし、命を絶つ訳にもいきません。

この選挙制度では、日本共産党・社会民主党・国民新党等の、反「新自由・新保守主義」の「少数野党」の当選もおぼつかないので、「少しでも議席を増やす」為には、自由民主党が以前の総選挙で、「比例は公明に」と宣伝しまくった様に、民主党が「比例は野党に」と宣伝するしか無いと、思います。

勿論、民主党にその位の「懐の深さ」が有るのかは、別ですが・・・。

観客民主主義と世論操作

米国の碩学、ノーム・チョムスキーの「メディア・コントロール」という本を読み返しております。本書には、チョムスキーと辺見庸の対談があるので、本ブログに関心がある方は手に取ることをお勧めします。「観客民主主義(支配者による情報操作)」や「世論操作」などについてチョムスキーが述べた言葉が、本ブログの主張と全く同じことに驚かされました。以下にいくつか羅列してみます。

「国家による組織的宣伝は、それが教育ある人びとに支持されて、反論し難くなったら、非常に大きな効果を生む」

「組織的宣伝は民主主義社会にとって、全体主義国家にとっての軍事力や警察力と同じ機能をもつものである」

「広報のポイントは、『われわれの軍隊を支持しよう』というようなスローガンが何も意味していないというところにある。必要なのは、誰も反対しようとしないスローガン、誰もが賛成するスローガン(国民の生活が第一とか)なのだ。それが何を意味しているのか、誰も知らない。なぜなら、それは何も意味していないからだ。そうしたスローガンの決定的な価値は、それが重要なこと、つまり『私たちの方針を支持しますか』という問いから人びとの注意をそらすことにある」

「二大政党といっても財界という党の二つの派閥にすぎないのである。国民の大半は投票にも足を運ばない。わざわざ行くほどの意味があるとも思えないからだ。彼らは社会の動きから取り残され、うまいこと関心をそらされている。少なくとも、それが支配者の狙いなのだ」

「合意を形成できる人びとは、それをするための資源と権力をもつ人びと、すなわち財界人であり、残りの人びとは彼らのためにひたすら働くのである」

ざっと紹介しただけでも、明示的かつ正鵠を射た言葉ばかりが並んでいます。チョムスキーは徹底した自由主義者でありますが、米民主党系の議員・学者・ジャーナリストなどとは一線を画しており、その存在感は際立っています。彼のプロパガンダに対する眼差しは鋭く、メディアに懐疑的な視座を持ちたいときには、いつもチョムスキーの著書を手に取ります。辺見庸やエドワード・サイードなどの著作に関心のある方であれば興味をもって読んで頂けると思います。批判的な想像力を失わないために、オススメしたい一冊であります。

No title

岡田克也の「小泉・竹中カイカク」賞賛発言、本ブログで初めて知りました。
「日曜討論」や「サンプロ」での政治家発言を毎週のように掲載する我が地方紙も、岡田発言については一文もありません。
本来ならば、「岡田氏『小泉改革は正しかった』テレビ番組で」といった大見出しになって当然なのに。

No title

それでも私は民主党に投票します。

1930年生れ79歳の、終焉近い私です。尊敬する『世に倦む日日』さまのプログを昨年春以来拝読し、その奥深い哲学的考察と、豊かな学識に心から敬服しております。
そして今回のプログでも、民主党の持っている矛盾や、内蔵する新自由主義の背景をつぶさに勉強し、来る衆院選挙の投票先を考えている一人です。

それでも私は民主党に投票します。民主党の主張する【霞が関】の抜本的改革に、私は、人生最後の望みを託したいからであります。
明治維新以来、私たち国民を支配してきた【霞が関】こそ、私は【諸悪の根源】と考えています。戦前は腐敗する政党や軍閥と結託し、戦後は政府自民党とグルになって、悪事の限りを尽くしてきたのが、霞が関の官僚一味と信じています。
麻生首相は、国会で『政治家は官僚を上手く使いこなせば良い』と答弁しましたが、実際は官僚の手のひらの上で踊っていたのが自民党政権と思っています。その諸悪の根源【霞が関】に、明治維新以後、初めて革命的攻撃を、民主党が行うというのです。『世に倦む日日』さまが、何度もご指摘のように、民主党にはいろいろ矛盾・問題点はありましょうが、その【霞が関】改革の一点に絞って、民主党に投票します。

創作『夜明け前(島崎藤村)』の主人公青山半蔵が、自分の期待した≪明治維新に裏切られ、失意のまま狂死する≫ように、明治維新以来の革命的改革を期待し、民主党に投票しても、私も失意のまま、終焉を迎えることになるかも知れませんが。

プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。