スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『愛を読むひと』 ‐ 主演女優の名演と<物語>を持つことの中味

愛を読むひと_1小説『朗読者』を映画化した『愛を読むひと』を見てきた。小説は10年ほど前にベストセラーになって、ネットの中でもずいぶん話題になった記憶がある。この作品でハンナ役を演じたケイト・ウィンスレットは今年のアカデミー賞主演女優賞を受賞している。物語は15歳の少年と36歳の女が出会って恋に落ちるところから始まる。15歳から52歳までのマイケル役は二人の男優でキャストを分けるが、67歳で死ぬまでのハンナ役はケイト・ウィンスレットが一人で通す。その演技力が絶妙で、アカデミー賞主演女優賞の実力とはまさにこれだと感嘆させられた。ひょっとしたら、67歳の老婆のハンナ役は別の女優を使っているのではないかと疑ったほどだ。ケイト・ウィンスレットはまだ33歳。思ったことは、日本の同じ年代の女優であれほど完璧な老婆役を演じられる女優がいるだろうかということで、演技力という言葉の古典的意味について考え込まされる。夜の民放のお笑い番組を見ていたら、47歳の斉藤慶子と42歳の国生さゆりが出てきて、現役の男子大学生がストライクだのボールだのとやっている。日本のアンチエイジングは妙に空疎で、女たちの容貌は、中年を過ぎても確かに若くてかわいいが、若さのアピールを軽薄さのアピールとイコールにしているところがある。  

続きの内容をレジまぐ版に詳しく公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

渡まち子の批評がプロフェッショナルでいいですね。要点をしっかり押さえていて、簡潔に文章にまとめている。原作にも目を配っている。「愛」と「罪」と「尊厳」の三つがキーワードだという説明、そのとおりだと思います。しかも、いわゆる「ネタバレ」を防ぐように、「ハンディキャップ」という言葉を使っている。これには感心しました。「ハンディキャップ」の中身は作品の最も重要な点で、映画に顧客を導くためには、ハンナの秘密については事前に明かさない方がいという配慮でしょう。山口拓朗の批評もまずまず。ナチスの時代の、収容所の看守のときの映像とか、空襲で爆撃された教会にユダヤ人が閉じ込められて焼け死ぬ場面とか、そういう場面が映像化されていれば、映画はまた違った印象になったのではないかと思いますが、監督はそれをしていません。

だから、作品の印象としても、<物語>の問題が中心テーマになります。記事は<物語>の問題について考えました。村上春樹の『1Q84』をなぜ若者たちが読むのかという問題です。私には、どうも、辺見庸と村上春樹と宮崎駿が同じことを言っているように思われてなりません。しかし、ナチスの戦争犯罪に対するドイツ人の厳しい目というのは、マイケルの言葉を通じても確実に感じさせられるところで、一般論になりますが、日本とは大きな違いがありますね。この映画に一点だけ文句をつけるところがあるとすると、やはり言語を英語ではなくてドイツ語にして欲しかったというところでしょうか。ハンナはハンナですが、ミヒャエルをマイケルにしたのは、映画が英語の製作で、台詞が英語で発音されているからで、日本語の翻訳をどうしようもできなかったせいでしょう。「ハンナとマイケルが」などというのは、本当はおかしいですよね。


愛を読むひと_z1愛を読むひと_z2


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

監督がドイツ人でなかった幸福

『朗読者』を読んでいたので、映画化されてガッカリ来ないか不安でしたが、ケイト・ウィンスレットの名演と、ドイツ人監督の作品でなかったことで成功したと思います。
ドイツ人は日本人以上に戦争犯罪に対して強く自らを罰してきました。が、その一方で、戦後民主主義が去勢された形で歪んで作用しています。まず、弱いものが暴君のように君臨していること。シングルマザー、老人、子供、動物が、自らの権利を主張するレベルを超えて、無秩序に暴れ回っていますが、誰も注意できる人がいません。言っては行けないタブーが多すぎるのです。元々、ドイツにはコメディは存在しないと言いますが、毒を扱うすべを知らないのだと思います。そこにきて、異常な弱者保護の逆差別すら起きています。
一方で、貴族的な名字を金で買ったり、Drなどの肩書をひけらかすことに執着したり、異常な強者としての自己顕示欲もあります。
こういう状況なので、最近成功したドイツ映画、例えば『善き人のためのソナタ』『グッバイレーニン』などに見られる、偽善的東西ドイツ史観(共産化、戦後分断さえなければ……といった自己憐憫と現実逃避)が、ドイツ人監督であれば知らぬ間に醸し出されるものですが、『愛を読むひと』にはその歪んだフィルターがかからなかった。これは幸福だと言えると思います。

文盲について

記事についてひとつだけ気になったことがあるのでコメントさせてください。

「今、文盲の人などは基本的にいない」「今は文盲という現実はないけれど」と書いておられますが、ドイツでは今でも社会問題のひとつだと聞きます。

また文盲とは違うようですが、欧米では失読症という病気もあると聞いたことがあります。

ケイト・ウィンスレットの演技は本当に素晴らしかったです。

プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。