スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「総総分離」選挙 - 麻生首相の予告解散の狙いと漆間巌の魔手

総総分離_1マスコミは、麻生首相は当初7/14解散、8/8投票の日程で決断しようとしていたと報じている。私は、これは嘘であり、麻生首相と政治記者が意図的に撒いている偽情報だと判断している。麻生首相の全ての行動の動機と目的は「一日でも長く政権を続けること」であり、念頭にあるのは在任期間の日数だけだ。総理在職日数が、安倍晋三は366日で、福田康夫は344日。この二人を下回る赤恥の短命記録を避けたい一心で、政局商売のマスコミ記者と裏で結託して、「解散風」のネタを武器に一日一日を凌いで政権にしがみついてきた。8/30投開票で、その時点で総理であれば、憲法54条の特別国会召集条項を都合よく利用して、どうにか念願の目標に辿り着ける。8/30もしくは9/6の投開票は、側近の菅義偉も仄めかしているように、麻生首相にとって最初から既定路線だった。8/8投票なら在任期間が364日未満になる。それから、私は「新総裁」政局はあると予想していて、麻生首相もそれを織り込んでいると推測する。マスコミの評論家は、解散まで一週間しかないと議員は地元に帰って張りつき、東京で麻生降ろしの政局をやっている時間的余裕はないなどと言っているが、それは政治を知らない者の一般論だ。選挙区で民主党候補に敗北必至の現職にとっては、地元に張りつくよりも、東京で総裁を替えた方が当選の可能性が出るのである。  

続きの内容をレジまぐ版に詳しく公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

7月14日はパリ祭。昔、「銀巴里」という古いシャンソンの店があって、革命記念日を祝して出かけたりしていました。無憂の時代の80年代のことです。それから、丸山真男のHPを開設したのも、今から12年前、1997年の7月14日でした。この頃は、まだネットは日本で始まったばかりで、Yahooのトップページが出たばかりだったと思います。サイトもまだ少なく、さっそく申し込んで「社会科学」の中の「政治学」のカテゴリーに入れたのを覚えています。加藤教授が1か月後の8月15日の立ち上げでした。当時の通信環境はADSLではなく、9600bpsのモデムをRS232Cのシリアルに接続していましたね。

私は、自民党は「総総分離」の選挙を狙っていると予想しています。古賀誠や尾辻秀久が辞任して執行部から離れるのも、選挙に向けて執行部を丸ごと新しく入れ替える準備と考えられます。記事本文に書き損ねましたが、たしか、先週、自民党が作成中のマニフェストの冊子の表紙に、麻生首相が自分の写真を入れないよう指示したという情報がありました。仮に総裁を続投するとしても、選挙の効果を考えたとき、写真を入れるより入れない方がいいに決まっていますが、おそらく本当の理由は別で、マニフェストを訴える総裁が変わっているからでしょう。総理任期(在任日数)だけが彼の目的なのです。

コメント欄を見ると、それではどういう投票行動をすればいいのかとか、どこに投票するのが最善なのかという質問があります。これまで、メールでも何度も繰り返し読者の方から尋ねられてきたことです。同じ答えを記事の上で何度もしているのですが、民主主義の政治制度がわれわれに付与している権利は、選挙権だけでなく被選挙権も含まれます。選挙権(投票権)だけで民主主義の理念は実現されない。民主主義は、統治される者(デモス)が統治をするという逆説の中に理念が成り立ち、仮説された虚構の中に本質がある。

なぜ、常に「どこに投票すればいいのか」と訊いてくるのか。新自由主義の支配者側によって与えられるものの選択でしかないもの(=二大政党制)を神のように崇めるのか。今は投票する先がないから、投票する先(勢力)を自分たちで作るところから始めなければならないと、繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し言い続けているのに、どうしてそのことを何年経っても理解していただけないのでしょう。選挙権はあるけれど、投票先を奪われているのですよ。投票する先があれば、そこで新自由主義体制は転覆させられるのです。

私たちは市民社会の市民であり、民主主義国家の主権者です。政治は私たちが私たちのためにするのです。新自由主義の政党だけをメニューで並べられて、新自由主義の候補者の中からだけ投票先を選んでいて、どうして新自由主義のシステムを変えることができるのでしょうか。現実を変えることができるのでしょうか。生活を豊かにすることができるのでしょうか。財産を作り、子供を作り、安定した老後を送ることができるのでしょうか。投票する政党がないという事実を認めるところから始めなければならないのではないのですか。


総総分離_z1総総分離_z2

総総分離_z3


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

納得

今回の記事はとても興味深く拝見しました。
からくりが分かることは、知らないよりよっぽどいいのですが、
肝心の日本の未来と国民のために、天命を尽くす人間がいないことに、
ますます白けてしまいます。

話は変わりますが、石原慎太郎が、IOC総会に皇太子夫妻を担ぎだそうという恐れを知らぬ提案には、驚愕を覚えます。
先日のケニア訪問のオバマを見れば、アフリカ票がすべてアメリカに
流れることは必死の負け戦。負け戦に皇族の後継者を担ぎだそうなんて、どういう神経なのか分かりません。
「真実を介して没落することのないように、私たちは芸術を持っているのだ」というニーチェの言葉を思い出します。
それだけはやってはいけないということはあるのです。

それでもなお・・・

> それではどういう投票行動をすればいいのかとか、どこに投票
> するのが最善なのかという質問

という質問に対して、

> 今は投票する先がないから、投票する先(勢力)を自分たちで
> 作るところから始めなければならないと

という答えは、現実的な制約をさておいた「こうあるべき」という目的意識としては、正論だと思います。

では、300万円の供託金を用意できない人はどうするのか?
コミュニティから被選挙権を行使するムーブメントを起こすために必要な、様々なスキルを持たない人間はどうすれば良いのか?
失礼ながら、与えられた選択肢は不十分であるけれども、その中からベストな選択をすることで、せめて選挙権を正しく行使しよう、と考える人にとっての答えはそこには無いと思います。

敢えて(期待を込めて)挑発的に申しますが、投票先を自分たちで作るところから始める、その先陣をブログ主様が切ってはいかがでしょうか?その狼煙をブログ主様が上げるというなら、自分の財力や時間の許す範囲で応援しようと言う人は(自分も含め)多いのではないでしょうか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

尊敬する『世に倦む日日』(ブログ王)さまが、本日の「本文」ではなく、「コメント」に≪なぜ、常に、どこに投票すればよいのかと、聞いてくるのか、これまで繰り返し、書いてきたのがわからないのか≫と、書かれています。

それに対し、本日、この欄に『ozzy』さまが、≪プログ王さまのご意見は正論で、その先陣をブログ王さまがなさってはいかがでしょうか、庶民には、300万円の供託金の問題もありますし……≫と提言なさっています。

私も、その意見に大賛成です。300万円とは、あまりにも高額です。年齢的にも体力がありませんし、自分では立候補することができません。しかし『ozzy』さまの言われるように、『世に倦む日日』(ブログ王)さまご自身が、次回の衆院選挙に立候補されるなら、私も、微力ながら寄付をさせて頂いて、ボランティアに駆けつけます。
どうか、どこに投票していいのか、迷っている私たちのため、ご決断下さい。

数日前、私は、≪いつだったか、『世に倦む日日』さまは、福島社民党も、日本共産党も批判していらっしゃったし、まさか麻生自公政権を支持されるとは思いませんが、あれもダメ、これもダメでは棄権以外に無くなってしまうではありませんか。ご指摘の問題はあると思いますが、私は民主党に投票します≫、と投稿しました。
そして地方在住ながら、東京都議選では深夜までテレビを見つめ、自民党惨敗を心から祝杯をあげ、そのことも、続けて投稿しております。

私の念願は明治以来の【霞が関の改革】です。そこに【諸悪の根源】があると考えています。何かと問題はありますが、民主党が抜本的な【霞が関の改革】を実行してくれることを期待し、来る総選挙に棄権をしないで民主党に投票いたしますが、『世に倦む日日』さまが、来る総選挙に立候補なされるなら、これに越したことはありません。
どうか、『ozzy』さまのご提案をお聞き下さることを切望します。このブログの愛読者の大多数も、必ず賛同なさると思います。

No title

ブログ主さまが懸念されているのはこういう意見だと思いますがいかがでしょう。

山崎元「民主党の労働政策がはらむ大きな危険」
http://diamond.jp/series/yamazaki/10088/

生活保障は企業の役割ではない、製造業派遣禁止、最低賃金1000円は企業負担が重過ぎる、という内容です。こういう企業には、日本での事務所をみな閉鎖し、中国や東南アジアに本社機能を全て移転し、それで企業として勝負してみろという反論をしたいです。

選択肢はもう少しあるかもしれません

最近の貴ブログのエントリのコメント欄を見て鼻で笑いながらも、一方で同じことを考えてもいます。
「それじゃあどこへ投票すればいいんだ」、「ブログの筆者が立候補すればいいではないか」と。
我々は反抗するための方途も想像力も奪われ、そして自ら放棄して、去勢された状態にあります。
だからこそ「悪くない選択」を求め、政治に「参加」ではなく「期待」するのでしょう。
選挙で悪くない選択をし、政治に期待をした結果として彼らに裏切られることとなります。
安全側からその裏切りを非難する事は簡単ですが、それこそ意味のない行為です。
何もしないことと、新勢力を自分でつくること、どちらかを選べと言われれば当然に足が竦んでしまいますが、新勢力をつくり出すための一助となることならばできるのかもしれません。
被選挙権という権利を前にして私の足が竦むのは、政治に関わろうとせず、安全側から野次を飛ばしていただけだからです。
投票するに値する政党が無いことよりも、新聞や政治ブログを読んで、行動が伴わない皮相な危機意識しか持てない感性こそが恐ろしいと思っています。
自分は何もしないけれど、自分の代わりに戦ってもらおう、という発想が頭に浮かぶことが恐ろしいと思っています。
お金を出しても世の中の気分を変えることはできません。

ブログの筆者が秀逸なエントリを多く残しているからと言って、筆者は万能の神ではないのです。
救いを求めるだけで救われるのならば今頃はもっといい生活ができているはずでしょう。
繰り返しになりますが、何もしないことと、新勢力を自分でつくること、どちらかを選べと言われれば足が竦んでしまいます。
だからと言って何もしないことを、傍観することを許せますか。
立候補ができないのならば、それ以外の方法を考えてみませんか。
エントリの中で「私だけだ」、「誰もいない」という記述を見つける度に恥ずかしく思うのは私だけではないはずです。

初投稿でこのようなことを書くことは様々な面において失礼なことかもしれませんが、自戒の意味も込めて投稿しようと考えました。

諸悪の根源

投票行動については難しいところですね。僕は少なくとも比例は共産にするつもりです。民主の10議席よりも社民の1議席よりも共産の1議席の方が反新自由主義の政治の実現に効果が高いと考えるからです。なお、世に倦む日日さんが立候補するなどという話には現状では反対です。ものごとには機を見ることが重要だと思うからです。臥薪嘗胆の時期も時には必要でしょう。最高のタイミングで行動して下さることを希望します。

東国原も橋下もすんなりと思うようにできていませんね。そもそも新自由主義の生んだ貧困や格差などの問題が政権交代待望の背景となっているわけで、地方分権での一点突破には無理があるのです。

また、芝ちゃんさまがおっしゃっておられるように、霞ヶ関、特に財務省には現在の日本の姿をつくった責任があり、改革は当然でしょう。しかし、民主党は霞ヶ関を攻撃しますが経団連やアメリカは批判していません。財界やアメリカの支配を温存しても霞ヶ関が改革されれば貧困や格差の問題は解決するのでしょうか。民主党の体質を考えると、新自由主義に対する国民の怒りを公務員に向けて終わり・・となる危険性が高いと思います。

貧困や格差を生んだ新自由主義からの脱却のためには経団連やアメリカの支配こそを議論すべきなのに、それから目をそらせるために、やれ地方分権だ、やれ霞ヶ関だ官僚支配だと騒いでいるように、僕には思えてなりません。

No title

民主党の支持母体を考えると、仮に政権を奪取した場合、本当に公務員改革を推進できるかは疑問に思っています。

例えば、農水省のヤミ専従問題でも、民主党からのコメントは聞こえてきません。また、世に倦む日日さまが常々書かれているように、民主党の党是は新自由主義ですから、経団連よりの政策をとるでしょう。

鮮度は落ちているとは言え、今回は、共産党に投票し、新自由主義傾向にブレーキをかけてもらう方が良さそうな気がします。例え、消去法的な選択肢であっても、投票率を上げて、新自由主義に対する批判を表明することが必要だと思います。

せめて70%台になって欲しいのですが…
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。