スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新会派はプロモーション戦略せよ - マスコミ報道を突破するツール

新会派の挙兵_1衆院の民主党会派から離脱宣言した16名の議員について、ネットでは義士だ勇士だ志士だと称賛する声が多いが、私はそのような評価や見方はしない。立つのが遅すぎる。今まで何をしていたのだ。市民がずっと小沢支持のデモに奔走し、検察とマスコミの不当と横暴を訴え、街中を叫んで行進しているのに、それを手助けもせず、顔も出そうとせず、何を怠慢していたのだ。無名の市民がネットで声を張り上げても、誰も聞かないし見向きもしない。議員様の身分だから、人が振り向いてくれ、カメラが撮って放送してくれる。税金で歳費を受け取りながら、「国民の生活が第一」の公約を守るために、これまで何をやってきたのだ。渡辺浩一郎を含めて、私はこの16名を全然知らないし、名前も顔も見たことがない。もし本当に彼らが「国民の生活が第一」の公約に命を賭け、菅執行部のマニフェスト破りの悪行を阻止しようと精勤していたのなら、その言論や行動はマスコミかネットに浮上していたはずで、Twitter等で情報が拡散されていただろう。自分から積極的に発言して、ネットやマスコミで注目を浴びていただろう。マスコミが、彼らを小沢一郎の指図で動いている操り人形だと言い、「国民の生活が第一」の大義名分は口実で、小沢一郎の政局工作だと解説しても、その歪曲報道が一般を説得してしまうのは、彼らがこれまで何も運動せず、この予算政局で急に登場してきたからである。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

新会派の挙兵_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

単なる政局集団では

Blog主も甘いです。この16人の人達は、単なる政局でしか動いていないのであって、政策で言えるのは、「消費税を5%に留めよ」ぐらいではないでしょうか。その証左に、背景に何もイメージを持たない(民主党の市松模様さえ出さない)で、主張もやっと作文してこの程度ってところでしょうか。どうせ会派を飛び出せないことを予め見込んでの、予算審議を数合わせを睨んでのちょっとしたアピールだけでしょう。この人達に期待する方が間違っていると思います。「国民の生活が第一」など露ほども思っていないので、デモ行進にも出てこないのです。

相も変わらず偏向報道のマスコミ

18日夜の日テレのNEWS ZEROでは、公明党の漆原に菅退陣を打診したのは仙谷だと実名で報じていましたが、仙谷を非難するような解説やコメントは一切なしです。小沢派の動きだと、ウラがとれようがとれまいが、とにかく小沢が裏で操っていると悪意に満ちた決めつけをするんですけどね。

あと、民主党政権発足以来、はったりだけでちょんぼ続きの前原に大甘なのも露骨ですね。彼が大見得を切った八ッ場ダムってどうなったんでしょうか。尖閣問題の「粛々と」した対応や、対露外交の失敗も記憶に新しいところですが・・・。

マスコミって本当はこういうことをきちんと伝えたり解説したりしなければならないはずですが、とにかく最近の連中は偏向したプロパガンダばかりで、全く辟易します。

政治家に要求されるのは社会的公正を希求する強い意志とそのための構想力だと思いますが、ブログ主さまが言われるように、マスコミを従わせるだけの圧倒的な迫力も確かに必要ですね。

仙谷由人ではなくて、仙人

>立つのが遅すぎる。今まで何をしていたのだ。

ま、そうなんですけど、小沢さんへ処分の確定と内閣支持率の激減を受けついに堪忍袋の緒が切れた、という感じの蜂起ですんで、ここで立たなければ、という最後のタイミングでもありました。最低限の喝采はしたい。
また、演出の不備もあったでしょうけど、蜂起に当たっての文章は結構よかった。
朝日とかがいうように小沢さんの肝いりであったにせよ、マニフェストを捨てたら自分たちの議席の正統性が失われるし、次の総選挙で民主党の議席も激減するだろうと観測した点で個人と党の利害が一致しているんで、スジが通っています。もっと褒めれば、一昨年の総選挙で「法の範囲内での革命」(←論理矛盾ですかね)を期待して民主党を支持した有権者の利害とも。

菅さん、断末魔の苦しみが始まりましたね。
いまわのきわにさんざん苦しむ。徳を積まなかった者の末路でしょう。半端な四国遍路も、今となってはただひたすらに「痛い」だけの演出。
比例議員風情に弓を引かれ、仙谷さんにも匙を投げられました。
参院選敗北の時点でさっさと退陣していればこんな無残な終わり方をせずに済んだのに。
政治的に、もう死んだのにまだ生きていると勘違いした人の亡霊内閣、ゴースト・キャビネットの最期。
国民にとっても無駄な数ヶ月でした。やれやれ(合掌)。
で、余談ですが、次の首班は案外、輿石のじいさんじゃないすかね。
その次の人が党内で固まるまでのつなぎとして。
理由ですか?この人は、総理になっても誰も嫉妬する気が起きないという美点を持っているからです。かつての村山さんのように。
たとえ場末でも、仙人っぽい雰囲気があるんで。
だから暫定総理としては最高。ま、人徳っちゃ、人徳です(笑)。

マニフェストの踏み倒しは良いのか

今朝の朝日新聞・社説では民主党が国民と約束したマニフェストを踏み倒すことを奨励しています。

まさに大政翼賛体制になっているようで、危機感を持ちました。そもそも、現政権も予算の組み替えは根本的に行っていない訳で、朝日新聞の民主党マニフェスト=バラマキという単純な見方に驚愕します。

増税して景気が回復した国はない訳で、ここは堂々と国債を発行し、景気回復に使うべきではないでしょうか。

政策集団としての裏付け

ブログ主様のおっしゃる通り、16.8兆円の根拠と実現へのロードマップを示してもらいたかった。これなくしてマニフェストの死守も何もあったものではない。

何しろ、状況判断も甘いし、決断そのものが遅すぎる。

緊急シンポジウム&デモのお知らせ

日時:2011年2月20日(日) 
時間:午前9:30~12:00
場所:渋谷区立幡ヶ谷区民会館
住所:渋谷区幡ヶ谷 3-4-1
電話:03-3377-6203
会場費:1,000円/1名

引き続きデモの御案内

「エジプトに続け!不条理な公権力に抵抗する100万人運動」

デモ実施予定は以下の通り

時間:午後15:30集合 明治公園上段(日本青年館隣)
午後16:00出発
午後17:10頃解散 代々木公園園内

場所:明治公園集合
代々木公園園内解散
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access086.html
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。