スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト革命とアラブ世界の未来 - 新しい理念と指導者を待望する

エジプト革命_1エジプトの民衆は、決して日本のマスコミが言うような「親米穏健派」ではなかった。この10年間を振り返っても、イラク戦争レバノン侵攻ガザ侵攻と、中東で米国とイスラエルによる侵略と殺戮が起きるたび、カイロでは大きな反政府デモが起き、市民が警官隊と衝突を繰り返していて、その激しさは中東の中で群を抜いていた。デモは反米反イスラエルの抗議行動だから、中東の各地で同時多発的に発生し、プレスが世界に記事を配信する。それをネットで見ることができる。ロイターやAPの写真を探して見ると、カイロのデモの光景は常に凄絶で、武装した警官隊が棍棒を振り上げてデモ隊に襲いかかる場面が必ず撮られていて、ショール姿の美しいムスリムの女子学生が収まったベイルートやアンマンのデモの絵とは様相が全く違っていた。エジプトのデモの絵は流血の衝突が定番で、市民は常に怒りの叫び声を上げ、黒いヘルメットに棍棒の警官隊とぶつかっていた。路上に張られた有刺鉄線が生々しかった。パキスタンのデモは stars and stripes burning が定番だったが、エジプトのデモは protesters injured が常だった。アルジャジーラのネットのニュース映像で"ANGER"がキーワードになって報道されているが、この10年間のエジプトの反政府デモを思い起こすと、まさにその言葉こそ象徴的だと私には思われる。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

スポンサーサイト

土居丈朗の国債暴落脅迫 - 格付け会社、ヘッジファンド、財務省の連携

土居丈朗の国債暴落脅迫_1菅直人の訪米日程が、当初予定されていた3月から6月に変わった。そのことがマスコミを通じて正式発表されている。実は、新年冒頭の菅直人の演説だったと思うが、訪米について「3月」と言わず、「今年前半」という表現を使っていて、少し引っかかり、記事で取り上げようかと迷ったことがあった。それまで、昨年末まで、ずっと訪米の予定は3月で、そこで日米安保の再定義が打ち出され、条約の全面改定が合意されるだろうとする報道が続いていた。日米安保条約の条文改定は、1960年以来51年ぶりのこととなる。極東条項が撤廃され、適用範囲が全地球大に無限拡大されると共に、中国を仮想敵とする米日韓豪のマルチな軍事同盟に変質させる意図の改定だろうと目されていた。マスコミの説明では、米国側から3月の日程を5月に遅らせる打診があり、それを日本側がさらに6月に延期したとある。どういう舞台裏だったのだろう。この間、つまり年末から年始にかけて、米国は胡錦濤訪米でずっと中国との熾烈な折衝に没頭していた。そこでの外交過程で、東アジアの安保についての取引が図られ、4カ国軍事同盟の構想が練り直しになった可能性がある。もう一つは、米国が菅直人の余命を見限って、訪米させる相手は新顔にすると決定を下した可能性がある。米国は、日本の首相は1年で取り替えるというコードを厳守するのだろう。いずれにせよ、歴史的な日米安保改定は菅直人の業績ではなくなった。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

オバマの一般教書演説の論理矛盾 - 「小さな政府」への政策妥協

オバマの一般教書演説_1オバマの一般教書演説は1時間に及ぶ長いものだった。久しぶりに中継を最初から最後まで見たが、オバマらしい華麗で雄渾な弁論術が冴え、2年前の興奮を思い起こさせる中身だった。中盤からはやや退屈になったが、前半と終盤は聴衆を引きつけるオバマ節の世界で、米国人に米国の理念を訴えて迫り、ぐいぐいと感動を盛り上げていく。テーマは米国の競争力と教育で、オバマらしい哲学と表現が満載された演説だった。目線が一般市民のところにあり、米国の普通の市民感覚に内在している。演説の中で具体的に米国の市民を取り上げ、努力し挑戦する姿を全国民に紹介していた。米国の理念が、厳しい環境の中でも、名も無い市民の日常で生きていることを証明し説得する。素晴らしい。官僚が書く日本の首相の施政方針演説とは雲泥の差。中国とインドの技術と教育に注目し、数学と科学の教育の重要性を訴え、優秀な教師を集めなければならないと言い、テレビを見ている若者は教師になることを志望してくれと呼びかけていた。この言葉は、日本の指導者に日本の国民に向かって言って欲しいものだ。もし米国のテレビが、ニコ動のように画面にツイートを流せたなら、「日本が駄目になったのは、ゆとり教育をやったからだよ」と書きこんでやりたかった。しかしながら、演説は素晴らしかったが、共和党の「小さな政府」に妥協した政策の中身については首を捻る。例えば、5年間の財政支出の凍結など、公約して実行できるとは到底思えない。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

菅政権による負担増とセーフティネット破壊 - 消費税だけではない

負担増_1a昨日(1/24)、通常国会が召集され、初日から菅直人の施政方針演説が行われた。国会開会に先立って、民主党は午前中に両院議員総会を開き、そこでまた内紛の騒動が起きていたようだが、夜の各局のニュース番組では一切紹介されなかった。本日(1/25)の朝日の紙面でも記事になっていない。テレビと新聞は、演説の中の「国民の皆様に、ある程度の負担をお願いすることは避けられないと考えます」の部分を切り出し、特に強調する報道に徹している。NHKの7時のニュースでは、わざわざ、この増税要請に賛同する「街の声」を拾って放送していた。また、菅直人が演説の中で自公両党に対して協議を呼びかけた点に着目し、協議に応じて責任野党たれと注文をつけている。各紙の社説もそればかりだ。「増税の前に無駄の削減」と言っていた嘗てのマスコミの常套句は全く出ない。菅直人は同じ演説を何度も何度も繰り返している。中身のない、単に消費税とTPPと小沢斬りの宣伝扇動を果てもなく繰り返し、マスコミの拡声器でガーガー流し続けている。国民の脳を漬け込んでいる。その政権に対して、批判はおろか皮肉の一つも言う報道がない。ファシズムの国のようだ。1年前の景色はこうではなかった。平田オリザが書いた鳩山由紀夫の施政方針演説は素晴らしかった。ガンジーの「七つの社会的大罪」を引用して施政方針の基調に据えた構成は見事で、後世に語り継がれる格調高い中身を持ち、政権交代を実感させる光彩を放っていた。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

米中首脳会談考 - 人民元のSDR構成通貨を米国に認めさせた中国

米中首脳会談_1世界中が注目した米中首脳会談について、一般の報道とは少し異なる感想を持つ。目立ったのは、オバマと米国の小児病的な態度と言うか、胡錦濤と中国に対して妙に尊大で傲慢だったり、あるいは卑屈だったりの態度に終始していた点だ。目上である胡錦濤の前で、生意気に足を組んだり、さも自分の方が地位が上であるかのように見下げる視線を送ったり、オバマの人格の未熟さが透けて見える映像が多かった。この男は、一昨年の両陛下との謁見の場でも粗相を演じて恥を曝したが、アジアの国の元首の前でどう対応すればよいのか、何が自然で知的な振る舞いなのかを理解していない。アジア世界に対する心得と配慮がない。超大国の元首としての気品と威厳に欠け、世界の指導者としての矜持と自制がなさすぎる。クリントンも若かったが、決してこのように浮薄な若僧の所作はしなかった。中国人の前で緊張感と戦略性があった。ブッシュの父親も常識人で、日本人に悪い印象を与えなかった。特にレーガンと中曽根康弘との関係などは、ある意味で見本の表現の図を示していて、見る者に納得と安定感を与えていた。アフリカンの米国人だから、米国至上主義が嵩じて、こういう不具合と限界性が表出してしまうのだろうか。今回の米中会談のニュース映像を見て、オバマに対して尊敬や信頼の感覚を抱いたアジアの人間は少ないだろう。印象づけられるのは、オバマの軽薄に対する胡錦濤の重厚のコントラストである。どちらが超大国の指導者かわからない。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

日比谷公園の「ダ・ヴィンチ展」 - 実物大の「最後の晩餐」を仰ぎ見る

日比谷ダ・ヴィンチ展_1日比谷公園で「特別展 ダ・ヴィンチ - モナリザ25の秘密」が開催されている。大噴水の南側にある第二花壇に「ダ・ヴィンチ・ミュージアム」のパビリオンが特設され、広い平面の館内を使ってダ・ヴィンチの芸術と科学技術を網羅的かつ立体的に紹介している。まさにダ・ヴィンチの博物館の出現で、人がダ・ヴィンチの天才を知る上で最高の機会が提供された空間だ。万能の天才ダ・ヴィンチについて、われわれが断片的に知っているものが、ここに一堂に集められ詳しくプレゼンテーションされていて、館内を歩み進むほどに、この人物の底知れぬ天才に圧倒され、凡人の想像の及ばぬ奇跡の頭脳に絶句することになる。まさに近代欧米文明はこの人物に拠っていて、ダ・ヴィンチの万能と英知への畏敬と崇拝が、そのまま欧米近代の普遍性や優越性を認める意識と繋がるところとなっている。館内を歩きながら、そして寒い外に出て、しばし鬱々と考えるのだ。アジアにはこれに匹敵する人物はいたのだろうかと。嘆息しつつ思いが及ぶのは、例の銭ゲバが人からふんだくったカネでダ・ヴィンチの手稿をコレクションした一件で、新自由主義とダ・ヴィンチという思想的問題である。新自由主義という問題が身近に纏わりつくと、ダ・ヴィンチとわれわれとは素直に幸福な関係にならず、どうも途中で屈折する心理で萎えてしまう。そして私の場合、脱構築主義への批判という問題もあるため、ダ・ヴィンチは余計に解釈に手こずる厄介で重たい存在なのだ。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

中野剛志の爽快な反TPPの一撃 - 議連は、国民戦線はできないか

中野剛志のTPP反対論_1朝日新聞の1/18の紙面にTPPについての特集(15面)があり、中野剛志の反対論がインタビュー形式で載っている。この内容が実に素晴らしい。私がブログで言っていることと、ほとんど一言一句同じ主張が並んでいて驚かされた。マスコミに載った研究者の議論を読んで、ここまで我が意を得たりと膝を打つのは何年ぶりのことだろう。中野剛志のTPP反対論はネット上にもあるが、この朝日紙面にコンパクトに整理された発言録が、最も切れ味が鋭く説得力がある。まさに、待望した本格的な代弁者が救世主の如く颯爽と登場した感があり、読みながら興奮させられる。引用しよう。「TPPへの参加など論外です。今でも日本の平均関税率は欧米よりも韓国よりも低い。日本はすでに十分、開国しています。そもそも『海外に打って出れば、日本製品の競争力が高まる』というのは、考え方が古い。『安ければいい』という途上国市場でいくら製品を売っても、開発力はつきません。日本製品に競争力があったのは、消費者の要求水準が極めて高い国内市場で鍛えられてきたからです。(略)うるさい消費者を相手にしてきたから、日本企業は強くなった。ところがデフレが進み、安さばかりが求められるようになって、国内の『目利き』の消費者が減ってしまった。企業は研究開発を怠るようになり、ipadのような魅力的な商品を作れなくなった」。そのとおりだ。正しい指摘だ。そして最も重要で本質的な点だ。よく言ってくれた。引用を続ける。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

消費税増税工作の二つの奸計 - 「付則」の欺瞞と財源グラフの詐術

消費税の嘘と詐術_1予算の無駄を削減する問題は、議論が片づいて終幕した国政上の課題ではなく、必ず次の選挙で争点として浮上する。菅政権と官僚は、マニフェストで公約した16.8兆円の無駄削減と財源捻出について、マスコミを通じて「最初から無理」だと言いくるめ、国民に消費税増税を観念させようとしているが、選挙の季節になれば、間違いなく「無駄を削るのが先」という主張が出て来て勢いを持つ。具体的に予想すれば、みんなの党が増税ではなく歳出削減を公約(アジェンダ)に据え、削減費目をリストアップして訴え、「小さな政府」の正当性を唱えて支持を受けるだろう。みんなの党は、昨年の参院選で10議席を獲得し、比例の得票数は公明党を上回る勢力になっている。次の総選挙で民主・自民の二大政党のいずれもが過半数に達せず、みんなの党が50議席を超える躍進で第三党になり、みんなの党が連立政権に入る場合、連立政権の政策はみんなの党の公約の丸呑みになると想定される。無論、そのときは、みんなの党は参院で多数を占める自民党との連立を志向する。衆参で多数派にならないと政権が安定しないからだ。民主党への国民の幻滅が、必ずしも自民党への支持回復に結びつかない現状を見ると、上のような選挙の情勢と結果に至る可能性は小さくない。その場合、みんなの党が選挙後の政策の主導権を握り、消費税増税を棚上げにするだろう。子ども手当は廃止され、地方交付金も削減される事態になるが。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

小沢一郎の媒体戦略 - 「国民の生活が第一」のバッジを胸につけよ

小沢一郎の媒体戦略_1週末(1/16)のフジの政治番組に小沢一郎が生出演したところ、高視聴率の結果が出て巷で話題になっている。ちょうど1か月前だが、12/17に「小沢一郎はテレビに出演せよ」の記事を上げて提起した立場としては、狙いどおりの戦略の成功に面目躍如の気分である。私はその中で、テレビ局の動機と論理は何より視聴率ハングリーにあること、視聴率を稼ぎたい番組は小沢一郎をコンテンツとして欲していること、そこを上手く衝けば、「公開リンチ」に陥ることなく十全に主張を訴え、メッセージを効果的に発信できることを指摘した。フジの番組の視聴率の話題は、現時点でマスコミ報道では触れられておらず、スポーツ紙や夕刊紙にも取り上げられていない。伏せられていて、未確認の情報の状態になっている。公然化させて事実を確認すると、その意味と正面から向き合わなくてはならないから、政治的思惑でそれを忌避しているのだ。国民が小沢一郎に強い関心を持っていること、その関心の中身は少なからず指導者としての待望論を含んでいること、その事実を報道関係者は認めなければならなくなる。そのことは、これまでの小沢叩きの報道の誤謬を自ら認めることに繋がる。このフジ出演の視聴率の情報は、菅直人の報ステ出演の失敗と相俟って、政界とマスコミに小さくない衝撃を走らせているだろう。いずれにせよ、小沢一郎を招聘すれば視聴率が取れる。話題になる。商売になる。二匹目のドジョウを狙う局が必ず出る。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

「税と社会保障の一体改革」の言説 - 与謝野馨の自己責任路線へ

改造内閣_1改造内閣について、週末にマスコミ各社から支持率が出た。早いところでは1/15(土)に数字の発表があったが、テレビで組閣の情報が伝えられたのは1/14(金)の夕刻である。数字について感想を持つ前に、こんなに早く世論調査の結果が出るものだろうかと疑念を抱く。以前は、マスコミは週末に2日間かけて調査をして、週初に結果を発表していたものだった。テレビが月曜夜に、新聞が火曜朝にというタイミングだった。どれほど調査と処理を技術で迅速化したと言っても、電話を使って人が人に質問して回答を収集する作業の積み上げである。過去の世論調査を知る者としては、不自然な感覚を否めない。共同通信は、1/15の16:32のタイムスタンプで記事を発信している。地方紙の読者が調査サンプルの台帳になっている共同は、普通に考えれば最も作業に時間がかかりそうだが、組閣名簿の発表から報道まで24時間経っていない。どういう調査と集計をしているのだろう。各紙の結果を見ると、読売が34%、毎日が29%、朝日が26%で、改造直後の数字としては異常に低い。私は、マスコミが消費税とTPPへの菅直人の意欲を評価して、世論操作の目的で、最低でも30%台後半の数字を呉れてやるものと予想していた。改造は政権浮揚のためにするものだが、結果は明らかに失敗を示している。特に与謝野馨の入閣について国民は支持していない。今後の「小沢斬り」の政局にもよるが、国会が始まると同時に菅内閣は死に体に向かうだろう。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

執行部と小沢派の「政策軸の対立」を公然化させ始めたマスコミ報道

与謝野入閣と政策軸の対立_1与謝野馨を経済財政相に起用した改造内閣は、果たしてどれほどの支持率で出るだろう。マスコミは、消費税増税とTPP加盟にギアを入れた菅直人の人事を評価し、この組閣にエールを送る翼賛報道で埋めている。上の二つの政策遂行は、昨年よりマスコミが政権に強力に迫り、正月は「五紙共同社説」で口を揃えて発破をかけたものでもあり、マスコミの要求に人事で応えた菅直人を持ち上げる讃辞をテレビ報道で連発させている。マスコミと政権からすれば、ここで支持率を上昇させ、消費税増税とTPP加盟へと世論の流れを固めたい思惑だろう。しかし、与謝野馨は「民主党政権打倒」を叫んで自民党を出た矯徒であり、その前は麻生内閣の経済政策の司令塔だった奸物である。今回の離党と入閣は、身内だった右翼方面からも強い顰蹙と失望を買っている。その男が政権交代した民主党の重要閣僚に収まる人事は、迎える菅直人も、入る与謝野馨も、あまりに無節操かつ非常識で、国民には神経を逆撫でする不愉快なハプニングと受け止められるはずだ。小泉純一郎的なサプライズとは縁遠い。国民の中には菅直人に対する根深い不信感がある。国民との信頼関係が切れており、マスコミがどれほど提灯報道で風を吹かせても、それに応じて総勢が靡くとは考えられない。支持率が一瞬上がる場面が生じても、国会が始まれば即座に下落するに違いなく、マスコミと官僚の目論見どおりに政局が運ぶことはないだろう。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

マニフェスト見直しを正当化する朝日新聞の欺瞞 - 埋蔵金のトリック

両院議員総会_1今日(1/13)の朝日の1面の見出しは、「民主公約見直し表明」「財源捻出遠い16.8兆円」、3面の見出しが「真の与党へ民主転換」とある。昨日(1/12)の両院議員総会で、岡田克也が09年マニフェストの見直しを表明したことを評価し、その「財源不足」の中身を図表に整理して説明してやっている。朝日によれば、民主党が選挙で掲げていた政策公約を捨て、自民党と同じ政策に転換することが、野党から与党に脱皮する成長の証なのだと言う。であれば、政権交代は一体何のためで、選挙は何のためにするのか。選挙をやってもやらなくても、どの党が政権を取っても政策が同じなら、そもそも政党など必要なく、わざわざ選挙などする必要もないではないか。要するに、官僚主導の政策にそのまま従うことが、与党の資格と条件だと朝日新聞は言うのであり、政策を作成して遂行する権限は官僚だけが持っていて、それに追従するのが与党の役割だと言っているのである。政党はお飾りで、選挙も、選挙による政権交代も、政策には意味のない政治ショーだと言っている。朝日などマスコミや民主党執行部が言う「財源捻出限界」の主張には根拠がない。それは嘘だ。朝日の1面の図表の中に詐術がある。その詐術の要点を喝破すれば、埋蔵金は恒久財源にはならないとする言説のトリックだ。09年マニフェストは、4年間の政策過程の財源について提示しているのであり、10年も20年も先を担保する恒久財源を言っているのではない。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

他力 - 急性心不全、ゾーエーと四つのカースト、ツーソンのテロ事件

他力2011_1遅ればせながら、新年の所感と展望について。今年も、昨年半ばに得た心境と姿勢を引き継いで、「他力」をキーワードにして活動を続けようと考えている。他力本願。他力による救済。その信仰の要点を言えば、米国経済が崩壊して、新自由主義が没落することであり、日本人がそのイデオロギーから自由になることである。その福音の到来を待つということである。その条件が与えられなければ、日本人は新自由主義の体制から脱却することができない。自分自身の力で自己の生き方を変えることができない。逆に言えば、日本人は外の世界の動向に常に敏感で、潮流に即座に反応して内側の体制を変える。2年半前、リーマン・ショックから世界金融危機が始まり、テレビ報道がサブプライム・ローンの仕組みを解説していた2008年の秋、今からは考えられない映像だが、報ステの古館伊知郎が新自由主義を批判する言葉を絶叫していた。「小さな政府」、規制緩和、自己責任、これらを論って威勢よく悪罵しまくる古舘伊知郎の姿があった。私と同じ動機かどうかは不明だが、金子勝や田中宇も米国経済の動きばかりに目を凝らしている。米国経済の崩壊は、今年すぐに起こるとは思わない。しかし、そこに二重写しで被さるのは、1991年からの日本経済の体験である。不況は長く長く続いた。闘病生活が続き、そして快復への希望は徐々に失われ、体力を失い、老衰し、結局は死に至る病となった。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

三つの経済記事から - 見失われている格差構造と内需拡大の視点

新年の経済記事_1正月のマスコミ報道の中から、今年の経済動向を分析した情報を探したが、特に核心を衝いていると評価できるものがない。エコノミクスの説得力を感じるものがなく、知的刺激を受ける洞察や予測がない。新聞の特集記事は、ほとんどがTPP加盟と消費税増税の正当化に繋げる安直な提言の類ばかりで、経済分析ではなくて政治主張が並べられている。食糧エネルギー危機についての認識も甘いし、金融や産業のトレンドについても掘り下げた考察がない。マクロ経済について、膝を打つ解説と展望が語られていない。日本社会の「縮み」が言われているが、経済について語る者、そして話を聞く者の問題意識がどうにも萎縮し貧弱になっていて、報道や論壇の経済論議のパースペクティブに広がりと鋭さが欠落しているのである。おそらく、韓国のマスコミやアカデミーの方が、要領を得た経済予測の知見を提供しているはずで、国民と企業と政府に、この一年に対処し挑戦する上での注意や要点をよく諭していることだろう。日本は、本当に論壇と報道のスキルとレベルが低下した。カスカスの骨粗鬆症状態になった。経済と政策についての言説は、「勝ち組」が支配し、「勝ち組」が儲け続ける前提のために全てが定義され、結論が決まっていて、「健全な中間層」を基準とする客観的で合理的な論説が失われている。つまり、経済を語る言葉から多くの国民が疎外されていて、意味のない言語が氾濫する世界になっている。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

ベストセラー・ランキングの面妖 - 出版もネットと同じジャンクの海原

ベストセラー_1金融緩和で余剰になったマネーが金融市場に流入し、株価だけでなく原油や農産物の価格を押し上げている。輸入する原材料や穀物の高騰と食料品への価格転嫁がテレビのニュースで囁かれ始め、状況は3年前の世界食糧危機の前夜に似た様相を呈している。フィリピンやハイチなど、当時塗炭の苦しみを味わった食糧輸入弱者の国の人々は、さぞかし不安な新年を迎えていることだろう。また、この情勢の進行はTPPの問題に影響を与えるはずだ。3年前、小沢民主党の掲げる小規模農家重視の戸別補償政策が支持を受けたのは、食料自給率の向上に国民の関心が強く向いたからだった。デフレ対策や国債金利の問題も気になる。そこで、国際経済の最新動向のアウトラインを掴もうと思い立って、近くの書店で本を物色したが、購入して読んでみようと思える一冊がなかった。例年、年末になると、新年の経済動向を展望する新刊書がエコノミストやシンクタンクから出版され、それは季節の風物詩のような景色であり、サラリーマンたちが正月休みに読んで仕事上の糧秣にしていたものだ。その市場環境の基本は今も続いているけれど、中身が大きく変わってしまっている。「風物詩」の内実は様変わりしている。周辺的なところで一例を挙げると、「イミダス」とか「知恵蔵」の出版が消えている。これらは年末の「風物詩」の中の重要な役者だった。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

山陰の大雪 - 黙殺して報道しないNHK、関心を向けない政治と行政

山陰大雪_1山陰地方の大雪災害について。昨夜(1/4)、年明け最初の放送になる報ステでは、冒頭から20分ほど集中的にこの問題を報道、現地に中継のカメラを入れて被害状況を詳しく伝えていた。孤立した集落、停電した家屋、蝋燭の灯りで懸命に仕事をする介護職員、高血圧の高齢者の医薬品がなくなっている不安、そして、雪で転覆したままの漁船。これらが生々しい現地の映像と住民の声で直接に伝えられた。ネットのニュースで気になっていた山陰の大雪について、初めてテレビで本格的な災害の実状に接することができた感がある。古舘伊知郎の個人的な趣向で、報ステは特に気象変動に関するニュースに重点が置かれ、平素はそれが非常識な番組の構成や編集になる場合も多いが、今回はグッドジョブの報道だったと評価できる。不思議なのは、NHKの報道がこの災害について全く触れないことである。偏向キャスターの大越健介が仕切るNW9も、昨夜(1/4)が年初の放送だったが、特集は経済情勢の見通しと大河ドラマの宣伝の二つで、60分間の放送中、山陰の大雪災害は一度も取り上げられなかった。7時のニュースでも一瞥もされなかった。一昨夜(1/3)の7時のニュースでも、特急やくもが新幹線に接続する岡山駅のホームの映像が出て、鉄道や道路の復旧状況がわずかに語られたが、現地の被害が報道された気配がない。NHKが地方の災害を無視している。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

左派の消費税論議の憂鬱 - 新自由主義路線に転向した宮本太郎

左派の消費税論議_4一茶には意外な一面があった。庶民派で弱者の立場から俳句を詠んだとされる一茶は、実は驚嘆すべき絶倫の身体の持ち主だった。俳句集作品でもある句日記には、若い妻との凄まじい性生活の記録が克明に残されている。例えば、結婚2年目の文化13年(1816年)、54歳のときの8月の日記には、「十二 晴 夜三交、十五 晴 夫婦月見 三交、十六 晴 三交、十七 晴 墓詣 夜三交、十八 晴 夜三交」などとあり、連日連夜の激しい夫婦生活の事実を回数で記している。さらに恐るべきは晩年で、文政3年(1820年)、58歳の一茶は脳卒中で倒れて半身不随と言語障害の身となるが、その病身で同じような過激な性生活を続け、若い妻を次々と妊娠させている。そして、日々の行為を日記に書き残している。文政10年(1827年)、一茶は65歳で死ぬが、その一年前の火事で家を焼失し、焼け残った土蔵の中で3人目の若い妻と暮らしていた。土蔵の中の生活で妻はまた妊娠、遺児は一茶の死後に生まれ、この女児だけが無事に育って一茶の血脈を繋いだ。脳卒中で半身不随となった老人の身でも、夜に行為に及び、朝に俳句を推敲し、回数と句作を記帳する。詩人のデモーニッシュなエネルギー。世俗の凡人には知り得ない神秘で魔境の精神世界。重要なのは、一茶がそれを日記に書き残したことだ。それは天才芸術家にとって魂魄の表現そのものだったから、一茶は行為の回数と成した俳句を日記に残したのである。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

めでたさも 中くらいなり おらが春 - 新春に金子勝の言説を批判する

おらが春_1めでたさも 中くらいなり おらが春。小林一茶が雪深い信濃でそう詠んだのは、文政2年(1819年)、57歳のときの正月だった。51歳で帰郷、長く続いた継母との遺産相続係争にようやく決着をつけ、親子ほど年の差のある若い妻を娶り、信濃で人脈を築いて人生の安住を得つつあった一茶だったが、最初の妻との間に生まれた三男一女が次々と夭逝、その妻にも病気で先立たれ、家族にまつわる不幸は人生の最後まで続いていた。3歳で生母と死別、一茶の不遇はここから始まる。8歳のときに家に入った継母と合わず、15歳で江戸に奉公に出される。俳人となり、諸国を旅し、39歳で故郷に戻るが、帰郷してわずか一か月後に実父が倒れ、看病のかいなく逝ってしまう。作句以上に一茶のライフワークとなった熾烈な遺産相続問題はそこから始まった。後年、芭蕉と蕪村と並び江戸の三大俳人と称された一茶は、当時、すでに俳壇での声望を恣にした名士だったと思われるが、彼の俳句からも、また晩年を語る情報からも、そうした栄光や成功の気配は感じられず、苦難に苛まれ続けた老半生の印象が強い。やはり、家族の絆のあり方が、その人の幸福と不幸を大きく分ける。芭蕉や蕪村と違って、一茶の場合は作品の前に人生と生活があり、不本意と偏屈と反骨の姿がある。今年の正月を迎えて、ふと思い浮かんだのは、中学校の教室で学んだこの句と一茶の晩年の胸中だった。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。