スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春や昔 ? ドラマ「坂の上の雲」を見ながら侍の革命政権の夢を見る

坂の上の雲_1私は松山の町が大好きで、行くと必ず道後温泉と子規記念博物館に立ち寄る。博物館は道後温泉のすぐ近くにあり、いい感じで観光客を誘っている。観光地の真ん中に立地する博物館だが、観光気分で入ると館内で蒼然とさせられる。まさに俳句王国の中枢の聖なる神殿なのだ。展示の文学的水準が高度で驚かされるのである。生半可な俳句の知識ではついていけない。入館すると、すぐに愛媛県の名前の由来となった古事記の記述(伊予国は愛比売と謂ひ)と出会う。それから、額田王の歌(新田津に船乗りせむと月待てば)の紹介へと続く。伊予国は文の国で、武の国である隣の土佐国と際立った対照を示している。愛媛県は手弱女、高知県は益荒男。文弱の伊予人と武骨の土佐人。四国はこの二国で保っているところがあり、讃岐と阿波はサブセットの観がある。「坂の上の雲」と「竜馬がゆく」。司馬遼太郎の代表作である二作は、四国の二県を舞台にするものとなった。愛媛と高知、この二県は隣接しながら極端に個性が異なる。そして互いに一目を置き合っている。ライバルなのだ。まるで、日本と韓国が互いに無理やり国民文化の性格の相違性を際立たせているような、そんなところがある。松山があるから、日本の地方都市は格好いい存在でいられる。松山の存在感と価値は、日本の地方都市の中でも群を抜いて見事だ。私はそう確信している。その文学の都の松山が、ノーベル文学賞の愛媛が、近代日本に武人の天才を献げて国を守った。その歴史の逆説と言うか、ドラマに、私は特別な感動を覚えさせられる。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

スポンサーサイト

鳩山擁護論の無知と倒錯 - 政治資金規正法は何のためにあるのか

鳩山擁護論_4ネットの一部では相変わらず民主党支持者がヒステリックに声を上げ、滅茶苦茶な論法で鳩山擁護の匿名投稿の山を積み上げている。ネットの政治論議がマスコミ報道と並立する説得力や影響力を持ったものに育たず、いつまでもマスコミが権威を持ち続けてしまうのは、ネットがこうした非常識で狂信的で砂漠的な「便所の落書き」状態のまま放置されているからであり、ネットの無知や愚昧や倒錯や狂気が結果としてマスコミ権力の安泰と永続を保障してやってしまっている。曰く、法的には何も問題がなかったのだから辞める必要はない。曰く、今回の資金は利益供与や賄賂ではないのだから何も問題はない。曰く、他の政治家も皆やっていることだから構わないじゃないか。曰く、首相がコロコロ変わるのはよくないから辞めてはいけない。曰く、自民党を利するから鳩山は辞めてはいけない。曰く、マスコミが辞めろと言っているから辞任には絶対に反対だ。曰く、西松事件と同じく検察のクーデターだから辞めてはいけない。これらの発言は、一つの場所にどれほど多く数を集めても決して政治的な力にはならない。右翼掲示板が選挙時に見せる極右政党支持の誇大な勢力示威と同じ現象である。ゼロはどれだけ加算してもゼロだ。こうした陳腐な鳩山擁護論の奇声が膨らむほど、逆に、鳩山政権はその愚劣な光景に接した良識的な一般層の不興を買い、彼らを支持から不支持の方向へ追いやることだろう。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

3月予算成立と引き換えに鳩山辞任 - 検察による規正法の空文化

鳩山会見_1鳩山由紀夫の辞任の可能性は五分五分だと予想したが、おそらく、通常国会で予算成立と交換条件にクビを差し出す状況になるだろう。遅くとも参院選の前には進退を明らかにしているだろう。今年春の西松事件のとき、同じように公設秘書が起訴され、小沢一郎は代表を辞任せざるを得なかった。当初は代表の座を続けることが責任を取ることだと言い張って逃げていたが、選挙を前に踏ん張りきれず、世論に包囲されて無念の退陣に追い込まれた。内閣支持率が40%を切ったら、党内の誰かが口を開き始める。具体的には渡部恒三がテレビに出て辞任論を言い始める。内閣支持率が30%を切ったら、小沢一郎が匙を投げる態度を示すだろう。党内で辞任論が大勢になる。内閣支持率が20%まで落ちたら、岡田克也が外相を辞任して閣外に去る。ここで鳩山内閣は総辞職となる。鳩山由紀夫は昨日(12/24)の記者会見で「辞任は世論次第」だと言ったが、内閣支持率の下降の程度と速度で進退の日程が決まるに違いない。そうでなくても、指導力の不在や政策の先送りや公約の見直しで内閣支持率を下げてきた鳩山由紀夫が、資金疑惑を抱えて支持率を維持できるとは到底思えない。国会での野党の追及だけでなく、マスコミによる新事実の暴露もあるだろう。捜査の方も、完全に終結したのかどうか不明に感じる点もある。読売の記事では、母親安子からの資金提供が政治献金と見なされた場合は規正法違反行為となると書かれている。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

ポスト鳩山の本命は小沢一郎 - 報ステ政局談義は政治解説失格

ポスト鳩山_1小沢一郎が年末の政治の主役になっている。政治の主役と言うより、政治エンターテインメントの中心と言うべきかもしれない。現在の政治とその報道の世界は、他の趣味や道楽に金と時間をかけられない貧乏な大衆向けの娯楽提供の要素がとても強くなっている。先週号の週刊文春、今週号の週刊現代、週刊朝日、週刊新潮と、小沢一郎関連の政局記事で部数を売っている。昨夜(12/23)の報道ステーションも、小沢一郎ネタの政局談義で視聴率を稼ぐ企画で、星浩と田崎史郎の二人をスタジオに並ばせ、面白可笑しく小沢一郎と鳩山由紀夫の周辺の内幕と動向を放談させて視聴者を楽しませていた。鳩山政権に癒着している星浩からは興味を惹く話は出ず、民主党政権の円満と安泰が吹聴されるだけだ。自民党寄りの田崎史郎からは刺激的な話題が飛び出し、政治趣味の者たちを喜ばせ、政界と世論に一つの小さな波紋を作る。田崎史郎の歳末大売り出しの新ネタは、小沢一郎が鳩山由紀夫を見限った場合、ポスト鳩山の御輿として原口一博を担ぐだろうという漫談だった。このネタの商品価値は原口一博という特定の名前をポスト鳩山に挙げた点にある。発言の真意を探るならば、田崎史郎が原口一博を買っていて、投資株として接近を試みているか、二人がすでに深い関係にあるという内情だろう。夏の総選挙の投票日直前、すでに民主党の圧勝が確定的な情勢の中で、三田園訓は官房長官人事を細野豪志だと予想していた。汚い癒着である。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

湯浅誠で振り返る09年 - 経済政策を構想立案する大型指導者に

湯浅誠2009_1今年は全部で5回、湯浅誠の講演を聞く機会があった。1/15の派遣村報告集会(神田)、3/28の反貧困フェスタ2009(神田)、4/13の派遣法改正集会(日比谷)、7/31の反貧困選挙前集会(お茶の水)、9/27の社会保障基本法集会(新宿)。湯浅誠の話を初めて聞いたとか、初めて湯浅誠と酒を飲んだという地方にお住まいの人の声を屡々耳にするけれど、東京に暮らす便益を感じさせられる。その気になれば、おそらく10回以上は湯浅誠が顔を出す集会に参加できていただろう。まるで韓流ドラマの美男俳優を追っかける山の手の中高年女性のように。年末年始の派遣村運動の盛り上がりの後、特に1月2月の湯浅誠はマスコミに引っ張りだこで、貧困問題や社会保障を特集したテレビ番組にゲスト出演し、新聞や週刊誌にインタビュー記事が大量に掲載された。今年10月には民主党政権の内閣府参与に起用され、まさに時代の寵児となっている。2月頃に載った週刊誌の記事だったと記憶するが、湯浅誠が記者の質問に答えて、「自分は政治家にはならない」という旨の発言をして、ネットでも話題になった出来事があった。雇用対策の実践家として政府に登用された身上というのは、十分に「政治家」と呼べる立場だと思うが、私は別に湯浅誠の前言翻覆を論う意地悪を言いたいのではなく、むしろ逆で、反貧困の要求を政策実行できる権力を着実に身につけている現在の姿勢を積極的に評価したいのである。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

天皇の政治利用とは何か - メルクマールとしての恣意性と私益性

天皇の政治利用_1天皇の政治利用とはそもそも何なのか。特例会見をめぐる政治の騒動はまだ余波が続いていて、週末(12/20)の政治番組でも話題として取り上げられていた。そこでは、小沢一郎の側近が小沢一郎を擁護して、天皇を政治利用しているのは宮内庁長官の方ではないかと反論を上げている。新聞の社説やテレビの解説の中には小沢擁護の主張をする非常識な議論は皆無に近いが、ネットの中には小沢一郎を狂信的に個人崇拝する左翼系の一団があり、羽毛田批判を大声で合唱することによって小沢一郎を擁護する動きを見せている。今回は、ぜひ内閣法制局長官の見解を聴きたい。自民党は通常国会でこの問題を追及する構えを見せているので、予算委で質疑の場面が出現することを期待している。それと、できれば政治学者の議論を聴きたいが、こうした問題に対応して正確な知識や所見を提供できる政治学者や憲法学者は誰がいるだろう。思い浮かぶ顔がない。学者の代わりになるわけではないが、議員の中でも良識派と目される何人かがいて、彼らの発言を聞くと、この問題が決して与党と野党で立場が分かれる問題ではないことがわかる。菅直人は、宮内庁は他の行政庁とは性格が違うとして羽毛田信吾の発言に理解を示す態度を示し、福島瑞穂も1ヶ月ルールを守り尊重するべきだと発言している。菅直人の正論は小沢一郎を批判する中身となるが、ネットの小沢信者集団はこれにはどう反応するのだろう。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

マイケル・グリーンが漏らした普天間ドミノの恐怖 - 沖縄はもっと動きを

普天間先送り_1寒くはなったが、年の瀬を迎えているという実感が全くしない。ジョン・レノンの命日も、「今年の漢字」の発表も、いつものように予め心構えをして何事か考えつつその日が通り過ぎるということがなかった。実は昨年も、師走を師走らしく過ごすことができない生活感覚に不満を覚えていたが、今年はそれ以上で、本当に年が変わろうとしているのだろうかと疑わしく思われて仕方がない。政権交代があり、予算編成を含めた政治の動き方が変わり、その報道の態様が変わった事情も少なからず影響している。師走らしさを実感できない不全感覚は、きっと私だけでのものではないだろう。皆、無事に年を越せるだろうか。昨年の今頃は派遣切りの問題で世の中が沸騰していた。今年はそれに代わって普天間問題が関心の中心に座っている。派遣切りの問題が、年末年始の派遣村を経て今年の2月まで報道の主役だったように、恐らく普天間問題も来年前半の政局を左右するキーファクターとなるだろう。12/15、普天間基地移設を先送りする政府方針が米側に伝えられ、ひとまず米側の要求である年内決着は回避された形になった。だが、現行案の予算はそのまま計上となり、辺野古案が潰された決定には至らなかった。岡田克也は、その後の記者会見でも年内の方針決定の可能性を公然と言い、辺野古移設以外に選択肢はないとする持論を表明、新たな移転先を探す気は全くない。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

野党(自公共)は「1か月ルール」を国会決議せよ - 小沢一郎と戦え

特例会見_1昨日(12/15)、国務院外交部の姜瑜が習近平訪日のコメントを発表、「訪問は非常に順調だ。日本側は周到な手配をしてくれた」と述べた。天皇陛下と会見した習近平は、「お忙しい中、わざわざご引見の機会を作っていただいたことに深く感謝します」と言っている。日本のマスコミはこれらを積極的に扱い、日中友好の増進のように報道するが、日本が中国に露骨に侮られていると不愉快に感じているのは私だけだろうか。天皇陛下の健康も無視して会見日程を無理にねじ込み、迷惑な騒動を押しつけた張本人でありながら、 「日本側は周到な手配をしてくれた」とは何という言い草だろう。この言葉を日本の国民がどう受け止めるかという問題に中国政府は感性が及ばないのだろうか。姜瑜の言葉は日本国民を傷つけるものだが、中国政府にはその状況認識が寸毫もない。中国政府の公式見解の発信先は日本政府と日本財界でしかなく、日本国民が意識と視野の中に入っていない。今後、日本国民の多数は、習近平に対して嫌悪と不快の気分感情をベースにして視線を送らざるを得ない。次代の最高指導者ならば、習近平は騒動が表面化した12/13の時点で、自らの判断で特例会見を中止すべきだった。即断して胡錦濤と温家宝に中止を具申すべきだった。そうすれば、日本国民はこの新しい中国指導者を刮目して見たことだろう。日中友好とは国民と国民の間の友好なのであって、決して政府と政府の間の友好ではないのである。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

天皇を私物化し侮辱する小沢一郎の専横と中国外交の理性の衰退

習近平_1今日(12/15)の朝日新聞は、全部で3面(1、2、4)を使って習近平の天皇特例会見の問題を記事にしている。このニュースについて最初に考えなくてはならないのは、新聞もテレビも誰も指摘してないが、天皇陛下ご自身の内意が明瞭に発信されている点である。小沢一郎がいみじくも言うとおり、政府の一部局の一役人に過ぎない宮内庁長官が、政府トップである官房長官の要請と指示を二度にわたってまで拒絶し、しかもその理由を正式に記者会見で外に発表するのは異例中の異例の事態だ。宮内庁長官が本人単独の意思で敢行できるものではない。さらに、辞表を書けという小沢一郎の恫喝に対して、羽毛田信吾はその夜のうちにマスコミの前で堂々と正面から反論、辞任の意思のない旨を公表するに及んでいる。宮内庁長官の立場でここまで強硬に突っ張れるのは、当然ながら天皇陛下の強力なバックアップがあるからで、その事実を国民に知らせているのである。天皇陛下ご自身が「1か月ルール」を守るように政府に求め、国民に訴えているのだ。小沢一郎の昨日(12/14)の記者会見の暴言と詭弁は、軽薄と勘違いが甚だしいとしか言いようがなく、天皇と皇室の尊厳を著しく貶める行為であり、国益を侵害するものである。この問題の影響は大きく、鳩山政権の今後の運営に重大な支障を及ぼすだろう。それと、中国政府の勘違いと対日外交の失策についても厳しく問題視しなければならない。小沢一郎を買いかぶり過ぎだ。緊張感が欠如している。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

日米合意見直しの政治 - 辺野古移設が潰れた四つの政治的事情

日米合意_112/11の夜に行われた三党党首会談について読売新聞が12/13にスクープを出し、普天間移転も含めて米軍再編全体の見直しを米側に要求することで合意したと報じた。日本国内の政治状況は、辺野古沖移転見直しの方向に大きく傾きつつある。12/13の週末政治番組では宜野湾市長の伊波洋一が出演し、11/20に公表された「グアム統合軍事開発計画」の内容を暴露。在沖米軍海兵隊のグアム移転計画が、単に司令部だけでなく普天間の部隊移転も含む内容だった点が周知のものになり、辺野古沖移設の説得力が一気に失われる事態となった。先週は、マイケル・グリーンやアーミテージが来日して、日米合意の履行の決断を迫る米側の強力な巻き返しが展開されたが、どうやら功を奏することなく、流れは辺野古移設見送りで決まりつつある。米国側は12/11に日本側に最後通告を出し、12/18までに現行案を決定せよと迫ったが、鳩山由紀夫は現行案を見直して新たな移設先を検討する政府方針を固め、12/15に基本政策閣僚会議で正式に取りまとめる動きとなった。12/15に先送りが決定されれば、それが米国政府に通達される。12/13の政治番組には、米軍産複合体の一員(日本側エージェント)である森本敏や岡本行夫や渡部恒雄が顔を出してなかった。ジャパン・ハンドラーズの政治的敗北が濃厚となった。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

日米同盟は不要 - マスコミはなぜ普天間の世論調査をしないのか

日米同盟_1ジャック・アタリの近著『21世紀の歴史』を読むと、その冒頭に米国は2035年までに没落するという予言が示されている。「2035年ごろ(略)アメリカ帝国は、市場のグローバル化によって打ち負かされる。(略)これまでの帝国と同様に、アメリカは金融面・政治面で疲弊し、世界統治を断念せざるを得ないであろう」(作品社 P.21)。アタリの予言が的中するとすれば、あと25年後に米国は世界を統治する支配者の地位を降りる運命になり、すなわち、北大西洋条約機構と日米同盟体制が崩壊した世界が出現している。アタリによれば、そのとき「世界は一時的に<多極化>し、10か所近く存在する地域の勢力によって機能していくことになる」(同 P.21)。このアタリの世界政治の近未来予想は、われわれの感覚からしても特に奇異なものではなく、25年後にはNATOは消滅しているだろうし、それで構わないと欧州諸国の多数の人々が思っているに違いない。米国は衰退して世界の超大国ではなく西半球の大国となる。東アジアに住むわれわれはもまた、アタリに近いイマジネーションで国家の未来を構想すべきだし、その方が思考として現実的である。米国の世界支配が21世紀中ずっと続くなどという想定は非現実的な妄想だ。基軸通貨ドルの信認が崩れるとき、米国は世界に駐留させている軍事力をファイナンスできなくなり撤退を余儀なくされる。日米同盟は四半世紀後には確実に衰滅している。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

NHKドラマ『坂の上の雲』 - 遺族による司馬遼太郎の遺命の裏切り

坂の上の雲_1私は『坂の上の雲』のテレビドラマ化に反対の立場である。こうして放送が始まった以上、番組を見て楽しんで批評するしかないが、この作品は映像化するべきではなかったし、絶対にして欲しくなかった。それは何より、原作者の司馬遼太郎自身が、生前、『坂の上の雲』の映像化を頑なに拒否していたからである。このことは、司馬遼太郎の読者であれば誰でも知っている。その理由は「軍国主義に利用される恐れがあるから」だった。この遺言は、司馬遼太郎が残した言葉の中でも重いもので、読者は重く受け止めるし、関係者もまた重く受け止めて当然だろう。私は、『坂の上の雲』がこんなに早く映像化されるとは思わなかった。誰が司馬遼太郎の遺命に背いて作品の映像化をアプルーブしたのか。NHK出版から出ているガイド本『スペシャルドラマ・坂の上の雲・第1部』を読むと、司馬遼太郎記念館館長の上村洋行が登場して、「なぜ、今、映像化に踏み切ったのか」について説明している(P.149)。上村洋行が、司馬遼太郎の著作権を管理する遺族側代表として、ドラマ化決定の責任者の立場で公式見解を述べている。だが、本当に許可を与えたのはこの男ではない。最終的に諾否の権限を握っているのは、夫人の福田みどりである。私は福田みどりに失望させられた。なぜ、司馬遼太郎の遺言に叛き、故人の意思に反して『坂の上の雲』の映像化を許可したのか。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

村上春樹『1Q84』と生きた2009年 ? 「永遠の愛」の三類型

1Q84_1.jpg昨日(12/4)、村上春樹の『1Q84』が今年のベストセラーになったニュースが紹介された。上下2巻の発行部数は223万部で、文芸部門の作品が総合1位になるのは、トーハンでは集計を始めた90年以来初の快挙だと言う。今年は『1Q84』の一年だった。私にとっての2009年は、政権交代の年ではなくて『1Q84』の年であり、そのように記憶に刻まれるだろう。今回、洋泉社編集部から好意を得てMOOK本に書評を寄せる機会に恵まれ、『1Q84』のカルチャームーブメントの一端に参加できた。このことは私にとって大きな喜びであり、ささやかながら人生の記念碑になるものである。この本を読み、物語の意味を考え、ドラマの世界に耽りながら、私の今年一年の時間が過ぎた。最初に読んだときの感想を率直に言えば、ストーリーが散漫かつ不全で、骨格で構成された身体全体の中で筋肉よりも脂肪が多く、ふくらし粉のようにページ数が嵩張っている印象を受けた。作品の完成度や感動の盛り上げの点では、明らかに『海辺のカフカ』の方が上だと思ったし、その評価は現在でも変わらない。だが、『1Q84』は余韻が残るのである。後を引くのだ。読書時の感動よりも、読後の余韻が意識を捉え、その世界に碇づけられて容易に関心が離れないのである。『海辺のカフカ』はそうではなかった。これほど長く余韻が続かなかった。大きな感動のうねりと村上春樹の文学的天才への敬服で終わりだった。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

NHKドラマ『坂の上の雲』と日露戦争の歴史認識 - 革命の防衛

坂の上の雲_1NHKドラマ『坂の上の雲』が11/29からスタートした。NHKの前宣伝の攻勢が凄まじく、普通の大河ドラマの20倍以上の規模で告知情報が投入されていた。制作発表からすでに3年が過ぎ、キャストの情報も巷に周知され、メイキング映像も幾度となく紹介されていたから、正直なところ、やっと始まったかという感じが強い。キャスティングは実に成功している。秋山真之に本木雅弘、秋山好古に阿部寛、正岡子規に香川照之。考えられる最高で絶妙のキャスティング。10年ほど前、秋山真之は誰がいいだろうと考えを廻らし、真田広之かなと候補が浮かんだことがあったが、今なら本木雅弘がベストで、彼を抜擢するしかない。香川照之の正岡子規もいい。ぴったりと適役を選んでいると誰もが納得する。キャスティングだけでドラマの完成度や説得力を確信できてしまう。それから、制作の着手は理由があって延期され、企画時点の予定よりも大幅に放送開始が遅れたが、時代が変わり、自民党政権ではなく民主党政権の下での放送となった偶然についても、政治的に安堵の念を抱く。これがもし安倍政権の下での放送だったら、一体どうなっていただろう。NHKドラマ『坂の上の雲』は、おそらく憲法改正に合わせた記念番組の意義を持たされ、時代の転換を象徴するモニュメントとされていたに違いないのだ。改憲を祝賀する国民的行事として。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。